最新記事

ヨーロッパ

EU諸国の無策で再び訪れる欧州難民危機

The Next Wave of Migrants

2019年12月5日(木)19時20分
ジェームズ・ブレーク(ジャーナリスト)

レスボス島からフェリーでピレウス港に着いた難民を待つのは過酷な運命だ GIORGOS MOURAFIS-REUTERS

<「2015年危機」の根本的対策を怠った結果、行き場のない人々の惨状は悪化する一方だ>

ヨーロッパはギリシャ(の財政危機)やユーロの安定よりも、この問題で頭がいっぱいになるだろう──。ドイツのアンゲラ・メルケル首相がそう言ったのは2015年のこと。「この問題」とはヨーロッパの地中海沿岸諸国にたどり着く大量の移民や難民のことだ。

あれから4年。メルケルの予想は的中した。英国民が2016年の国民投票でブレグジット(イギリスのEU離脱)を選んだ大きな理由の1つは、移民に仕事や社会福祉制度を乗っ取られるという不安だった。

ヨーロッパ全体で外国人排斥主義的な風潮が強まり、各国で極右政党が支持を伸ばした。イスラム過激派のテロに対する不安も高まった。

それなのにEUは相変わらず、人道的で包括的な移民・難民対策を講じることができていない。

2015年当時、テロ組織ISIS(自称イスラム国)の非道な支配を逃れてヨーロッパを目指す無数の人たちの姿は衝撃的だった。多くはトルコ西岸で密航業者に法外な金額を支払い、小さなゴムボートに定員を大幅に超える人数で乗り込み、最も近い欧州であるギリシャの離島を目指した。

やがて、ヨーロッパの一歩手前で足止めを食らう難民や移民が増えた。筆者はトルコのイスタンブールを訪れたとき、あるバス停の横に設けられた施設に、数百人の難民が収容されているのを見た。これは、2016年3月にEUとトルコが締結した合意の影響だった。トルコからギリシャに入国する不法移民を全てトルコに送還する代わりに、トルコ国内にいる同数のシリア難民をEU加盟国が受け入れるとしたものだ。

EUとしては、この措置によって、移民や難民がヨーロッパに無秩序に到来する事態を回避できると考えた。だが、この合意は左派には不評だった。援助団体は、命懸けでヨーロッパにたどり着いた人々をトルコに送り返すのは非人道的だと主張した。

収容施設はパンク状態

一方、ハンガリーやオーストリア、フランスなど極右政党の支持が上昇している国では、イスラム教徒やアフリカ系の移民や難民が増えると治安が悪化するだけでなく、「ヨーロッパのアイデンティティー」が失われるという主張が高まった。この二極化した議論は、今も続いている。

イタリアでは2018年6月、マッテオ・サルビニ副首相兼内相(当時)が、地中海上で難民を救出した援助団体の船の入港を拒否。サルビニ自身は2019年8月に政権を離脱したが、今も国内に移民排斥的な空気は強く、欧州統合全般に対する不信感も残っている。

EUで議論が二極化し、恒久的な対策が打ち出されないなか、母国を逃れてきた移民や難民は行き場を失い、劣悪な環境で苦しんでいる。

ニュース速報

ビジネス

情報BOX:宣言解除後の国内企業、在宅活用の「ニュ

ビジネス

金融機関向けコロナ対応特別オペ、貸付残高14兆円台

ビジネス

部品揃い次第、6月の国内四輪生産6万台以上を計画=

ビジネス

英アストン・マーチンCEOが退任、後任はメルセデス

MAGAZINE

特集:コロナ不況に勝つ最新ミクロ経済学

2020-6・ 2号(5/26発売)

意思決定の深層心理から人間の経済行動を読み解く── コロナ不況を生き残るため最新の経済学を活用せよ

人気ランキング

  • 1

    東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る

  • 2

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

  • 3

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 4

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 5

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 6

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 7

    新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(2…

  • 8

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 9

    異常に低いロシアの新型コロナウイルス致死率 陽性…

  • 10

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 1

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 背景には韓国の国民性も?

  • 2

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいっている不思議

  • 3

    東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る

  • 4

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 5

    カナダで「童貞テロ」を初訴追──過激化した非モテ男…

  • 6

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 7

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 8

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危…

  • 9

    反ワクチン派がフェイスブック上での議論で優勢とな…

  • 10

    新型コロナよりはるかに厄介なブラジル大統領

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 3

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 4

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

  • 7

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 8

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 9

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 10

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月