最新記事

英王室

ヘンリー王子との結婚「考えが甘かった」と重圧を語るメーガン妃、率直な告白に大きな反響

Meghan Markle's Admission on Royal Pressure Wins Over Documentary Viewers

2019年10月22日(火)11時03分
トゥファエル・アフメド

タブロイド紙を戦うと決めたヘンリー王子とメーガン妃(10月15日) REUTERS/Toby Melville

<世間の厳しい目やマスコミの詮索にさらされる日々について、メーガン妃が語った。いつもと違う表情にも注目>

タブロイド紙のバッシング報道に苦しみ、母親としての生活に慣れるのにも苦労している――イギリスで10月20日夜に放送されたドキュメンタリー番組の中でメーガン妃が率直に語った言葉が、大きな反響を呼んでいる。

ITVが放送した「ハリーとメーガン:アフリカの旅」は、9月23日から10日間にわたったヘンリー王子とメーガン妃のアフリカ公式訪問を追ったドキュメンタリー番組。イギリスでは20日の午後9時から放送され、アメリカではABCが23日に放送する予定だ。

番組の中でメーガン妃はITVのトム・ブラッドビー記者のインタビューに答え、イギリスのマスコミのネガティブ報道で傷ついたなどと、率直に胸の内を語った。「女性は誰でも、特に妊娠中はとても傷つきやすいものです」とメーガン妃は語った。「だから本当につらかったです。特に赤ちゃんが生まれてからは。新米ママとして過ごしながら、そして夫との新婚生活も大切にしようとする中で、そうした問題にも直面したのですから」

解放されたアフリカの旅


そしてメーガン妃は「大丈夫ですか」と尋ねたブラッドビー記者に感謝の言葉を述べると、こう続けた。「私に大丈夫かと尋ねてくれる人は、あまりいませんでした」

王子との結婚「反対された」

番組の中ではメーガン妃が世間の、特にタブロイド紙の容赦ない監視の目にさらされて生活することの重圧について語る場面もあった。「ものごとをなんとかやり過ごすだけでは、十分ではありません」とメーガン妃は語った。「人生の意味はもっと違うところにあるのです。私たちは繁栄して、幸せにならなければならないのです(でも、それができません)」

「何があっても毅然としている、というイギリス流のやり方を実践しようと努力しました。懸命に努力したのです。でもそれをすると、内面に大きなダメージを受けてしまいます」

告白


またメーガン妃は、イギリス人の複数の友人にヘンリー王子との交際を反対されたことも明かした。「イギリスのタブロイド紙に人生を滅茶苦茶にされるから」と言われたという。「私の出身地であるアメリカにはそうした問題はないから、『そんなことになる訳がない』と言いました。でも考えが甘かった。分かっていなかったのです」と彼女は振り返った。

このメーガン妃の正直な言葉は、多くの共感を呼んだ。ヘンリー王子とメーガン妃は10月1日に、父親への私的な書簡の内容を報じたとして大手タブロイド紙を提訴すると発表し、戦う姿勢も示していた。

<参考記事>メーガン妃へのマタハラツイート、7割がわずか20のアカウントから
<参考記事>「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

ニュース速報

ワールド

米大統領選、バイデン氏の民主候補指名が確定 必要な

ワールド

ブラジル大統領、WHO脱退検討を表明 政治的偏向に

ワールド

焦点:ネット企業めぐり大統領令、トランプ氏は何を変

ワールド

焦点:コロナ収束で消える「感染地帯」、ワクチン開発

MAGAZINE

特集:検証 日本モデル

2020-6・ 9号(6/ 2発売)

日本のやり方は正しかったのか? 感染対策の効果を感染症専門家と考える

人気ランキング

  • 1

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食べたら...

  • 2

    韓国のG7参加を嫌う日本と冷静な韓国との差異

  • 3

    黒人男性ジョージ・フロイドの霊柩車に、警官がひざまずいて弔意を示す

  • 4

    「犬は訓練を受けなくても苦しんでいる飼い主を救お…

  • 5

    着物は手が届かない美術品か、海外製のインクジェッ…

  • 6

    NY州デモ参加老人が警官に突き飛ばされ重症 倒れて…

  • 7

    韓国はなぜ日本の入国制限に猛反発したのか

  • 8

    米政権のデモ弾圧を見た西欧諸国は、今度こそアメリ…

  • 9

    【世論調査】アメリカ人の過半数が米軍による暴動鎮…

  • 10

    まるで中国皇帝......「習近平そっくりさん」のアカ…

  • 1

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食べたら...

  • 2

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃っているはずだった

  • 3

    レストランで騒ぐ息子が店員に叱られた話、FBに投稿したら炎上した... なぜ?

  • 4

    韓国のG7参加を嫌う日本と冷静な韓国との差異

  • 5

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 6

    韓国総選挙にデジタル不正疑惑か? 中国から開票機…

  • 7

    西浦×國井 対談「日本のコロナ対策は過剰だったのか」

  • 8

    「NO JAPAN」に揺れた韓国へ「股」をかけて活躍した日…

  • 9

    東京都、新型コロナウイルス新規感染28人 4日連続で…

  • 10

    韓国、アイドルファンも抗議デモ 愛すればこそ、裏切…

  • 1

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 2

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 3

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が、アメリカでバズる理由

  • 4

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 7

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 8

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

  • 9

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食…

  • 10

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月