最新記事

東南アジア

超激混みの露天からクーラー付きの個室まで フィリピン、麻薬対策強化が招いた「塀の中の格差社会」

2019年4月11日(木)13時06分
大塚智彦(PanAsiaNews)

折り重なるようにして露天で就寝させられるフィリピン・マニラの受刑者たち Damir Sagolj - REUTERS

<ドゥテルテ大統領が強力に推し進める麻薬対策で、刑務所が囚人であふれかえるフィリピン。塀の中には麻薬はないものの、金がある者は携帯やタバコ、さらにはVIP待遇の個室まで手に入れるという>

フィリピンの刑務所管理局(BJMP)は4月9日にフィリピン警察、フィリピン麻薬取締局、地元マニラ市などと協力して刑務所にいる服役囚の所持品検査で押収した携帯電話やタバコ、手製の武器など多数の不法所持品をブルドーザーで踏みつぶし処分した。10日の地元紙「インクワイアラー」などがその様子を伝えた。

これはマニラ首都圏にある市刑務所で過去1年間に4回にわたって実施した抜き打ち検査で押収した不法所持品を見せしめのため公開処分したもので、携帯電話300台(うちスマートフォン47台)、タバコ600本(ブランド銘柄の箱入り多数)と大量の武器がその対象となった。

武器は木製や金属製で、先端を鋭く加工して殺傷能力を高めたものばかりで、刑務所内の傷害事件などで使われたものとみられている。

同刑務所には約8000人が服役しており、その大半は麻薬関連犯罪者だが、この1年間の抜き打ち検査では麻薬は発見されなかったという。

BJMP関係者などによると、不法所持の携帯電話、タバコなどはいずれも面会に訪れた家族や友人から差し入れられた食品の中に隠されて持ち込まれたものという。なかにはその不法持ち込み品を刑務所職員が取り上げて私的に使用していた例も報告されているという。

これまでは抜き打ち検査で発見、押収した不法所持品はケソン市にあるBJMP本部で処分されていたが、今回からはマニラ市刑務所内で職員が見守るなか、ブルドーザーによってひき潰すデモンストレーションに変更され、メディアにも公開された。

これは「押収品が密かに服役囚に返されたり、リサイクルされて再利用されたり、さらには刑務所職員が服役囚との取引材料にしたりという忌まわしい習慣を断ち切るためである」とBJMPマニラのバスティラ報道官は地元メディアに語った。

こうした発言の背景には、これまでは検査で押収した不法所持品の処分に不透明な部分があり、完全に取り締まることができない実態があったことを示している。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

米経済活動、横ばいから小幅拡大 企業の見通しより悲

ビジネス

情報BOX:パウエル米FRB議長の発言要旨

ビジネス

利上げ幅縮小「12月にも」、最終到達点はやや高く=

ビジネス

FRB、利上げを小刻みに行う時期近づいている=クッ

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:台湾半導体 王国に迫るリスク

2022年12月 6日号(11/29発売)

急成長で世界経済を席巻するTSMC。中国から台湾を守る「シリコンの盾」に黄信号が?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファンの足もと見たカタールにしっぺ返し

  • 2

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明した「犬が本当に考えていること」

  • 3

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...FSB内通者のメールを本誌が入手

  • 4

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 5

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 6

    飛行機の両隣に肥満の2人! 「悪夢の状況」をツイー…

  • 7

    「知性を持っていた?」もし恐竜が絶滅していなかっ…

  • 8

    なぜ環境活動家は一見無関係の名画を標的にするのか…

  • 9

    半導体のモンスター企業TSMC、なぜ台湾で生まれ、世…

  • 10

    自分を「最優先」しろ...メーガン妃、ヘンリー王子へ…

  • 1

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...FSB内通者のメールを本誌が入手

  • 2

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファンの足もと見たカタールにしっぺ返し

  • 3

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は震え、姿勢を保つのに苦労

  • 4

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 5

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明し…

  • 6

    「性的すぎる」広告批判は海外でも...高級ブランドが…

  • 7

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 8

    うつ病とは「心のバッテリー」が上がること...「考え…

  • 9

    「プーチンの犬」メドベージェフ前大統領の転落が止…

  • 10

    父親は「連続殺人鬼」 誰も耳を貸さなかった子供の訴…

  • 1

    セレブたちがハロウィンに見せた本気コスプレ、誰が一番? 「見るに堪えない」「卑猥」と酷評されたのは?

  • 2

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...FSB内通者のメールを本誌が入手

  • 3

    血糖値が正常な人は12%だけ。「砂糖よりハチミツが健康」と思っている人が知るべき糖との付き合い方

  • 4

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 5

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファン…

  • 6

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 7

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 8

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 9

    食後70分以内に散歩、筋トレ、階段の上り下り。血糖…

  • 10

    自分を「最優先」しろ...メーガン妃、ヘンリー王子へ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
CCCメディアハウス求人情報

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年11月
  • 2022年10月
  • 2022年9月
  • 2022年8月
  • 2022年7月
  • 2022年6月