最新記事

気候変動

今の地球のCO2濃度は、人類史上例のない人体実験レベル

Humans Have Never Lived in CO2 Concentrations Seen in Earth’s Atmosphere Today

2019年9月27日(金)17時30分
アリストス・ジョージャウ

人類はこんなにCO2濃度が高い環境で生きたことはかつてない Mohammed Ameen (IRAQ)-REUTERS

<太古からずっと低かったCO2濃度は1965年以降に急上昇、生物としての人類がこの変化にどう適応するか想像もつかない>

人類は大量の化石燃料を燃やし続けているが、米中の科学者グループの研究から、現在の大気中の二酸化炭素(CO2)の濃度は人類がこれまでに経験した最も高いレベルであることがわかった。グループによると、人類は「自分たちを対象にして科学実験を行っている」ようなものだという。

自然科学の学術誌「ネイチャーコミュニケーションズ」のサイトに今週掲載された、テキサスA&M大学と中国・南京大学の共同研究によると、人類が進化を遂げた約258万年~約1万年前までの更新世の時代、大気中のCO2濃度は平均で250ppm(100万分の250)だった。

これを現在計測されるCO2の濃度と比較すると相当な違いがある。今年5月には、ハワイにあるアメリカ海洋大気庁マウナロア観測所で最高約415ppmのCO2が観測された。

北半球で濃度が高く、夏になると薄くなるCO2 NASA


この観測結果は、この季節では1961年以来の最高値で、地球の大気中のCO2濃度が7年連続で上昇したことを示している。CO2は熱を吸収し、地球温暖化の原因となる。

<参考記事>「気候変動が続くなら子どもは生まない」と抗議し始めた若者たち

太古~1965までは低炭素環境だった

1965年には大気中のCO2の濃度は320ppm前後だった。この頃すでに、過去250万年で最高のレベルにまで濃度は上がっていた。

「今回の研究で、人類の祖先ホモ・サピエンスが登場した約180万年前の時代から1965年まで、人類はCO2の濃度が320ppm以下の『低炭素』環境に生きていたことがわかった」と、今回の研究の共同執筆者チャン・イーゲーはコメントしている。「CO2濃度が高い現在の環境は、気候と地球環境への実験でると同時に、人類への人体実験でもある」

<参考記事>2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

「大気中のCO2濃度の時代変化を研究することは重要だ。すでに気候変動は起きているし、これからもさらに進行するからだ。地球の歴史を調べることが気候変動について学ぶ1つの手段となる」と、チャンは言う。「過去のCO2濃度がどんなレベルだったか、その時どんな気候だったか、そして両者の間にはどのような関連があるか」などを調べる。

ニュース速報

ビジネス

スズキもインドで呼吸器・マスク・防護服生産、トヨタ

ビジネス

英BP、2020年の設備投資を25%削減 米シェー

ビジネス

JAL、国際線夏ダイヤで8割超減 コロナで403便

ビジネス

中国、EV生産規制の緩和や排ガス規制延期を検討=関

MAGAZINE

特集:コロナ危機後の世界経済

2020-4・ 7号(3/31発売)

感染拡大で経済先進国の序列と秩序はこう変わる── コロナ後の「ニュー・エコノミー」を識者が徹底解説

人気ランキング

  • 1

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけでなく、生命維持に必要なのだ」大規模支援

  • 2

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を流し込み...

  • 3

    新型コロナ、若者ばかりが責められて「中高年」の問題行動が責められないのはなぜか

  • 4

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロ…

  • 5

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 6

    コロナ禍のアメリカでひよこがバカ売れ

  • 7

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 8

    ブラジル大統領ロックダウンを拒否「どうせ誰もがい…

  • 9

    緊急公開:人類と感染症、闘いと共存の歴史(全文)

  • 10

    ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去…

  • 1

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけでなく、生命維持に必要なのだ」大規模支援

  • 2

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 3

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 4

    韓国激震 常軌を逸した極悪わいせつ動画SNS「N番ル…

  • 5

    「緊急事態宣言、4月1日に出すという事実ない」 菅官…

  • 6

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を…

  • 7

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 8

    新型コロナ、若者ばかりが責められて「中高年」の問…

  • 9

    新型肺炎で泣き面の中国を今度はバッタが襲う

  • 10

    囚人コーチが教える最強の部屋トレ 自重力トレーニ…

  • 1

    一斉休校でわかった日本人のレベルの低さ

  • 2

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 3

    韓国はなぜ日本の入国制限に猛反発したのか

  • 4

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけで…

  • 5

    フランスから見ると驚愕の域、日本の鉄道のあり得な…

  • 6

    新型コロナショック対策:消費税減税も現金給付も100…

  • 7

    「NO JAPAN」に揺れた韓国へ「股」をかけて活躍した日…

  • 8

    やっぱり日本は終わりだ

  • 9

    ついに日本は終わった

  • 10

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月