最新記事

ヨーロッパ

EU諸国の無策で再び訪れる欧州難民危機

The Next Wave of Migrants

2019年12月5日(木)19時20分
ジェームズ・ブレーク(ジャーナリスト)

レスボス島からフェリーでピレウス港に着いた難民を待つのは過酷な運命だ GIORGOS MOURAFIS-REUTERS

<「2015年危機」の根本的対策を怠った結果、行き場のない人々の惨状は悪化する一方だ>

ヨーロッパはギリシャ(の財政危機)やユーロの安定よりも、この問題で頭がいっぱいになるだろう──。ドイツのアンゲラ・メルケル首相がそう言ったのは2015年のこと。「この問題」とはヨーロッパの地中海沿岸諸国にたどり着く大量の移民や難民のことだ。

あれから4年。メルケルの予想は的中した。英国民が2016年の国民投票でブレグジット(イギリスのEU離脱)を選んだ大きな理由の1つは、移民に仕事や社会福祉制度を乗っ取られるという不安だった。

ヨーロッパ全体で外国人排斥主義的な風潮が強まり、各国で極右政党が支持を伸ばした。イスラム過激派のテロに対する不安も高まった。

それなのにEUは相変わらず、人道的で包括的な移民・難民対策を講じることができていない。

2015年当時、テロ組織ISIS(自称イスラム国)の非道な支配を逃れてヨーロッパを目指す無数の人たちの姿は衝撃的だった。多くはトルコ西岸で密航業者に法外な金額を支払い、小さなゴムボートに定員を大幅に超える人数で乗り込み、最も近い欧州であるギリシャの離島を目指した。

やがて、ヨーロッパの一歩手前で足止めを食らう難民や移民が増えた。筆者はトルコのイスタンブールを訪れたとき、あるバス停の横に設けられた施設に、数百人の難民が収容されているのを見た。これは、2016年3月にEUとトルコが締結した合意の影響だった。トルコからギリシャに入国する不法移民を全てトルコに送還する代わりに、トルコ国内にいる同数のシリア難民をEU加盟国が受け入れるとしたものだ。

EUとしては、この措置によって、移民や難民がヨーロッパに無秩序に到来する事態を回避できると考えた。だが、この合意は左派には不評だった。援助団体は、命懸けでヨーロッパにたどり着いた人々をトルコに送り返すのは非人道的だと主張した。

収容施設はパンク状態

一方、ハンガリーやオーストリア、フランスなど極右政党の支持が上昇している国では、イスラム教徒やアフリカ系の移民や難民が増えると治安が悪化するだけでなく、「ヨーロッパのアイデンティティー」が失われるという主張が高まった。この二極化した議論は、今も続いている。

イタリアでは2018年6月、マッテオ・サルビニ副首相兼内相(当時)が、地中海上で難民を救出した援助団体の船の入港を拒否。サルビニ自身は2019年8月に政権を離脱したが、今も国内に移民排斥的な空気は強く、欧州統合全般に対する不信感も残っている。

EUで議論が二極化し、恒久的な対策が打ち出されないなか、母国を逃れてきた移民や難民は行き場を失い、劣悪な環境で苦しんでいる。

ニュース速報

ワールド

G20エネルギー相、新型コロナ克服に向けた決意再表

ワールド

北朝鮮が射殺の韓国人男性、北への亡命を希望=韓国海

ワールド

今年の東アジア太平洋成長率は0.9%に、1967年

ワールド

世界の新型コロナによる死者が100万人突破=ロイタ

MAGAZINE

特集:感染症 vs 国家

2020-10・ 6号(9/29発売)

新型コロナウイルスに最も正しく対応した国は? 各国の感染拡大防止策を徹底査定する

人気ランキング

  • 1

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 2

    北朝鮮の韓国乗組員射殺で「終戦宣言を」の文在寅に逆風

  • 3

    中国漁船団は世界支配の先兵

  • 4

    安倍政権が推進した「オールジャパン鉄道輸出」の悲惨…

  • 5

    タイ環境相、国立公園に捨てられたゴミを「持ち主に…

  • 6

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿…

  • 7

    トランプはなぜ懲りずに兵士の侮辱を繰り返すのか(…

  • 8

    日本人のインスタ好きの背景に「英語が苦手な事実」…

  • 9

    中国の台湾侵攻に備える米軍の「台湾駐屯」は賢明か 

  • 10

    南北統一をめぐる韓国人の微妙な本音「統一は必要で…

  • 1

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 2

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

  • 3

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿勢と内部腐敗の実態

  • 4

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 5

    中国の台湾侵攻に備える米軍の「台湾駐屯」は賢明か 

  • 6

    核武装しても不安......金正恩が日本の「敵基地攻撃…

  • 7

    美貌の女性解説員を破滅させた、金正恩「拷問部隊」…

  • 8

    どこが人権国家? オーストラリア政府がコロナ禍で…

  • 9

    なぜ日本は「昭和」のままなのか 遅すぎた菅義偉首…

  • 10

    台湾有事を想定した動画を中国軍が公開

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像とメカニズム

  • 4

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

  • 5

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 6

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿…

  • 7

    米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

  • 8

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 9

    アラスカ漁船がロシア艦隊と鉢合わせ、米軍機がロシ…

  • 10

    太陽の黒点のクローズアップ 最新高解像度画像が公…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月