最新記事

環境活動家

「13歳の妹がいじめにあう」トゥーンベリが明かした家族の苦難

Greta Thunberg's 13 year-old Sister Suffers Bullying and Harassment

2019年10月16日(水)18時40分
ジェームズ・ウォーカー

ニューヨークの国連本部前で地球温暖化に抗議する集会に参加するトゥーンベリ(8月30日)Jeenah Moon-REUTERS

<国連演説で注目を集めたスウェーデンの環境活動家グレタ・トゥーンベリ。嫌がらせは家族にも及んでいた>

16歳の環境活動家グレタ・トゥーンベリは、自分が有名になり、気候変動のための学校ストライキ運動を率いていることで、妹がいじめられていることを明らかにした。

スウェーデンの全国紙ダーゲンス・ニュヘテルのインタビューによれば、トゥーンベリの13歳の妹や他の家族は脅迫を受けていた。すべて警察に通報されている。

トゥーンベリはまた、妹は嫌がらせのせいで「いつも落ち込んでいる」と言い、支持者に向けて、妹を支えてほしい、それが自分に対する最大の支援になると訴えた。

「辛い思いをしているのは、私の妹。彼女は13歳で、組織的ないじめ、脅迫、嫌がらせを受けている」と、トゥーンベリは同紙に語った。

「私に脅迫と憎悪の言葉を送りつけてくる人々は、家族や妹にまで同じことをする。私はいつも旅に出ていていないけれど、家族は家にいる」

トゥーンベリはまた、自分は人々から支援を提供されることが多いが、妹は「まったく支援を受けていない」と言う。どんな支援がありうるかと尋ねられて、彼女はこう答えた。「現時点で私を助ける最善の方法は妹を支えてくれること。私の妹だからではなく、彼女自身が素晴らしい、強い人間だから」

グレタ・トゥーンベリのフォロワーたち


街頭で脅迫されたことはないけれど

トゥーンベリはこれまで、街で通りすがりの人から否定的なことを言われたことはなかったが、気候変動ストライキ運動の最初の数日間は、自分に向かって怒声をあげた人が何人かいたという。

グレタをインタビューし、長い時を共に過ごしたダーゲンス・ニュヘテルの記者アレクサンドラ・ウルシマン・オットーは、トゥーンベリと妹の両方がいじめの標的にされてきたことを知って「とても腹立たしい」と言う。

「そういうことがあるとは知っていたけれど、だからといって平気でいられるわけじゃない。これほどひどいとは思わなかった」と、オットーは本誌に語った。

トゥーンベリがアメリカや他の場所で活動している間にいじめを受けるのを見たことがあるかという質問に対して、オットーはこう答えた。「インタビューでトゥーンベリは、街頭で脅しのような行為を受けたことがないと言っていた。これは、より大きな観点から興味深い」

「私たちはアメリカのさまざまな場所をトゥーンベリと一緒に歩いた。4つの州を旅して、田舎にも都市にも行った。どこに行っても人々は近づいてきて『こんにちは、私はあなたについていきます、あなたを支援します』と言ってくれた」

しかしオットーは、オンラインでトゥーンベリに寄せられるコメントの一部は「まったく違う」と言う。

<参考記事>ヘイトに立ち向かったK-POPアイドル、ソルリ追悼写真集
<参考記事>グレタ・トゥーンベリの人形を吊るしたのは誰か

ニュース速報

ビジネス

中国製造業PMI、2月は50.6に低下 昨年5月来

ワールド

ミャンマー、治安部隊の発砲で死者7人 連日のデモ鎮

ワールド

情報BOX:来週開幕、中国全人代の概要と見通し

ワールド

ミャンマー国連大使、国軍に抵抗続けると表明 解任と

MAGAZINE

特集:ルポ新型コロナ 医療非崩壊

2021年3月 2日号(2/24発売)

第3波の日本で「通常」の医療体制は崩壊したが現場には硬直した体制を変え命を守った人々もいた

人気ランキング

  • 1

    バブルは弾けた

  • 2

    がら空きのコロナ予防接種センター、貴重なワクチンは余って山積み──イギリスに負けたEUの失敗

  • 3

    コロナ危機が招いた株価バブルは2021年に終わる

  • 4

    大口投資家がビットコインの買い占めに走り、個人投…

  • 5

    トランプの扱いを巡って米国共和党の内紛は三国志状…

  • 6

    タイガーが暴露症の女ばかり選んだ理由(アーカイブ…

  • 7

    弁護士の平均年収は4割減 過去十年で年収が上がった…

  • 8

    なぜドラえもんの原っぱには「土管」がある? 東京の「…

  • 9

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 10

    フランス・リヨン市、環境派市長「給食を肉なしメニ…

  • 1

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 2

    中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

  • 3

    バブルは弾けた

  • 4

    がら空きのコロナ予防接種センター、貴重なワクチン…

  • 5

    トランプにうんざりの共和党員が大量離党 右傾化に…

  • 6

    動画で見る、トランプ時代の終焉の象徴

  • 7

    弁護士の平均年収は4割減 過去十年で年収が上がった…

  • 8

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の…

  • 9

    アメリカの顔をした中国企業 Zoomとクラブハウスの…

  • 10

    強大化する中国を前に日米豪印「クアッド」が無力な…

  • 1

    フィット感で人気の「ウレタンマスク」本当のヤバさ ウイルス専門家の徹底検証で新事実

  • 2

    ロシアの工場跡をうろつく青く変色した犬の群れ

  • 3

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 4

    さようならトランプ、負債3億ドルと数々の訴訟、捜査…

  • 5

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 6

    韓国メディアが連日報道、米日豪印「クアッド」に英…

  • 7

    バブルは弾けた

  • 8

    中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

  • 9

    全身が泥で覆われた古代エジプト時代のミイラが初め…

  • 10

    現役医師が断言、日本の「ゆるいコロナ対策」が多くの…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月
  • 2020年9月