最新記事

アメリカ社会

アメリカでも「公文書改ざん」、トランプ政権に忖度か

National Archives Apologizes for Altering Women's March Photo

2020年1月21日(火)17時20分
ハンター・モイラー

2017年のウィメンズマーチ(ワシントン) Bryan Woolston-REUTERS

<歴史の番人がよりにもよって、歴史を振り返る展示の写真を政権と保守派寄りに修正していた>

歴史記録のため重要な公文書を保存するアメリカの国立公文書記録管理局(NARA)は1月18日、女性参政権運動の歴史をたどる展示会に出した2017年ウィメンズマーチの写真を一部修正して、ドナルド・トランプ大統領に対する批判のメッセージをぼやかしたのは「間違いだった」と、正式に謝罪した。

NARAはアメリカ史関連の記録文書の管理・保存を担う独立政府機関で、「合衆国またはいかなる州も、性を理由として合衆国市民の投票権を奪い、または制限してはならない」と定める憲法修正第19条の成立100周年を記念する展示会を開催中だ。

米紙ワシントン・ポストの報道によると、展示のなかに、20世紀初頭の参政権運動の写真と今日の女性運動の写真を組み合わせた大きなパネルがある。それは一方から見ると、ワシントンDCで1913年に行われた参政権運動の白黒写真だが、別の角度から見ると、2017年1月のトランプ大統領就任式翌日にワシントンDCで行われたウィメンズマーチの写真になるという凝った作りだ。

「100年以上もの時を隔てて同じ道を歩む女性の権利運動を結びつける意義深いものだ」と、ワシントン・ポストは伝える。

だが、2017年の写真のほうは修整されていた。マーチ参加者のが掲げるトランプ批判のプラカードが読めなくなっていたのだ。

1つの例では、「神はトランプが嫌いだ」というフレーズの「トランプ」がぼかされ、「神は嫌いだ」としか読めないようになっていた。別の「トランプと共和党──女性に手を出すな」というメッセージでも「トランプ」がぼかされていた。

<参考記事>アメリカで何が女性大統領の誕生を阻むのか(パックン)

女性運動を振り返るのに女性器は汚物扱い?

このマーチでは、女性の性器に言及したプラカードも多かったが、AP通信によるとそれらも修正されていたという。

ワシントン・ポストが写真修正について報じた翌日の1月18日、NARAは、2017年の写真を加工したのは間違いだったと謝罪した。

「米国立公文書記録管理局では、これまでもそして現在も、記録文書に手を加えずに保存することに尽力している」と声明には書かれている。「現在開催中の、憲法修正第19条成立100年を記念した展示会を宣伝するために展示しているパネルでは、2017年ウィメンズマーチの写真に写った文字を見えにくく修正した......写真を修正したのは誤りだった」

NARAの広報担当ミリアム・クレイマンはワシントン・ポストへのメールのなかで、トランプの名前を修正したのは「今の政治論争に巻き込まれないようにするため」だった、と述べている。性器を指す言葉を削除したのは、「会場には多くの若者や学生グループが足を運ぶため」だという。

<参考記事>女性蔑視のトランプを支える「トランプの女たち」のナゾ

AP通信の報道によると、アメリカ自由人権協会(ACLU)はNARAに対し、写真の修正についてさらに踏み込んだ説明をするよう求めたという。

ACLU法務副ディレクターのルイーズ・メリングは、「謝罪だけでは不十分だ」と述べた。「ジョージ・オーウェルばりの検閲で歴史を書き換え、女性の体の一部の呼称を消した理由は何か、そんな指示を出したのは誰か、NARAは一般市民に説明しなくてはならない」

NARAは声明で、問題の写真はすでに撤去され、未修正のものがまもなく展示される予定だと述べた。

(翻訳:ガリレオ)

20200128issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2020年1月28日号(1月21日発売)は「CIAが読み解くイラン危機」特集。危機の根源は米ソの冷戦構造と米主導のクーデター。衝突を運命づけられた両国と中東の未来は? 元CIA工作員が歴史と戦略から読み解きます。

ニュース速報

ワールド

お知らせ=重複記事を削除します

ワールド

国連事務総長、新型コロナワクチン開発への資金援助を

ワールド

豪ビクトリア州、コロナ死者800人 感染は下火に

ビジネス

東証、全銘柄の売買を終日停止 売買システムの設備故

MAGAZINE

特集:感染症 vs 国家

2020-10・ 6号(9/29発売)

新型コロナウイルスに最も正しく対応した国は? 各国の感染拡大防止策を徹底査定する

人気ランキング

  • 1

    新型コロナは「中国病」どころかアメリカ病だ

  • 2

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 3

    「お疲れさまでした」1人の中国人から、安倍前首相へ

  • 4

    韓国ネットに新たな闇 犯罪者を晒す「デジタル刑務所…

  • 5

    北朝鮮の韓国乗組員射殺で「終戦宣言を」の文在寅に…

  • 6

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 7

    感染者数・死者数を抑えた国、失敗した国 14カ国の…

  • 8

    異常気象がスペイン風邪の世界的流行の誘因だった?…

  • 9

    安倍政権が推進した「オールジャパン鉄道輸出」の悲惨…

  • 10

    人口減少の時代に増え続ける新築物件 全国378万の空…

  • 1

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 2

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿勢と内部腐敗の実態

  • 3

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

  • 4

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 5

    中国の台湾侵攻に備える米軍の「台湾駐屯」は賢明か 

  • 6

    北朝鮮の韓国乗組員射殺で「終戦宣言を」の文在寅に…

  • 7

    核武装しても不安......金正恩が日本の「敵基地攻撃…

  • 8

    新型コロナは「中国病」どころかアメリカ病だ

  • 9

    美貌の女性解説員を破滅させた、金正恩「拷問部隊」…

  • 10

    トランプはなぜ懲りずに兵士の侮辱を繰り返すのか(…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像とメカニズム

  • 4

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

  • 5

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立…

  • 6

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 7

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿…

  • 8

    米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

  • 9

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 10

    アラスカ漁船がロシア艦隊と鉢合わせ、米軍機がロシ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月