最新記事

地球温暖化

グレタ・トゥーンベリの人形を吊るしたのは誰か

Greta Thunberg Effigy Hanging From Bridge Decried as 'Shameful' By Mayor

2019年10月9日(水)17時00分
ジェシカ・クォン

ノーベル平和賞の呼び声も高いグレタ・トゥーンベリに悪意を抱く人間がいる(10月7日、米サウスダコタ州) Jim Urquhart-REUTERS

<16歳の環境活動家グレタ・トゥーンベリに対する憎悪犯罪が明らかになった>

イタリアの首都ローマで、地球温暖化対策を訴える16歳の環境活動家グレタ・トゥーンベリを模した人形が橋から吊り下げられているのが見つかった。ローマ市長を含む政府関係者などが、「恥ずべき行為だ」と厳しく非難している。

人形はトゥーンベリと同じお下げ髪。報道によれば、「グレタはあなたたちの神」という言葉が添えられていた。

ローマ市長のヴィルジニア・ラッジは、ローマ市はトゥーンベリならびに彼女の家族と連帯すると誓い、「私たちの町で、橋から吊るされたグレタ・トゥーンベリの人形が見つかったのは恥ずべきことだ」と、ツイートした。「トゥーンベリとご家族のみなさんに、ローマ市の連帯を表明する。私たちの地球温暖化に対する取り組みは終わらない」

ローマ市長ラッジのツイッターより


イタリアのセルジオ・コスタ環境・国土・海洋保全大臣も人形の写真をシェアし、こうした行為は「犯罪」であり「許されない」と非難した。

「ローマの橋から吊り下げられていた人形は、グレタ・トゥーンベリの気持ちを傷つけ、彼女を侮辱するものだ」と、コスタはツイートした。「環境や地球のために全力を注ぐ人すべてが、悲しんでいるに違いない。許されざる犯罪行為だ」

イタリア民主党のニコラ・ジンガレッティ党首は、これをトゥーンベリに対する「陰惨な暴力」だと言う。「自分と異なる考えを尊重しない人々によるこうした行為をわれわれは強く非難する」

誰の犯行か、地元警察が捜査している。

<参考記事>マララと真逆のグレタ・トゥーンベリが、人々の心をつかめる理由
<参考記事><動画>トランプを睨みつけるグレタ・トゥーンベリ鬼の形相

絶滅への反逆

一方、ローマでは10月7日、地球温暖化対策を訴える抗議デモがあった。これは、国際的な市民運動組織「エクスティンクション・レベリオン(絶滅への反逆)」による取り組みの一環で、地元自治体や政府機関に対して、気候と環境を守るためにもっと努力するよう働きかける運動だ。エクスティンクション・レベリオン公式ツイッターのプロフィールには、「気候・環境的な正義を目指し、非暴力で各国政府に反逆する」と書かれている。

トゥーンベリは、エクスティンクション・レベリオンに関連したツイートで、「今でなければいつ? あなたでなければ誰? 全員が必要なの!#EverybodyNow! 今すぐに!#TheTimeIsNow」とに行動を促した。

トゥーンベリは9月23日に国連本部で開催された「気候行動サミット」において、世界の指導者たちを強い口調で非難した。気候変動に十分な取り組みを行っておらず、若者を裏切っているという理由だ

「何もかもが間違っている」と語った。「私はここにいるべきではない。私は海の反対側にある学校にいるべきだ。それなのにあなたたちは、希望を求めて若者たちに頼ってくる。よくもそんなことができたものね」

人形は、この演説が気に入らなかった者の仕業なのだろうか。トゥーンベリは何もコメントしていない。

(翻訳:ガリレオ)

20191015issue_cover200.jpg
※10月15日号(10月8日発売)は、「嫌韓の心理学」特集。日本で「嫌韓(けんかん)」がよりありふれた光景になりつつあるが、なぜ、いつから、どんな人が韓国を嫌いになったのか? 「韓国ヘイト」を叫ぶ人たちの心の中を、社会心理学とメディア空間の両面から解き明かそうと試みました。執筆:荻上チキ・高 史明/石戸 諭/古谷経衡

ニュース速報

ワールド

バイデン氏、外交面の主要人事発表 国務長官にブリン

ワールド

アストラゼネカのワクチン、有効性と安全性の確認待つ

ビジネス

政府支援なければ苦境、ワクチン普及に時間=米リッチ

ワールド

WTO有志、パンデミック対応策で合意 医療品輸出制

MAGAZINE

特集:バイデンのアメリカ

2020-11・24号(11/17発売)

就任100日でバイデン民主党新政権の内政・外交・経済そしてコロナ対策はこう動く

人気ランキング

  • 1

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多めのウェア着ている選手が悪いのか?

  • 2

    世界のワクチン開発競争に日本が「負けた」理由

  • 3

    米爆撃機2機が中国の防空識別圏に異例の進入

  • 4

    オーストラリアが打ち砕く、文在寅に残された「たっ…

  • 5

    バイデンは「親中」ではないが「親日」でもない──日…

  • 6

    【オバマ回顧録】鳩山元首相への手厳しい批判と、天…

  • 7

    新型コロナは2019年9月にはイタリアに広がっていた──…

  • 8

    やはり、脳と宇宙の構造は似ている......最新研究

  • 9

    大統領選の「トランプ爆弾」不発に民主党はがっかり…

  • 10

    中国とロシアがバイデンを祝いたくない理由

  • 1

    アメリカ大統領選挙、郵政公社がペンシルベニア州集配センターで1700通の投票用紙発見

  • 2

    半月形の頭部を持つヘビ? 切断しても再生し、両方生き続ける生物が米国で話題に

  • 3

    アメリカを震撼させるオオスズメバチ、初めての駆除方法はこれ

  • 4

    アメリカ大統領選挙、ペンシルベニア州裁判所が郵便投…

  • 5

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多…

  • 6

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 7

    事実上、大統領・上院多数・下院多数が民主党になる…

  • 8

    世界のワクチン開発競争に日本が「負けた」理由

  • 9

    米爆撃機2機が中国の防空識別圏に異例の進入

  • 10

    トランプでもトランプに投票した7000万人でもない、…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年11月
  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月