最新記事

英王室

ヘンリー王子との結婚「考えが甘かった」と重圧を語るメーガン妃、率直な告白に大きな反響

Meghan Markle's Admission on Royal Pressure Wins Over Documentary Viewers

2019年10月22日(火)11時03分
トゥファエル・アフメド

ツイッターのあるユーザーは、ヘンリー王子の母親である故ダイアナ元妃に言及し、「メーガンは素晴らしい人だから、ダイアナが生きていたら気に入っていただろう」と投稿した。

サイード・ジョーンズはこう投稿した。「メーガンとハリー、それに二人の赤ちゃんをイギリスに取り戻さなくちゃ」

別のユーザーは「あのインタビューを見てメーガン・マークルに同情を覚えない人は、自分にまだ血が通っているかチェックすべきだ」とツイート。「イギリスで生まれ育った人間として、これほど多くのイギリス人が恥ずかし気もなく悪意をさらし、残酷になれることには困惑さえ覚える」

「トム(ブラッドビー)とメーガンの会話を全て聞くと、あまりにひどいと感じる。メーガンは知的で心の優しい、素晴らしい女性で、こんな嫌がらせを受けるなんて理不尽だ。彼女の言葉を聞いて、一連の嫌がらせを正当化できる人がいるだろうか?」という投稿もある。

番組を見たケイリー・ウォルシュは次のように投稿した。「メーガンは本当に素晴らしい人だと思った。魅力的で知的で、とても誠実な女性だ。新しい生活と役割に馴染むために、本当によくやっていると思う」

(翻訳:森美歩)

20191029issue_cover200.jpg
※10月23日発売号は「躍進のラグビー」特集。世界が称賛した日本の大躍進が証明する、遅れてきた人気スポーツの歴史的転換点。グローバル化を迎えたラグビーの未来と課題、そして日本の快進撃の陰の立役者は――。

ニュース速報

ビジネス

訂正-米FRB、社債買入制度通じた27日時点のET

ワールド

アングル:トランプ氏6人の側近、対中強硬へ足並み 

ワールド

米の香港優遇措置撤廃、「無謀で恣意的」と中国共産党

ビジネス

ルフトハンザ救済案、ドイツ政府と欧州委が暫定合意=

MAGAZINE

特集:コロナ不況に勝つ最新ミクロ経済学

2020-6・ 2号(5/26発売)

意思決定の深層心理から人間の経済行動を読み解く── コロナ不況を生き残るため最新の経済学を活用せよ

人気ランキング

  • 1

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃っているはずだった

  • 2

    韓国、アイドルファンも抗議デモ 愛すればこそ、裏切られた怒りは激烈

  • 3

    中国請負の高速鉄道建設が工期遅延に予算超過 インドネシア、入札に敗れた日本の参加要望

  • 4

    ミネアポリスの抗議デモが暴動に......略奪から店舗…

  • 5

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 6

    ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

  • 7

    デーブが語る、『テラハ』木村花さんの死は何が問題…

  • 8

    【大江千里コラム】だから僕はポップスを手放した

  • 9

    ブラジルのコロナ無策は高齢者減らしのため?

  • 10

    ブラジル、新型コロナ感染爆発 1日で過去最多2万641…

  • 1

    東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る

  • 2

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

  • 3

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 背景には韓国の国民性も?

  • 4

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 5

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 6

    ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

  • 7

    北朝鮮の民間経済を圧迫する独裁者の国債

  • 8

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃…

  • 9

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 10

    東京都、新型コロナウイルス新規感染15人 2桁台で3…

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 3

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 4

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 7

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 8

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 9

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

  • 10

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月