最新記事

動物愛護

トランプ「動物虐待防止法」に署名で批判再燃、息子たちの猛獣殺し

Mia Farrow Resurfaces Trump Sons Hunting Photo As Animal Cruelty Banned

2019年11月28日(木)17時40分
トゥファエル・アフメド

トランプの息子エリックとドン。ジンバブエで仕留めたヒョウと(2012年) Mia Farrow/TWITTER 

<ミア・ファローがトランプの息子の狩猟写真をツイッターに投稿して批判>

ドナルド・トランプ米大統領が11月25日、動物虐待を連邦犯罪とする法案に署名したことを受けて、女優のミア・ファローが改めて、トランプとその長男ドン、次男エリックを攻撃した。

ファローは26日、ドンとエリックが2010年に狩猟目的でジンバブエに旅行した際、自ら撃ち殺したヒョウの死骸と一緒に撮影した写真をネットに投稿。「ドナルド・トランプ大統領、動物虐待は今や犯罪なのだと自分の息子に教えてあげなさい」という言葉を添えてツイッターに投稿した。

25日にトランプの署名を受けて発効したのは、動物虐待・拷問防止法(PACT)。この法律の下、動物に対する虐待(動物を窒息させる、焼く、潰す、溺れさせるなどの行為)で有罪評決を受けると、最大7年の禁錮刑となる可能性がある。動物虐待を取り締まる法律は既に各州で制定されているが、その内容にはばらつきがあった。


「文明社会において、動物虐待という凶悪かつ残忍な行為はまったく容認できない」――トランプは法案に署名する際こう述べた。

スポンサーも降りる騒ぎに

だがファローのツイートがほのめかす内容とは異なり、今回成立した法律は狩猟を取り締まるものではない。PACT法は「狩猟、罠を使っての捕獲、釣り、連邦法で禁じられていない娯楽目的の捕獲、駆除」や「食肉用の屠殺」については適用の対象外としている。

トランプの息子たちがジンバブエで娯楽目的の狩猟を行った際の写真が最初に出回ったのは2012年。今回ファローが投稿した写真のほかに、ドンが片手にゾウの尻尾を、もう片手にナイフを持ってポーズを取った写真や、ドンとエリックが木に吊り下げたワニの両側に立っている写真などがあった。

一連の写真は激しい反発を招き、当時NBCで放送されていたトランプのリアリティー番組『セレブリティー・アプレンティス』のスポンサーのうち、少なくとも1社が降板した。

当時ドンはツイッター上の批判の声に対して、悪びれた様子もなくこう答えていた。「過激な動物愛護主義者に嫌われたからって、逃げも隠れもするつもりはない」

別のツイートには、こうも書いていた。「出回っている写真は僕が進んで提供したものではないが、恥じてもいない。僕はゲームとして狩猟をして、仕留めた獲物を食べる」

<参考記事>【写真特集】娯楽で殺されるライオンたち
<参考記事>【写真特集】絶滅危惧種が織りなす人間模様

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

英アストン・マーチンCEOが退任、後任はメルセデス

ビジネス

日銀、26日に通常のETFとJ-REITの購入なし

ワールド

オーストラリア経済は自立する必要、労使は和解を=首

ビジネス

中南米最大手のLATAM航空、米国で破産法申請

MAGAZINE

特集:コロナ不況に勝つ最新ミクロ経済学

2020-6・ 2号(5/26発売)

意思決定の深層心理から人間の経済行動を読み解く── コロナ不況を生き残るため最新の経済学を活用せよ

人気ランキング

  • 1

    東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る

  • 2

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

  • 3

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 4

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 5

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 6

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 7

    新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(2…

  • 8

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 9

    異常に低いロシアの新型コロナウイルス致死率 陽性…

  • 10

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 1

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 背景には韓国の国民性も?

  • 2

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいっている不思議

  • 3

    東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る

  • 4

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 5

    カナダで「童貞テロ」を初訴追──過激化した非モテ男…

  • 6

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 7

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 8

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危…

  • 9

    反ワクチン派がフェイスブック上での議論で優勢とな…

  • 10

    新型コロナよりはるかに厄介なブラジル大統領

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 3

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 4

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

  • 7

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 8

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 9

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 10

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月