最新記事

ヨーロッパ

EU諸国の無策で再び訪れる欧州難民危機

The Next Wave of Migrants

2019年12月5日(木)19時20分
ジェームズ・ブレーク(ジャーナリスト)

magw191205_migrants2.jpg

北マケドニア経由でセルビア入りした難民が警察のチェックを受けるため列に並ぶ(2015年) MARKO DJURICA-REUTERS

北アフリカの国リビアには、アフリカ諸国からヨーロッパを目指す人が集まってくる。彼らは地中海を渡る船に乗るまでの間、密航業者が運営する施設に収容されるが、その環境は「衝撃的なレベルだ」と国連は報告している。

ドナルド・トゥスクEU大統領は2017年に、地中海中央ルート(リビアからイタリアを目指すルート)を閉鎖すると発表。これを受け、リビア沿岸警備隊は密航船の取り締まりを強化した。密航船は拿捕され、人々は密航業者の収容施設に送り返され、十分な食べ物も医療も与えられない。

一方、トルコ当局の監視の目をかいくぐり、エーゲ海を渡ってギリシャに到着する難民は、再びじりじりと増えている。2019年1〜11月にギリシャの離島にたどり着いた庇護希望者は4万4000人と、既に昨年1年間の総数3万2500人を35%上回る。

このためギリシャの難民キャンプはパンク状態にある。ドゥニャ・ミヤトビッチ欧州委員(人権担当)は10月末、これらのキャンプは「大惨事の瀬戸際」にあると語った。これは難民認定手続きが長期化しているためで、ギリシャでは推定10万人が劣悪な環境のキャンプで暮らしている。

だがギリシャの新政権は10月末、難民審査の厳格化に踏み切り、難民申請者はこれまで以上に長く足止めを食うことになった。11月19日、ギリシャ政府は9月にレスボス島のモリア難民キャンプで発生した火災を受けて、キャンプの閉鎖を発表。2週間前にはギリシャ北部で冷蔵トラックの荷台に乗り込んでいた不法移民41人が警察に発見されたばかりだった。こうした事件が物語るように、危険をいとわず新天地を目指す人たちは後を絶たない。

今後数カ月、さらには数年間、ヨーロッパにはこれまで以上に多くの難民が押し寄せるだろう。イラク、シリア、イエメンで今も紛争が続く上、気候変動で居住不能になった故郷を捨てる環境難民が大量に出ると考えられるからだ。

EUは今そこにある難民危機だけでなく、今後の大量流入も見据えて、有効な対策を打ち出さねばならない。長期にわたる地球規模の大移動を見越した政策が必要であり、立案は困難を極めるだろう。だが立案できなければ、さらに多くの難民がさらに劣悪な環境に置かれることになり、難民の不満も一般の人々の排斥感情も高まる一方だ。

もちろん妥協が必要だ。ギリシャなど一部の国に負担を押し付けず、ヨーロッパの全ての国々が受け入れを進める必要があるのは明らかだが、EUが負担の分担で早期に合意をまとめることは望み薄だ。そこで4つの重要な課題に絞って議論を進め、具体的な施策を講じるよう提案したい。

ニュース速報

ビジネス

米家計支出見通し、今後1年の伸び加速=NY連銀調査

ワールド

モデルナ製ワクチン、変異種に有効 南ア種では効果弱

ワールド

イタリア首相、連立内からも辞任圧力 政局混迷深まる

ワールド

ファイザー製ワクチン最大活用に壁、特殊器具の増産で

MAGAZINE

特集:バイデン 2つの選択

2021年2月 2日号(1/26発売)

新大統領が狙うのはトランプ派との融和か責任追及か オバマ路線は継承するのか見直すのか

人気ランキング

  • 1

    「メキシコのキム・カーダシアン」と呼ばれるモデル、豊尻手術失敗で亡くなっていた

  • 2

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の動物「ラーテル」の正体

  • 3

    自らの恩赦見送ったトランプ、今後待ち受ける民事・刑事責任は?

  • 4

    ワシントンの夜空に現れた「光の柱」の意味

  • 5

    文在寅大統領の対日姿勢が柔軟路線に変わった理由

  • 6

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多…

  • 7

    ブレグジットしたら意味不明なルールから解放された件

  • 8

    選挙が民主主義を殺す──世界3大民主主義国で起きてい…

  • 9

    英変異株で致死率は65%も跳ね上がった 新局面を迎え…

  • 10

    新型コロナウイルス、重症化する人としない人は「口の…

  • 1

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

  • 2

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の動物「ラーテル」の正体

  • 3

    全てが期待以上のバイデン就任式に感じる1つの「疑念」

  • 4

    バイデン、トランプから「非常に寛大な」手紙受け取る

  • 5

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

  • 6

    「メキシコのキム・カーダシアン」と呼ばれるモデル…

  • 7

    去りゆくトランプにグレタがキツいお返し「とても幸…

  • 8

    共和党重鎮マコネル、弾劾裁判の準備にトランプに2週…

  • 9

    議会突入の「戦犯」は誰なのか? トランプと一族、…

  • 10

    イラン最高指導者ハメネイ師関連サイト、トランプを…

  • 1

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 2

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

  • 3

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器不全、血液中でキノコが育っていた

  • 4

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の…

  • 5

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 6

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 7

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

  • 8

    北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

  • 9

    全てが期待以上のバイデン就任式に感じる1つの「疑念」

  • 10

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

2021年 最新 証券会社ランキング 投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月