最新記事

ユダヤ人差別

アンネ・フランクの「ビキニ写真」でハーバード大学の風刺雑誌が謝罪

Anne Frank Bikini Photoshop Prompts Backlash Against Harvard Humor Mag

2019年5月16日(木)13時15分
ジェニー・フィンク

アンネ・フランクは、15歳のときナチスのベルゲン・ベルゼン強制収容所で命を落とした PUBLIC DOMAIN

<ビキニ姿の合成写真はホロコーストの犠牲者に対する侮辱で、反ユダヤ主義を勢いづけるものだと批判が殺到。歴史の知識もありユダヤ人差別に反対する筆者らになぜこんなことができたのか>

ハーバード大学の風刺雑誌「ハーバード・ランプーン」は、ホロコーストの犠牲者アンネ・フランクのビキニ姿の合成画像を掲載した判断について学生から批判の声が上がったことを受けて謝罪した。

問題の画像は、アンネ・フランクの顔と、ビキニ姿の胸の大きな女性の体をつなぎ合わせたもの。「アンネがホロコーストで命を落としていなかったら、こんな姿になっていただろう」と題したうえで、「ホロコーストが最悪な理由にこの写真を加えよ」というキャプションをつけている。

5月11日に同誌が発行されると、学生たちはソーシャルメディア上で強い不快感を表明。ハーバード・ランプーン側に説明を求める嘆願書が拡散された。ユダヤ系団体「名誉棄損防止連盟(ADL)」のニューイングランド支部も、この画像についてツイッターへの投稿で言及した。

ADLニューイングランド支部はこの投稿の中で、アンネ・フランクを性的な対象にした下品で不快なこの画像は「何も面白くない」と指摘。問題の画像は「彼女の記憶や何百万というホロコーストの犠牲者を侮辱する」ものだと批判し、集団虐殺を矮小化することは、反ユダヤ主義やホロコースト否定派を利することになると付け加えた。

ホロコーストの知識もある人がなぜ

ADLボストン支部のロバート・トレスタン事務局長はツイッターに、問題の画像は「恥ずべきものだし有害だ」と投稿。ユーモアと反ユダヤ主義の境界を踏み越えたとして、謝罪が必要だと主張した。

【参考記事】『アンネの日記』から明かされた「下ネタ」でアンネが伝えたかったこと

ハーバード大学の学生ジェイコブ・シュワルツもフェイスブックへの投稿で、同画像は「許容範囲を超えている」と主張。画像はホロコーストの問題を矮小化し、未成年の少女を性的な対象にし、彼女が殺された事実を軽視するものだと批判した。自らをユダヤ系だとするシュワルツは、この画像が「許容可能」とされるなら、もはや気持ちよくキャンパスライフを送れないと書いた。

「好意的に受け止めようとしたし、無知ゆえのことだと考えたい部分もあるが、どうしても理解できない」とシュワルツは書いた。「この画像をつくった人々は明らかにホロコーストについて十分な知識があり、ユダヤ人が耐えた悲劇について基本的な理解があった。それでも彼らは、これが許されるだけでなく面白いと判断したのだ」

500人の署名を集めることを目標にした嘆願書には、2日間で300を超える署名が集まった。同嘆願書は公の謝罪を求めると共に、問題のコンテンツが発行されるに至った経緯や、再発防止策の説明を要求している。

ニュース速報

ビジネス

フランス格付け見通しを「安定的に」引き下げ=ムーデ

ワールド

ヘンリー英王子夫妻、「ロイヤル」の名称使わず 王室

ワールド

新型ウイルス、中国内外で感染拡大 WHO「阻止の機

ビジネス

米国株は下落、新型肺炎懸念やさえない米指標受け

MAGAZINE

特集:上級国民論

2020-2・25号(2/18発売)

特権階級が不当に罪を逃れている── 日本を席巻する疑念と怒りの正体

人気ランキング

  • 1

    文在寅を見限った金正恩......「新型コロナ」でも問答無用

  • 2

    スキー・スノボに行かなくなった(行けなくなった)若者たち

  • 3

    韓国にパンブーム到来、ソウルの「日本のパン屋」に突撃取材した

  • 4

    マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

  • 5

    韓国激震、新型コロナウイルスで初の死者 感染急増1…

  • 6

    「マスクは今週1億枚を供給、来月には月産6億枚体制へ…

  • 7

    「ホライモリは悲しんだ」......7年間、同じ場所で動…

  • 8

    感染者2200万人・死者1万人以上 アメリカ、爆発的「イ…

  • 9

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 10

    ロイヤルウェディングの招待状がほのめかしていたメ…

  • 1

    夜間に発電できる「反ソーラーパネル」が考案される

  • 2

    文在寅を見限った金正恩......「新型コロナ」でも問答無用

  • 3

    ロイヤルウェディングの招待状がほのめかしていたメーガン妃の離婚歴

  • 4

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 5

    スキー・スノボに行かなくなった(行けなくなった)…

  • 6

    新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

  • 7

    感染者2200万人・死者1万人以上 アメリカ、爆発的「イ…

  • 8

    韓国、キャッシュレス完了した国が進める「コインレ…

  • 9

    新型コロナウイルス、人口2.6億のインドネシアで感染…

  • 10

    クルーズ船内「悲惨な状態」 神戸大・岩田健太郎教授、…

  • 1

    「歯肉から毛が生えた」という女性の症例が世界で初めて報告される

  • 2

    一党支配揺るがすか? 「武漢市長の会見」に中国庶民の怒り沸騰

  • 3

    ヒヒにさらわれ子どもにされた子ライオンの悲劇

  • 4

    マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

  • 5

    新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

  • 6

    夜間に発電できる「反ソーラーパネル」が考案される

  • 7

    韓国で強まる、日本の放射能汚染への懸念

  • 8

    「武漢はこの世の終末」 チャーター機乗れなかった米…

  • 9

    BTSと共演した韓国人気子役がYouTubeで炎上 虐待さ…

  • 10

    「拷問死したアメリカ人学生」がはばむ文在寅の五輪…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月