最新記事

認知症

4勝146敗、新薬開発が険しいアルツハイマー病 国際治験の抱える課題とは

2019年5月13日(月)14時33分

5月13日、アルツハイマー病の新薬開発に閉塞感が漂っている。エーザイは最終治験を始めた薬で巻き返しを図る考えだが、「雪辱戦」の行方はなお読めない。写真はエーザイのロゴ。昨年3月に東京で撮影(2019年 ロイター/Issei Kato)

アルツハイマー病の新薬開発に閉塞感が漂っている。製薬大手が相次いで失敗する中、有望視されていたエーザイと米バイオジェンの新薬候補も3月に頓挫。エーザイは直後に最終治験を始めた別の薬で巻き返しを図る考えだが、「雪辱戦」の行方はなお読めない。患者やその家族からは、新薬への期待を封印して病気と共存する道を探る向きも出ている。

4勝146敗

「成功確度は高いと考えている」。エーザイの内藤晴夫社長は13日の決算記者会見でこう述べ、同社が手掛ける新薬への期待を示した。

だが、その姿勢とは対照的に、アルツハイマー病領域では企業側の敗北が続く。これまで、米ファイザーやメルク、スイスのロシュなど世界の製薬メーカーが新薬開発に挑んだが、いずれも失敗に終わった。

米国研究製薬工業協会によると、1998年から2017年までに承認された新薬はわずか4つで、失敗した治験の数は146に上る。国によって承認の時期に差はあるが、米国では15年以上、新薬が生まれていない。

認知症には複数の種類があり、アルツハイマー型が最も多い。日本の認知症患者数は、2025年に700万人前後に達するとみられている。世界全体では、2050年に現在の約3倍に当たる1億5200万人まで増えるとの試算があり、新薬のニーズは大きい。

こうした中、エーザイとバイオジェンが共同開発する3つの薬に対する期待は高まっていたが、2カ月前に風向きが変わる。専門家からの勧告に基づき、中でも有望視されていた「アデュカヌマブ」の治験が突如中止に追い込まれたからだ。

この薬は初期の治験で、アルツハイマー病と関連があるとされるタンパク質「アミロイドベータ」を脳内から減少させる結果を出した。2016年に英科学誌ネイチャーの表紙を飾り、一気に脚光を浴びた経緯がある。

アルツハイマー病に詳しい京都府立医科大学の徳田隆彦教授は「ネイチャーでは脳のアミロイドの減少を示す写真も出ており、アデュカヌマブは成功するのではとの期待があった。今回の失敗は業界にとって大きなショックだ」と振り返る。

混乱を増幅させた別の要因もある。治験中止発表のわずか11時間前、あるエーザイ幹部は、都内で開かれた会合で「ようやく一筋の光が見えてきた」と述べ、新薬誕生への自信を示していた。

急転直下の中止に、ある会合出席者は「自らハードルを上げてしまった点は否めない」と指摘した。

クラリティ

「アデュカヌマブ」失敗の翌日、エーザイは同じくバイオジェンと共同開発する別の薬剤「BAN2401」で、後期臨床試験(第3相試験)を始めると発表した。冒頭で内藤社長が成功確度に触れたのがこの薬だ。

同試験は、複数の国や地域から1566人の患者を集める国際共同治験で、18カ月間にわたってプラシーボ(偽薬)と実際の薬との差を調べる。エーザイによると、記憶や判断力など6項目の総合評価で、プラシーボよりも悪化の度合いを25%程度抑制することがクリアの目安となる。

ただ、専門家の間では、国際共同治験で成果を出すことの難しさを指摘する声もある。

香川大学医学部の中村祐教授は「国によって生活習慣や文化が異なることから、ひとつの薬がどれだけ効くかを測定するのは難しい。特に認知症は言葉に関係する病気で、薬の効果を判断する土台が不安定になる」と話す。

ひとつの国だけで治験を行えば結果が出たかもしれない薬でも、「複数の国から症例を集めればバラつきが生じ、その中に薬の効果が埋もれてしまう可能性がある」という。

エーザイは最終治験に「クラリティ」との名前を付けた。患者の脳内のアミロイド蓄積を取り除くことと、認知機能をクリアな状態にすることへの願いを込めた。最終的な試験結果は22年に判明する見込みだ。

ニュース速報

ワールド

英首相に早期辞任圧力、離脱協定案巡り与党内で強い反

MAGAZINE

特集:ニュースを読み解く 哲学超入門

2019-5・28号(5/21発売)

トランプ現象、移民、監視社会、SNS...... AIも解答不能な難問にあの思想家ならこう答える

人気ランキング

  • 1

    日本の正社員の給与の約半分は40~50代前半の社員に支払われている

  • 2

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠写真

  • 3

    日本人の英語が上手くならない理由 『日本人の英語』著者が斬る30年間の変遷

  • 4

    パリで過熱する日本ブーム 300万人が訪れた「ジャポ…

  • 5

    利他の心に立つ稲盛和夫が活用する京都の日本庭園「…

  • 6

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

  • 7

    トランプ大統領の大相撲観戦に前代未聞の備え

  • 8

    京都を愛したデヴィッド・ボウイが涙した正伝寺の日…

  • 9

    ロシア爆撃機がアラスカに接近、米戦闘機がインター…

  • 10

    金正恩「安倍は軍国主義」、日本の会談呼びかけにカ…

  • 1

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の容疑者が再犯 少年法見直しの議論は海外にも 

  • 2

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない「仲間」たち

  • 3

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

  • 4

    アメリカがイランを攻撃できない理由──「イラク侵攻…

  • 5

    ジョンベネ殺害事件で、遂に真犯人が殺害を自供か?

  • 6

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

  • 7

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 8

    元TBSアナ久保田智子:不良だった私が東大に入るまで

  • 9

    トランプの言うことは正しい

  • 10

    日本の正社員の給与の約半分は40~50代前半の社員に…

  • 1

    徴用工問題で日韓が近づく危険な限界点

  • 2

    「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

  • 5

    59歳の人気ランジェリーモデルは5年前まで普通のお母…

  • 6

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 7

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 8

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 9

    金正恩の「最愛の妹」身辺に異変か......「米朝決裂…

  • 10

    10%の食塩水1kg作るのに必要な塩と水は? 大学生が「%…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月