最新記事

宇宙開発

宇宙飛行士が語る「宇宙日本食」体験──宇宙で食料を作る試み

2019年11月22日(金)17時30分
秋山文野

これまで、宇宙へ行った宇宙飛行士はおよそ550人程度とされる。この規模であれば今すぐ食糧生産の仕組みが必要なわけではないし、マーケットといえるほどでもない。だが宇宙のような閉鎖環境で食料を生産することができれば、地球上での持続的な開発にも役立てられるという長期の目標がある。

とはいえこうした宇宙での食糧生産のシステムは、どうしてもスペックから入らざるを得ない部分がある。必要なカロリーと栄養素を満たし、宇宙で利用可能な光源と水で作ることができる、といった制約が存在する。そこでこれまで出てきたアイディアは、サツマイモとドジョウ、昆虫食(コオロギやカイコ)、あるいは藻類。夢を見られる食事かといえば必ずしもそうでもないというところが実感だろう。

ISSに滞在した宇宙飛行士はどう思っていたのか......

そして当事者であるところの宇宙飛行士はどう思っているのか。2017年12月から2018年6月まで、第54次/第55次長期滞在クルーとしてISSに滞在した金井宣茂宇宙飛行士は、宇宙食にまつわる講演会で宇宙飛行士が感じる食の多様性について語った。

DSC08169.JPG金井宣茂宇宙飛行士 撮影:秋山文野

11月6日から8日まで徳島市で開催された第63回宇宙科学技術連合講演会「国際宇宙ステーションでの食生活と健康長寿」で金井宇宙飛行士が語ったところによれば、「地上から隔絶され、閉鎖環境で暮らす中で、3度の食事はありがたかった。皆で食事を囲み『同じ釜の飯を食べる』チームづくりには、食事を囲む歓談の存在が非常に大きい」という。その中で、鮭おにぎりやようかんとお茶などJAXAの宇宙日本食にだいぶ助けられた」という。

また、普段の食事はレトルト食品や缶詰などが多いが、ISSに物資を届ける日本のHTVなどの補給船には生の果物や野菜などの生鮮食品が搭載されている。これもクルーのモチベーション向上に大きな役割を果たしたという。それだけでなく、ロシアのクルーは「サラダにサラミやマヨネースを混ぜ合わせたロシア風サラダを作って振る舞ってくれた」など「クリスマスには、ワイン風のラベルを貼ったブドウジュースを飲む」といった食を楽しめるものにする工夫が随時されている。飲料水ひとつとっても、「保存用にヨードが添加されているが、給水器から出す際にヨードを除去して匂いをとり、水道水程度のミネラルを添加して飲みやすくする工夫がされている」と話した。

微小重力のISS環境では、体液シフトとよばれる現象によって上半身に体液が集まりやすく、鼻が詰まったように感じたり味覚が鈍くなって「濃い味付けを好む」ということが言われるが、金井宇宙飛行士は「自分はそのように感じなかったし、同じチームでもそういった人はいなかった。ただ、スパイシーな刺激は好まれるので、塩分で味を濃くするよりスパイスを使う。持っていったカレーはロシア人クルーに巻き上げられた」というエピソードを披露している。

植物を栽培することは心理的効果もある?

また、NASAは宇宙でレタスや水菜などを栽培する実験を進めており、2020年からはトマトやトウガラシなどの実野菜にも挑む。食べられる植物を栽培することは、食糧生産だけでなく「時間の経過を感じられるポジティブな心理的効果がある」とされているが、金井宇宙飛行士によれば「実験実験で忙しい生活の中で、水やりなど手間暇をかけている余裕がなかなかない」といい、野菜栽培が誰にとってもポジティブというわけでもないようだ。一方で「ロシア人クルーの中には生鮮食品として届けられたタマネギを置いておき、芽を出させて鑑賞して楽しんでいた」と小さな園芸を好んでいた人もいるという。

宇宙での生活から得られたエピソードを積み上げて行くと、たった6人の宇宙飛行士という集団でも食に関する嗜好は多様で、差が大きいように思われる。宇宙での食糧生産に向けた取り組みは、この多様性を受け入れられるようになったときに花開くのではないかと思われる。

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

米国株はインフレ懸念で続落、ダウ473ドル安

ワールド

イスラエルとハマスの衝突継続、応酬激化 死者計30

ビジネス

NY外為市場=ドル2カ月半ぶり安値近辺、インフレ指

ビジネス

FRB当局者、景気回復になお自信 雇用は不安定な動

MAGAZINE

特集:新章の日米同盟

2021年5月18日号(5/11発売)

台頭する中国の陰で「同盟国の長」となる日本に課せられた新たな重い責務

人気ランキング

  • 1

    ノーマスクの野外パーティー鎮圧 放水銃で吹き飛ばされた参加者も

  • 2

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇太子に賛否...「彼女に失礼」「ごく普通」

  • 3

    中国大型ロケットの残骸、インド洋に落下か NASA「宇宙ゴミに責任ある基準を満たさず」と批判

  • 4

    東京オリンピックはやったらよい しかし聖火リレー…

  • 5

    プロポーズを断っただけなのに...あまりに理不尽に殺…

  • 6

    日経平均高値は「面白くなる日本」の先取り 投資で…

  • 7

    日立製造のイギリス鉄道車両で亀裂、各社が運行休止…

  • 8

    台湾のTSMCはなぜ成功したのか?

  • 9

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 10

    パリス・ヒルトン、ネットで有名なセクシー「パーテ…

  • 1

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 2

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇太子に賛否...「彼女に失礼」「ごく普通」

  • 3

    かわいい赤ちゃんの「怖すぎる」声に、両親もスタジオも爆笑

  • 4

    パリス・ヒルトン、ネットで有名なセクシー「パーテ…

  • 5

    ノーマスクの野外パーティー鎮圧 放水銃で吹き飛ば…

  • 6

    プロポーズを断っただけなのに...あまりに理不尽に殺…

  • 7

    話題の脂肪燃焼トレーニング「HIIT(ヒット)」は、心…

  • 8

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 9

    はるな愛「私のとっておき韓国映画5本」 演技に引き…

  • 10

    新型コロナが重症化してしまう人に不足していた「ビタ…

  • 1

    メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツッコミ 「赤ちゃん大丈夫?」「あり得ない」

  • 2

    「お金が貯まらない家庭の玄関先でよく見かける」1億円貯まる人は置かない『あるもの』とは

  • 3

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 4

    親日家女性の痛ましすぎる死──「日本は安全な国だと…

  • 5

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇…

  • 6

    ヘンリー王子、イギリス帰国で心境に変化...メーガン…

  • 7

    韓国、学生は原発処理水放出に断髪で抗議、専門機関…

  • 8

    ビットコインバブルは2021年ほぼ間違いなく崩壊する

  • 9

    知らない女が毎日家にやってくる──「介護される側」…

  • 10

    脳の2割を失い女王に昇格 インドクワガタアリの驚く…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年5月
  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月