最新記事

温暖化

<動画>トランプを睨みつけるグレタ・トゥーンベリ鬼の形相

Greta Thunberg Staring Down Donald Trump Stirs Twitter: 'We Are All Greta'

2019年9月25日(水)17時05分
ジェシカ・クウォン

国連のロビーでトランプを見つけたトゥーンベリ Andrew Hofstetter-REUTERS

<昨年から世界中に崇拝者を増やし続ける16歳の環境活動家トゥーンベリ。いつもは淡々としたトゥーンベリが、国連の気候行動サミットでは涙ながらに世界の指導者の無策を責めた。彼女にとって、トランプはまさに悪魔の化身なのかもしれない>

9月23日、16歳の環境活動家グレタ・トゥーンベリが険しい表情でドナルド・トランプ大統領を睨みつけるGIF画像が、多くのツイッターユーザーを連帯させた。彼らは、「われわれはみなグレタ(We are all Greta)」というメッセージのもとに集結したのだ。

<参考記事>「気候変動が続くなら子どもは生まない」と抗議し始めた若者たち

国連のロビーにいたトゥーンベリがふと目を上げると、随行員と共に前方を通り過ぎるトランプがいた。トゥーンベリは蒼白になりながらその横顔を睨みつけた。

共和党の戦略立案者で政治コメンテーターのアナ・ナバロも、「わたしたちはみなグレタ」というメッセージと共にこのGIF画像をシェアしたツイッターユーザーの一人だ。


トランプは以前から、パリ協定を離脱するなど環境保護や温暖化対策に逆行していると批判されている。トゥーンベリの顔に浮かんだ表情は、トゥーンベリの怒りにほかならない。

トゥーンベリは23日、国連気候行動サミットで演説した。いつになく感情を露わにした演説で、気候変動に積極的に取り組まないことで若い世代の人々の期待を裏切っていると、世界各国の指導者たちを非難した。

トゥーンベリは、今後10年で温室効果ガス排出量を半分に減らすという国連の目標について、「気温上昇を摂氏1.5度未満に抑えることで、人類には制御できない、逆戻りできない連鎖反応を引き起こすリスクを抑えられる可能性は50%しかない」と指摘した。

「裏切れば許さない」

「あなたがたは、わたしたちの期待を裏切っている。若者たちは、あなたがたの裏切りに気づき始めている。未来の世代のすべての目は、あなたがたに注がれている」とトゥーンベリは結んだ。「あなたがたがわたしたちを裏切るなら、わたしたちは絶対にあなたがたを許さないし、逃さない。いま、この場所こそが、越えてはならない一線だ」

アントニオ・グテーレス国連事務総長が組織したこの気候行動サミットでは、アメリカをはじめとする複数の国が発言機会を与えられなかった。温暖化対策が不十分だったからだ。それにもかかわらずトランプは前触れもなくサミットに表れ、10分~15分で退出した。トゥーンベリの演説はまだ始まる前だった。

<参考記事>「環境ポピュリスト」小泉進次郎は、楽しくもセクシーでもない温暖化対策の現実を語れ

サミットに立ち寄った理由を尋ねられたトランプは、次のように話した。「わたしは、きれいな空気ときれいな水が必要だと強く確信している。すべての国が団結してこの問題に取り組むべきだし、独自にも取り組むべきだ。とても重要なことだ」

(翻訳:ガリレオ)

ニュース速報

ワールド

中国PPI、6月は5カ月連続の低下 回復の兆しも

ビジネス

エアアジア、2億3000万ドル超の資金調達へ協議中

ビジネス

情報BOX:新型コロナウイルス、世界の感染者120

ワールド

豪、香港への渡航・滞在に注意喚起 拘束リスク警告

MAGAZINE

特集:香港の挽歌

2020-7・14号(7/ 7発売)

国家安全法で香港の自由と繁栄は終わり? 中国の次の狙いと民主派を待つ運命

人気ランキング

  • 1

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

  • 2

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 3

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 4

    ヘビのような両生類アシナシイモリの謎 口腔の毒腺…

  • 5

    習近平はなぜ香港国家安全維持法を急いだのか?

  • 6

    新型コロナ、血液型によって重症化に差が出るとの研究…

  • 7

    ロシア諜報機関の汚れ仕事を担う、「29155部隊」は掟…

  • 8

    やはり空気感染はあった? だとすれば対策の強化が必要

  • 9

    ウイグル女性に避妊器具や不妊手術を強制──中国政府…

  • 10

    英会話では英語が身につかない2つの理由

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 3

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

  • 4

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 5

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 6

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 7

    英首相ジョンソン、香港市民の英市民権取得を確約 中…

  • 8

    東京都、3日の新型コロナ新規感染は124人 小池知事「…

  • 9

    スウェーデンの悪夢はパンデミック以前から始まって…

  • 10

    ブラックホール爆弾から無限のエネルギーを取り出す…

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 3

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

  • 4

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪…

  • 5

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 6

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 7

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 8

    ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持…

  • 9

    自殺かリンチか、差別に怒るアメリカで木に吊るされ…

  • 10

    宇宙に関する「最も恐ろしいこと」は何? 米投稿サ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月