最新記事

移民

ヨーロッパを再び襲う難民・移民危機

Thousands of Refugees Attempt to Enter Europe From Turkey

2020年3月3日(火)16時30分
ブレンダン・コール

トルコとギリシャの国境に集まった移民たち(2月29日) Huseyin Aldemir-REUTERS

<トルコに金を払って一度は「片付けた」難民たちが、国際情勢の変化でまた欧州を目指し始めた>

ギリシャ当局は、2月29日に国境地帯でトルコ警察隊と衝突し、EU域内に逃げてこようとした数千人もの難民を阻止したと述べた。トルコのエディルネ県にあるパザルクル検問所にいるドイツ国際公共放送ドイチェヴェレの記者によると、ギリシャ警察隊は難民に向かって催涙ガスを使用したという。難民は投石で対抗した、とAFPは報じている。

ギリシャとトルコの国境地帯に難民が押し寄せたのは、トルコ政府が、難民がEU域内に入るのを止めなくなったからとみられる。

ロシア軍の支援を受けるシリア軍は2月27日、トルコ軍の支援を受ける反体制派の拠点、シリア北部イドリブ県で空爆を行い、トルコ軍兵士が少なくとも33人死亡した。

トルコ大統領府通信局のファフレッティン・アルトゥンは、シリアからの難民受け入れに対してEUから十分な支援が得られないなら、国境警備を緩めるしか「選択肢がない」と述べたという。これまでにトルコが受け入れたシリア難民は340万人以上に上っている。

トルコのレジェプ・タイップ・エルドアン大統領が懸念しているのは、イドリブ県に対する攻撃が続くことで、さらに数十万人もの難民がトルコに押し寄せてくることだ。トルコは、シリアの紛争地帯から逃れてきた難民であふれ返っている。

トルコが難民をEU域内へ越境させることを示唆したのは、西側諸国と北大西洋条約機構(NATO)に圧力をかけ、シリアの進撃を阻止するための支援を引き出そうという策略かもしれないと、英スカイニュースは報じた。

EUへの扉が開く!

AFPによると、エルドアンは2月29日、トルコはシリア難民をこれ以上支援することはできないと述べた。そして、「私たちは扉を閉鎖しない。それはなぜか? EUが約束を守らないからだ」と語り、2016年3月にトルコとEUが交わした、トルコが難民のEU流入を阻止する見返りにEUから経済支援を受けるという合意に言及した。

ドイチェヴェレの記者は、国境の様子について、難民のなかにはフェンスの下をくぐって国境地帯に入ろうとしている人がいたと語った。催涙ガススプレーの影響で、多くの人が目に涙を浮かべていたという。スカイニュースはツイッターに、国境の騒乱を映した動画を投稿。そこには幼い子どもたちも映っている。

投稿したリポーターによれば、彼の周囲にいる難民たちの多くは何年も前に欧州を目指してやってきたアフガニスタン人などだという。EUが扉を閉ざしたのでトルコで生きていこうとしたが医療にもかかれないなど暮らしは厳しく、エルドアンがギリシャとの国境を開くと聞いてやってきたのだと。

BBCによると、ギリシャのキリアコス・ミツォタキス首相は、トルコとの国境にどれほど多くの難民が押し寄せようとも、「ギリシャへの不法入国は許されない」と述べている

ギリシャ政府報道官ステリオス・ペタスは、ギリシャは「組織立った大規模な不法攻撃にさらされた。国境への侵入行為が起きたが、何とか耐えた」と述べ、「4000人以上がギリシャへの不法入国を試みたが、それを阻止した」と続けた。

オバマ政権でシリア問題の特使を務めたフレデリック・ホフは、アメリカはこの問題に介入し、トルコによる対シリア軍・対ロシア軍の軍事活動を支援すべきだと述べた。(翻訳:ガリレオ)

<参考記事>EU、不法移民規制でトルコと合意
<参考記事>EU諸国の無策で再び訪れる欧州難民危機

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

米金利、制約的な水準達成へ「道のりまだ長い」=セン

ビジネス

FRB、24年まで利下げ着手せず=NY連銀総裁

ビジネス

FRB、一段の利上げ必要 失業率は上昇へ=NY連銀

ビジネス

アングル:中国コロナデモで冷え込む市場、海外勢は早

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:台湾半導体 王国に迫るリスク

2022年12月 6日号(11/29発売)

急成長で世界経済を席巻するTSMC。中国から台湾を守る「シリコンの盾」に黄信号が?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    「性的すぎる」広告批判は海外でも...高級ブランドが、子供を対象にして大炎上

  • 2

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明した「犬が本当に考えていること」

  • 3

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...FSB内通者のメールを本誌が入手

  • 4

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 5

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 6

    父親は「連続殺人鬼」 誰も耳を貸さなかった子供の訴…

  • 7

    自分を「最優先」しろ...メーガン妃、ヘンリー王子へ…

  • 8

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 9

    「プーチンの犬」メドベージェフ前大統領の転落が止…

  • 10

    うつ病とは「心のバッテリー」が上がること...「考え…

  • 1

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...FSB内通者のメールを本誌が入手

  • 2

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は震え、姿勢を保つのに苦労

  • 3

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統領、2年前の「仕返し」か

  • 4

    飛行機の両隣に肥満の2人! 「悪夢の状況」をツイー…

  • 5

    うつ病とは「心のバッテリー」が上がること...「考え…

  • 6

    「性的すぎる」広告批判は海外でも...高級ブランドが…

  • 7

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 8

    「プーチンの犬」メドベージェフ前大統領の転落が止…

  • 9

    父親は「連続殺人鬼」 誰も耳を貸さなかった子供の訴…

  • 10

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明し…

  • 1

    セレブたちがハロウィンに見せた本気コスプレ、誰が一番? 「見るに堪えない」「卑猥」と酷評されたのは?

  • 2

    血糖値が正常な人は12%だけ。「砂糖よりハチミツが健康」と思っている人が知るべき糖との付き合い方

  • 3

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...FSB内通者のメールを本誌が入手

  • 4

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 5

    狂ったプーチン、軍事侵攻の目的は「非ナチ化」から…

  • 6

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 7

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 8

    「セクシー過ぎる?」お騒がせ女優エミリー・ラタコ…

  • 9

    食後70分以内に散歩、筋トレ、階段の上り下り。血糖…

  • 10

    「プーチンの犬」メドベージェフ前大統領の転落が止…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
CCCメディアハウス求人情報

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年11月
  • 2022年10月
  • 2022年9月
  • 2022年8月
  • 2022年7月
  • 2022年6月