最新記事

新型コロナウイルス

引き取り手のない遺体を埋葬しているNY市ハート島とは?

2020年4月15日(水)17時00分
安部かすみ

これまで100万人以上が埋葬されてきたNYハート島 REUTERS/Lucas Jackson

<ニューヨーク州で初の感染者が確認されたのは3月1日。それから43日間で死者数は1万人に達した。犠牲者の中には、身寄りのない遺体も多い......>

COVID-19(新型コロナウイルス感染症)の感染者数が世界一となっているアメリカ。その中でも特にニューヨーク州は深刻だ。

アメリカの感染者数55万人のうち、約3分の1近く(20万人以上)がニューヨーク州民だ。自宅待機令が出て3週間になり、入院患者数やICU治療数の増加率は減少に転じたが、死者数はなんとか増加の伸びが鈍った、といったところだ。

州で初の感染者が確認されたのは3月1日。それから43日間で死者数は1万人に達した。ここ1週間ほど、毎日約700人ほどが命を落としている。

病院の外には大型の冷蔵トラックが何台も横付けされ、遺体がフォークリフトで運ばれる様子が連日ニュースやSNSに映しだされる。ニューヨークは今、まさに戦場だ。

遺体収容が追いつかない

いくつものクラスターが発生している中で、特別養護老人ホームや介護施設でも多くの犠牲者が出ている。

ニューヨークタイムズによると、ニューヨーク市および近郊での新型コロナ関連の死者のうち約2000人はそれらの施設の入居者という。15人が一気に死亡したブルックリンの介護施設では、施設内の一部を臨時の遺体安置所に変えるなど、対応に追われている。

また別の介護施設にも遺体安置所がないため、遺体はベッドに置かれたままになっているというショッキングなニュースも聞こえてくる。

引き取り手のない遺体は孤島へ

ニューヨーク市主任検診官オフィス(OCME)では新型コロナにより死亡した遺体を安置所に収容する期間について、死亡日から最長15日間にすると発表した。通常のプロセス(30日以上)より短いのは、死者数があまりにも多く、安置所に収容しきれないためだ。

犠牲者の中には、身寄りのない遺体も多い。その遺体を市はハート島(Hart Island)に臨時で埋葬することを決めた。

ハート島とは、マンハッタンから北東部(ブロンクス区)に浮かぶ、131エーカー(0.5平方キロメートル)ほどの小さな無人島だ。すぐ西側に浮かぶシティ島には4000人以上の住民が住んでいるが、ハート島の方はこれまでニューヨーカーでも知らない人がいるほどのマイナーな孤島だ。

ハート島には市が150年以上にわたって運営している墓標のない公営墓地があり、身元不明者を中心にこれまで100万人以上が埋葬されてきた。普段なら、墓参りのために遺族や関係者は矯正局(DOC)に事前手続きをすれば島を訪れることができるが、新型コロナの犠牲者の埋葬作業のため、現在は訪問の受け付けが一時中止となっている。

防護服を着けた作業員しかいない

ニューヨークポストが伝えるところによると、ハート島に埋葬されるのは通常週1日25遺体程度だが、現在は週5日毎日平均24遺体だという。

周りは廃墟と化した建物しかない場所で、とにかく物寂しい雰囲気だ。そんな中、作業員は防護具を着け淡々と埋葬している。埋葬のために掘られた空堀の幅は2列分で、長さは200フィート(約60メートル)。(ドローン撮影された埋葬写真、4月2日の様子)

今月頭まで作業をしていたのは、市内ライカーズ島にある刑務所の囚人だった。彼らは1時間6ドルでこの作業を請け負っていたが、刑務所内での感染拡大も問題となり、現在は一般業者が請け負っている。

遺体の埋葬を請け負っているブルックリンの造園会社「J. Pizzirusso Landscaping」の代表はこのように語っている。「通常この季節は、公園の植樹に忙しい。しかしこの受注を市からの入札で『勝ち取り』、コロナで失業した建設労働者を採用した」。

新型コロナウイルス感染症では、家族がいても死に目にも会えない辛い状況が起きているが、ハート島の埋葬風景を見るとさらに胸が詰まる。

ニュース速報

ワールド

アントの上場、過去最大規模になる見込み=ジャック・

ワールド

アジアのコロナ感染者が1000万人突破、インドで感

ワールド

人民元の柔軟性を高める方針=中国人民銀行総裁

ワールド

フェイスブック、反トラスト法違反でFTCが11月に

MAGAZINE

特集:日本人が知らないワクチン戦争

2020-10・27号(10/20発売)

全世界が先を争う新型コロナのワクチン確保 ── その最前線と日本の開発が遅れた本当の理由

人気ランキング

  • 1

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 2

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 3

    中国・青島市で冷凍食品から新型コロナウイルスが検出された

  • 4

    金正恩「女子大生クラブ」メンバー50人が強制労働送…

  • 5

    オーストラリアで太陽光発電し、シンガポールに送電…

  • 6

    中国はトランプ再選を願っている

  • 7

    対中デフォルト危機のアフリカ諸国は中国の属国にな…

  • 8

    イタリア政府、ファーウェイと国内通信企業との5G…

  • 9

    全米で大統領選控え記録的な銃購入ラッシュ 初心者…

  • 10

    中国政府のウイグル人弾圧をめぐって、国連で再び各…

  • 1

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 2

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 3

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会議研究者たち

  • 4

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 5

    中国・青島市で冷凍食品から新型コロナウイルスが検…

  • 6

    インドネシア大統領ジョコ、米国の哨戒機給油要請を…

  • 7

    トランプ「土壇場の大逆転」2度目は空振り? 前回と…

  • 8

    菅首相、訪問先のインドネシアで500億円の円借款供与…

  • 9

    グアムを「州に格上げ」して中国に対抗せよ

  • 10

    新型コロナ、スウェーデンは高齢者を犠牲にしたのか

  • 1

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 2

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 3

    日本学術会議は最後に大きな仕事をした

  • 4

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 5

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 6

    その数333基、世界一のダム輸出国・中国の「無責任」

  • 7

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア…

  • 8

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 9

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会…

  • 10

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月