最新記事

環境活動家

「13歳の妹がいじめにあう」トゥーンベリが明かした家族の苦難

Greta Thunberg's 13 year-old Sister Suffers Bullying and Harassment

2019年10月16日(水)18時40分
ジェームズ・ウォーカー

ニューヨークの国連本部前で地球温暖化に抗議する集会に参加するトゥーンベリ(8月30日)Jeenah Moon-REUTERS

<国連演説で注目を集めたスウェーデンの環境活動家グレタ・トゥーンベリ。嫌がらせは家族にも及んでいた>

16歳の環境活動家グレタ・トゥーンベリは、自分が有名になり、気候変動のための学校ストライキ運動を率いていることで、妹がいじめられていることを明らかにした。

スウェーデンの全国紙ダーゲンス・ニュヘテルのインタビューによれば、トゥーンベリの13歳の妹や他の家族は脅迫を受けていた。すべて警察に通報されている。

トゥーンベリはまた、妹は嫌がらせのせいで「いつも落ち込んでいる」と言い、支持者に向けて、妹を支えてほしい、それが自分に対する最大の支援になると訴えた。

「辛い思いをしているのは、私の妹。彼女は13歳で、組織的ないじめ、脅迫、嫌がらせを受けている」と、トゥーンベリは同紙に語った。

「私に脅迫と憎悪の言葉を送りつけてくる人々は、家族や妹にまで同じことをする。私はいつも旅に出ていていないけれど、家族は家にいる」

トゥーンベリはまた、自分は人々から支援を提供されることが多いが、妹は「まったく支援を受けていない」と言う。どんな支援がありうるかと尋ねられて、彼女はこう答えた。「現時点で私を助ける最善の方法は妹を支えてくれること。私の妹だからではなく、彼女自身が素晴らしい、強い人間だから」

グレタ・トゥーンベリのフォロワーたち


街頭で脅迫されたことはないけれど

トゥーンベリはこれまで、街で通りすがりの人から否定的なことを言われたことはなかったが、気候変動ストライキ運動の最初の数日間は、自分に向かって怒声をあげた人が何人かいたという。

グレタをインタビューし、長い時を共に過ごしたダーゲンス・ニュヘテルの記者アレクサンドラ・ウルシマン・オットーは、トゥーンベリと妹の両方がいじめの標的にされてきたことを知って「とても腹立たしい」と言う。

「そういうことがあるとは知っていたけれど、だからといって平気でいられるわけじゃない。これほどひどいとは思わなかった」と、オットーは本誌に語った。

トゥーンベリがアメリカや他の場所で活動している間にいじめを受けるのを見たことがあるかという質問に対して、オットーはこう答えた。「インタビューでトゥーンベリは、街頭で脅しのような行為を受けたことがないと言っていた。これは、より大きな観点から興味深い」

「私たちはアメリカのさまざまな場所をトゥーンベリと一緒に歩いた。4つの州を旅して、田舎にも都市にも行った。どこに行っても人々は近づいてきて『こんにちは、私はあなたについていきます、あなたを支援します』と言ってくれた」

しかしオットーは、オンラインでトゥーンベリに寄せられるコメントの一部は「まったく違う」と言う。

<参考記事>ヘイトに立ち向かったK-POPアイドル、ソルリ追悼写真集
<参考記事>グレタ・トゥーンベリの人形を吊るしたのは誰か

ニュース速報

ワールド

フランス内閣総辞職、マクロン大統領が再選見据え態勢

ビジネス

日産自動車、6月の中国販売は前年比4.5%増

ワールド

インド、中国製電源装置・部品の輸入審査強化へ

ワールド

インサイト:「院内感染」の重い代償、医療現場で続く

MAGAZINE

特集:Black Lives Matter

2020-7・ 7号(6/30発売)

今回の黒人差別反対運動はいつもとは違う──「人権軽視大国」アメリカが変わる日

人気ランキング

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小池知事が緊急会見「現在は感染拡大要警戒」

  • 3

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようやくプロセスが明らかに

  • 4

    スウェーデンの悪夢はパンデミック以前から始まって…

  • 5

    北京で6月にクラスター発生したコロナウイルス、東南…

  • 6

    英首相ジョンソン、香港市民の英市民権取得を確約 中…

  • 7

    コロナ禍なのにではなく、コロナ禍だからBlack Lives…

  • 8

    新型コロナが細胞に生やす不気味な触手の正体は

  • 9

    ブラックホール爆弾から無限のエネルギーを取り出す…

  • 10

    アメリカはコロナ感染の「第2波」に入ったのか?

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪雨で大規模水害、そして...

  • 3

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小池知事が緊急会見「現在は感染拡大要警戒」

  • 4

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 5

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 6

    スウェーデンの悪夢はパンデミック以前から始まって…

  • 7

    BLMの指導者「アメリカが我々の要求に応じないなら現…

  • 8

    韓国「炭酸カリウム」を不当廉売? 経産省が調査開…

  • 9

    英首相ジョンソン、香港市民の英市民権取得を確約 中…

  • 10

    北京で6月にクラスター発生したコロナウイルス、東南…

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪雨で大規模水害、そして...

  • 3

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食べたら...

  • 4

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 5

    ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持…

  • 6

    自殺かリンチか、差別に怒るアメリカで木に吊るされ…

  • 7

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 8

    宇宙に関する「最も恐ろしいこと」は何? 米投稿サ…

  • 9

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 10

    「この貞淑な花嫁は......男だ」 イスラムの教え強い…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月