最新記事

環境

アメリカ大陸最大のネコ科動物を脅かす水銀の霧

Toxic Fog Threatens California’s Mountain Lions

2019年11月28日(木)18時24分
ロージー・マッコール

太平洋岸のピューマの体内には水銀が蓄積されている  Sebastian Kennerknecht

<迫る新たな脅威が確認された。海からくる、猛毒のメチル水銀を含んだ霧だ>

米カリフォルニア州のサンタクルーズ山脈に生息するピューマの体内に、高濃度のメチル水銀が蓄積されていることが調査で分かった。水銀は海上で発生する霧とともに沿岸部に運ばれてくるようだ。

太平洋岸に生息するピューマの体内からは内陸部のピューマと比べ3倍の濃度の水銀が検出されており、生殖機能の低下により、この地域のピューマが絶滅に追い込まれるおそれもあると、科学誌ネイチャーに掲載された論文は警告している。

水銀は火山活動などで自然に発生する元素で、石炭の燃焼や鉱物採掘など人間の活動でも大気中に放出される。

大気中に放出された水銀の粒子は、雨粒に取り込まれて海洋に降り注ぎ、海底でバクテリアに分解されて極めて毒性の強いメチル水銀となる。海水の循環に伴って海面近くに運ばれてきたメチル水銀は、霧に取り込まれて再び大気中に漂い、陸上の食物連鎖に入り込む。

論文によれば、食物連鎖の頂点に位置する捕食動物(この場合はピューマ)に至るまで、メチル水銀の生物濃縮をたどった調査はこれが初めてだ。

地衣類からピューマまで、食物連鎖の各段階で異常な濃度の水銀が検出され、段階を上がるごとに1000倍かそれ以上に濃縮されることが分かったと、調査チームは報告している。

ピューマと3匹の子ども、テキサス州での厳しい暮らし


神経系を破壊する毒

「地衣類には根がないので、高濃度のメチル水銀は大気中から取り込まれたと考えられる」と、論文の執筆者の1人、環境毒性学者のピーター・ワイスペンジアスは声明で述べている。「水銀は食物連鎖の上に行くにつれて、生物の体内でどんどん濃縮される」

水銀にさらされると、神経系が損傷を受け、神経系、消化器系、免疫系の疾患を発症し、死に至ることもある。だが霧に含まれる水銀の濃度は人体に影響を与えるレベルではなく、海岸を歩いても大丈夫だと、調査チームは強調している。

とはいえ霧中の水銀は、カリフォルニア州のピューマには脅威になる。この地域のピューマは既に様々な危険(その多くは人為的なもの)にさらされている。スポーツ狩猟、生息地の喪失、交通事故などだ。カリフォルニア州の道路では毎年ざっと100頭のピューマが車に轢かれて死んでいると、サンフランシスコ・クロニクル紙は報じている。

「霧中の水銀は、それでなくとも人為的な影響があまりに多いサンタクルーズ山脈のような環境で生き延びようとしている動物に追い打ちをかけるだろう。ただし、どの程度影響があるかはまだ分かっていない」と、カリフォルニア大学サンタクルーズ校の環境研究の教授で、論文のシニア執筆者でもあり、ピューマ・プロジェクトを率いるクリス・ウィルマーズは言う。

<参考記事>トランプ「動物虐待防止法」に署名で批判再燃、息子たちの猛獣殺し
<参考記事>コアラ受難、オーストラリアの山火事で絶滅の危機

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

FRBの社債購入策、必要に応じて拡大も=NY連銀高

ビジネス

米経済、追加景気対策なければ失速の恐れ=シカゴ連銀

ワールド

スペインで外出禁止令検討、伊は地域別で制限措置 コ

ワールド

米英FTA、近く合意の公算 進展に「極めて満足」=

MAGAZINE

特集:日本人が知らないワクチン戦争

2020-10・27号(10/20発売)

全世界が先を争う新型コロナのワクチン確保 ── その最前線と日本の開発が遅れた本当の理由

人気ランキング

  • 1

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会議研究者たち

  • 2

    グアムを「州に格上げ」して中国に対抗せよ

  • 3

    新疆ウイグル自治区で行われる大量不妊手術と強制避妊 「バイデン米大統領」は中国の暗部に切り込めるのか

  • 4

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 5

    ウイグル人根絶やし計画を進める中国と我ら共犯者

  • 6

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止した…

  • 7

    落選後のトランプは、恩赦? 逮捕? それとも亡命?

  • 8

    トランプ「土壇場の大逆転」2度目は空振り? 前回と…

  • 9

    ドイツも過去最大の新感染者数 マスク着用促す広告…

  • 10

    アラスカからNZまで、11日間不休で1万2000キロ、渡り…

  • 1

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 2

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア州で相次いで目撃される

  • 3

    アフリカ支援を渋りはじめた中国──蜜月の終わりか

  • 4

    在韓米軍、駐留費引き上げで合意なければ韓国人職員9…

  • 5

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会…

  • 6

    トランプ「土壇場の大逆転」2度目は空振り? 前回と…

  • 7

    日本学術会議は最後に大きな仕事をした

  • 8

    トランプが台湾に売った対中兵器の中身

  • 9

    韓国は中国を気づかって、米日豪印4ヶ国連携「クアッ…

  • 10

    千人計画で「流出」する日本人研究者、彼らはなぜ中…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    日本学術会議は最後に大きな仕事をした

  • 4

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立…

  • 5

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 6

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 7

    その数333基、世界一のダム輸出国・中国の「無責任」

  • 8

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア…

  • 9

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 10

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月