最新記事

新型コロナウイルス

ドイツ保健相「パンデミック」宣言、イタリアで全学校・大学休校......止まらない感染連鎖

Coronavirus Update, Map As Death Toll Hits 3,300

2020年3月6日(金)13時00分
スー・キム

ローマ市内のレストランからは客の姿が消えた Yara Nardi-REUTERS

<イタリアを筆頭にヨーロッパ各国で感染者数が急増、中東サウジアラビアではイスラム教信者の聖地巡礼を停止させる事態に>

新型コロナウイルスの感染拡大についてWHO(世界保健機構)はまだ「パンデミック(世界的な大流行)」とは宣言していない。しかし感染者数が262人に急増したドイツでは、保健相がこの事態はすでに「世界規模のパンデミック」だと訴えた。

ドイツのイェンス・シュパーン保健相は4日、連邦議会で「中国で発生した新型コロナウイルスは、世界規模のパンデミックになっている」と述べた。「事態は急速に悪化している。はっきりしているのは、まだ感染拡大のピークが見えていなことだ」

ドイツでの感染者は全域で確認されているが、そのうち半数が最も人口が多いノルトライン・ベストファーレン州に集中している。感染対策を担当する政府機関RKIは、「今後ドイツでは、さらなら感染者の増加、感染の連鎖が予想される」と警告している。

イタリアではこれまでに3000人以上の感染が確認され、107人が死亡している。イタリア政府は、全国すべての学校と大学を3月15日まで休校することを決定した。

感染拡大が特に集中して発生している北部では、すでにいくつかの学校が休校になっていた。イタリアでは連日500人前後という急速なペースで感染者が増加している。

「医療機関は十分な対応能力があるが、対応しきれなくなるリスクがある。問題はICU(集中治療室)が足りなくなることだ」と、ジュゼッペ・コンテ首相は国民に警戒を呼び掛けた。

イタリア政府は政令で「人が集まり、人との安全な距離(1メートル以上)が取れないようないかなるイベントも中止」するよう定めている他、映画館、劇場の閉鎖、あいさつの握手や抱擁を避けるよう求めている。またプロサッカーリーグの「セリアA(アー)」も観客なしで試合が行われている。

webw0305-map01.jpg

3月5日時点で確認された新型コロナウイルスの感染拡大状況

インドでも緊張が高まる

世界第2の人口を抱えるインドでは、イタリアからの旅行者など4日時点で28人の感染者が確認され、緊張が高まっている。

大統領官邸で予定されていた、参加者が色鮮やかな粉をお互いに投げ合う、春の訪れを祝うヒンドゥー教のホーリー祭は、多数が参加するなかで感染が広がるおそれがあるため中止された。

政府機関は、大規模なコミュニティーレベルの感染拡大を回避するために、感染クラスターの封じ込め対策の強化を検討している。インド各州に対して、感染を村落レベルで食い止める隔離施設の準備を指示した。

ニュース速報

ビジネス

ドイツ銀、第3四半期は黒字転換 投資銀行部門の見通

ビジネス

野村HD、7―9月連結純利益は前四半期比53%減 

ビジネス

JR東海、今期1850億円の営業赤字見通し 旅客は

ビジネス

温室効果ガス実質ゼロ、原発ゼロでは難しい=下村自民

MAGAZINE

特集:ドイツ妄信の罠

2020-11・ 3号(10/27発売)

良くも悪くも日本人が特別視する国家・ドイツ──歴史問題や政治、経済で本当に学ぶべき点は

人気ランキング

  • 1

    「ドイツは謝罪したから和解できた」という日本人の勘違い

  • 2

    女性との握手拒否で帰化認定が無効になった ドイツ

  • 3

    黒人プラスサイズのヌードを「ポルノ」としてインスタグラムが削除

  • 4

    毎年ネットで「三峡ダム決壊!」がバズる理由

  • 5

    ボイジャー2号が太陽系外の星間物質の電子密度の上昇…

  • 6

    米沿岸警備隊、西太平洋に巡視船配備へ 中国船の違…

  • 7

    新しい原子力エンジンで火星への到達時間が半減?

  • 8

    新型コロナウイルスは糖尿病を引き起こす? 各国で…

  • 9

    中国が極超音速ミサイルを配備、「能力の無駄遣い」…

  • 10

    キリスト教福音派で始まった造反がトランプの命取りに

  • 1

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 2

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 3

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 4

    女性との握手拒否で帰化認定が無効になった ドイツ

  • 5

    中国・青島市で冷凍食品から新型コロナウイルスが検…

  • 6

    「ドイツは謝罪したから和解できた」という日本人の…

  • 7

    インドネシア大統領ジョコ、米国の哨戒機給油要請を…

  • 8

    黒人プラスサイズのヌードを「ポルノ」としてインス…

  • 9

    菅首相、訪問先のインドネシアで500億円の円借款供与…

  • 10

    毎年ネットで「三峡ダム決壊!」がバズる理由

  • 1

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 2

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 3

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 4

    日本学術会議は最後に大きな仕事をした

  • 5

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 6

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 7

    その数333基、世界一のダム輸出国・中国の「無責任」

  • 8

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア…

  • 9

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 10

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月