最新記事

米医療

アメリカの新型コロナ感染拡大が中国より深刻そうな理由

Why America's Coronavirus Caseload Looks Worse than China's

2020年3月24日(火)21時12分
カシュミラ・ガンダー

もちろん急増の背景には、大規模な検査は最近になって始まったばかりということなど、考慮すべき背景もある。

だがアメリカではまだまだ検査が追いついていない。食品医薬品局(FDA)のスティーブン・ハーン長官は3月上旬、ホワイトハウスで開かれた会見で、「週末までに100万件近い検査が行えるようになる」と述べていたが、その週末にマイク・ペンス副大統領が会見で明らかにした検査実施数は19万5000件をやや上回る程度だった。

ドロバックは、「アメリカでは検査が行われていないケースが多い可能性が高いため、実際の感染者数は報告されている感染者数の10倍にものぼる可能性がある」と指摘する。

感染拡大の傾向を正しく評価できるまでには、まだしばらく時間がかかるだろうとドロバックは言う。いずれにしろ、対策は一刻を争う。「感染拡大を抑制する措置を取らなければ、感染者の数は約5日ごとに倍増していくことが分かっている」

アメリカは2カ月を無駄にした

オンライン出版物「Our World in Data(データで見る私たちの世界)」が集計した各国のデータによれば、アメリカは「人口100万人あたりの検査実施数」で他の国々に大きく後れを取っているとドロバックは言う。彼によれば、ドイツや韓国のような国はアメリカよりも正確に感染者の数を把握している可能性が高い。

「正直言って、アメリカのことが心配だ」と、ドロパックは言う。「どんな感染症も、油断が死につながることを改めて痛感させる。シンガポールや韓国のように迅速に行動した国は感染拡大を抑制できている」

「アメリカは油断していた。アジアから教訓を学び、備えを進めることができたはずの2カ月を無駄にしたことが今の事態を招いている」

「まだ手遅れではないことを祈る」

20200331issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2020年3月31日号(3月24日発売)は「0歳からの教育 みんなで子育て」特集。赤ちゃんの心と体を育てる祖父母の育児参加/日韓中「孫育て」比較/おすすめの絵本とおもちゃ......。「『コロナ経済危機』に備えよ」など新型コロナウイルス関連記事も多数掲載。

ニュース速報

ビジネス

コロナショック、経済構造変化の可能性無視できず=日

ワールド

欧州司法裁、米国へのデータ移転の枠組みに無効判断

ワールド

中国、ウイグル族弾圧否定 確認のため米国務長官に訪

ワールド

中国、英のファーウェイ排除に対抗措置の用意=商務省

MAGAZINE

特集:台湾の力量

2020-7・21号(7/14発売)

コロナ対策で世界に存在感を示し、中国相手に孤軍奮闘する原動力を探る

人気ランキング

  • 1

    中国のスーパースプレッダー、エレベーターに一度乗っただけで71人が2次感染

  • 2

    韓国は「脱日本」の成功を強調 日本の輸出規制から1年、その実態は?

  • 3

    東京都、新型コロナ新規感染286人で過去最多を更新 「GoToトラベル」は東京除外で実施へ

  • 4

    香港国家安全法という中国の暴挙を罰するアメリカの…

  • 5

    「BCGは新型コロナによる死亡率の軽減に寄与している…

  • 6

    マスク姿で登場したトランプ米大統領とジョンソン英…

  • 7

    インドネシア、地元TV局スタッフが殴打・刺殺され遺体…

  • 8

    新型コロナの起源は7年前の中国雲南省の銅山か、武漢…

  • 9

    中国に不可欠な香港ドル固定相場制度、米国と対立で…

  • 10

    香港「一国二制度」の約束をさっさと反故にした、中…

  • 1

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3.5m超える

  • 2

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 3

    東京都、新型コロナウイルス新規感染206人 4日連続200人台、検査数に加え陽性率も高まる

  • 4

    24歳年上の富豪と結婚してメラニアが得たものと失っ…

  • 5

    中国のスーパースプレッダー、エレベーターに一度乗…

  • 6

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊は…

  • 7

    生き残る自動車メーカーは4社だけ? 「ゴーン追放後…

  • 8

    世界へ広がる中国の鉱物資源買収 オーストラリア・カ…

  • 9

    新型コロナの起源は7年前の中国雲南省の銅山か、武漢…

  • 10

    香港国家安全法という中国の暴挙を罰するアメリカの…

  • 1

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 2

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 3

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 4

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3…

  • 5

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

  • 6

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪…

  • 7

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 8

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 9

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 10

    東京都、新型コロナウイルス新規感染206人 4日連続2…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月