コラム

アメリカで何が女性大統領の誕生を阻むのか(パックン)

2019年01月25日(金)13時15分
ロブ・ロジャース(風刺漫画家)/パックン(コラムニスト、タレント)
アメリカで何が女性大統領の誕生を阻むのか(パックン)

Women Want an Old White Man / (c) 2019 ROGERS─ANDREWS McMEEL SYNDICATION

<中間選挙で民主党からは多くの女性やマイノリティの議員が当選したが、そんな民主党支持者も大統領候補には「白人男性」のバイデンを望んでいる>

新記録だ! 1月3日に就任した米下院議員の中には106人も女性がいる! しかも下院議長は史上初の女性議長、ナンシー・ペロシ! 正確には7~11年にも務めたので史上初の「女性議長リターンズ」だ。

さらに史上初のアメリカ先住民の女性議員もいれば、イスラム教徒女性議員もいる。バイセクシャル女性議員も女子キックボクサー議員もいる。就任日には民族衣装姿や家族連れの議員が議事堂に現れ、ダイバーシティーの新時代を証明した。

これはもちろん、民主党議員の話。共和党の下院議員は90%が白人男性だ。彼らなりのバラエティーはあるけどね。七三の髪形が右分けの議員も左分けの議員もいるから、支持者は自分たちをしっかり代表してくれていると感じている。

女性議員の急増はドナルド・トランプ大統領への反発で生まれたピンクウェーブ(女性政治力の波)に運ばれたものとみられる。この勢いで2020年には史上初の女性大統領が生まれるに違いない! そう思いがちだが、簡単にはいかなそう。

民主党のエリザベス・ウォーレン上院議員やキルステン・ジルブランド上院議員は既に立候補を表明し、エイミー・クロブチャー上院議員の発表も時間の問題。優秀な女性候補がそろいそうだが、意外な抵抗勢力が民主党支持の女性有権者だ。彼女たちの多くが好んでいるのは、ジョー・バイデン前副大統領。立候補してもいないのに、世論調査で大きくリードしている。

トランプよりも年上でトランプよりも肌の白い男がなぜ人気? 答えは簡単。選挙に勝てそうだからだ。不公平だが、女性政治家は違う尺度で測られる。男性が声を上げたら「強い」と思われるが、女性は「ヒステリック」。男性が汚い言葉を使ったら「リアル」と言われるが、女性は「下品」。知識がなかったり、嘘をついたり、スキャンダルまみれだったりすると、女性は「無知」「嘘つき」「犯罪者」と呼ばれる。男性は「現大統領」。

前回の大統領選では政治の経験も知識も実績も豊富な女性候補が、それらが全くない男性候補に負けた。問題だったのは性格? それとも性別? 念のために次は男にしよう! 女性も含めてそんな考えの有権者が多い。性差別主義なのか、現実主義なのか分からない。ただただ残念な事実だ。

【ポイント】
DEMOCRATIC WOMEN ARE CHANGING THE FACE OF CONGRESS!

民主党の女性議員が議会の姿を変える!

THE ERA OF THE OLD WHITE BOY IS OVER!
白人年配男性の時代は終わった!

WHO DO YOU LIKE FOR PRESIDENT?
誰に大統領になってほしい?

<本誌2019年01月25日号掲載>

※2019年1月29日号(1月22日発売)は「世界はこう見る:日韓不信」特集。徴用工、慰安婦、旭日旗、レーダー照射......。「互いを利してこそ日韓の国力は強まる」という元CIA諜報員の提言から、両国をよく知る在日韓国人の政治学者による分析、韓国人専門家がインタビューで語った問題解決の糸口、対立悪化に対する中国の本音まで、果てしなく争う日韓関係への「処方箋」を探る。

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
気になる北朝鮮問題の動向から英国ロイヤルファミリーの話題まで、世界の動きを
ウイークデーの朝にお届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

プロフィール

ロブ・ロジャース(風刺漫画家)/パックン(コラムニスト、タレント)

<パックン(パトリック・ハーラン)>
1970年11月14日生まれ。コロラド州出身。ハーバード大学を卒業したあと来日。1997年、吉田眞とパックンマックンを結成。日米コンビならではのネタで人気を博し、その後、情報番組「ジャスト」、「英語でしゃべらナイト」(NHK)で一躍有名に。「世界番付」(日本テレビ)、「未来世紀ジパング」(テレビ東京)などにレギュラー出演。教育、情報番組などに出演中。2012年から東京工業大学非常勤講師に就任し「コミュニケーションと国際関係」を教えている。その講義をまとめた『ツカむ!話術』(角川新書)のほか、著書多数。近著に『大統領の演説』(角川新書)。

パックン所属事務所公式サイト

<このコラムの過去の記事一覧はこちら>

MAGAZINE

特集:パックンのお笑い国際情勢入門

2019-8・20号(8/ 6発売)

世界のニュースと首脳たちをインテリ芸人が辛辣風刺──日本人が知らなかった政治の見方お届けします

※次号は8/20(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    世界が発想に驚いた日本の「ロボット尻尾」、使い道は?

  • 3

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 4

    世界で最も有名なオオカミ「OR-7」を知っているか?

  • 5

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 6

    日本の重要性を見失った韓国

  • 7

    犯人の容姿への嘲笑に警告 9万件のコメントを集めた…

  • 8

    9.11を経験したミレニアル世代の僕が原爆投下を正当…

  • 9

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 10

    未成年性的虐待の被告の大富豪が拘置所で怪死、米メ…

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 3

    世界が発想に驚いた日本の「ロボット尻尾」、使い道は?

  • 4

    日本の重要性を見失った韓国

  • 5

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 6

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 7

    犯人の容姿への嘲笑に警告 9万件のコメントを集めた…

  • 8

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

  • 9

    世界が知る「香港」は終わった

  • 10

    未成年性的虐待の被告の大富豪が拘置所で怪死、米メ…

  • 1

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

  • 2

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 3

    日本の重要性を見失った韓国

  • 4

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 5

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 6

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 7

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 8

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

  • 9

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

  • 10

    「韓国の反論は誤解だらけ」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!