最新記事

動物

絶滅危惧種を保護するためにはネコも駆除せよ!

Cats Should Be Killed to Save Endangered Species, Scientists Say

2019年3月29日(金)14時00分
カシュミラ・ガンダー

外来動物は固有種にとっての脅威(画像は「猫島」として有名な愛媛県・青島の猫たち) Thomas Peter-REUTERS

<世界の島々に絶滅危惧種の動物が生息しているケースは多いが、ネコやイヌ、ネズミなどの外来動物を駆除して絶滅危惧種を守るべきという研究結果が発表された>

世界の島々で野生化したネコやイヌは、彼らがエサにしている生物を絶滅の危機から救うために、駆除する必要がある――と自然保護の研究者たちが主張している。

今週27日、論文掲載サイト「PLOS ONE」で発表された論文の研究チームによると、世界中の169の島からネズミ、マングース、ブタ、ヤギ、ネコ、イヌといった外来動物を根絶すれば、世界の絶滅危惧種の9.4%を保護できる、と言う。

論文によると、世界に46万5000ある島々は地球の陸地の約5.3%にしかならないが、西暦1500年以降に絶滅したことがわかっている鳥類や哺乳類、両生類、爬虫類といった生物の75%の生息地だった。そして現在も、絶滅危惧種の36%がこれらの島々に生息している。

この結論を導き出すために、研究チームはIUCN(国際自然保護連合)のレッドリストで「深刻な危機」または「危機」にある絶滅危惧種としてあげられている1184種の固有種の脊椎動物、そして世界中の1279の島に生息する184の外来の哺乳類のデータを調べた。

そして、外来の哺乳類を減らすことが固有種の保護につながる292の島のリストを作成した。このうち外来動物の駆除を早ければ2020年に開始できる34カ国の107の島が、特に重点ポイントとして選ばれている。

ネズミがウミガメの卵を

メキシコ西方沖のソコロ島では、ネコやネズミを早急に排除して自然環境を回復させれば、野鳥のマネシツグミ、オオセグロミズナギドリや島固有のヤモリを絶滅から救うことができる。

メキシコ西部バハカリフォルニア半島の突端サンホセデルカボ地域では、イヌやヤギ、ネコの駆除で固有種のカンガルーネズミ、ブラシネズミを絶滅から救える。

また南大西洋・英領セントヘレナのゴーフ島では、ネズミの駆除で野鳥のゴーフフィンチ、ゴウワタリアホウドリ、ススイロアホウドリ、ニシキバナアホウドリ、ズキンミズナギドリを救える。

昨年、鳥類の専門誌に掲載された研究でも、南大西洋の島々で巨大なネズミが海鳥の生息地を破壊していることが報告されている。

自然保護団体「アイランド・コンサベーション」のメンバーで研究チームの1人、ニック・ホームズ博士は、「外来哺乳類の駆除は、島の固有種の主要な脅威を取り除いて絶滅から救い、生物多様性を維持するうえで有効な手段だ」とコメントしている。

同団体の調査によれば、仏領ポリネシアのテティアロア島では、ウミガメの卵を外来のネズミが食べてしまうために、ウミガメが絶滅に危機に瀕している。

ニュース速報

ワールド

ベトナムの新型ウイルス感染者、16人全員が回復=保

ビジネス

ドル110円後半、下げ一服も米金利急低下を警戒

ワールド

豪の財政黒字化目標、新型ウイルスの影響で未達も=首

ワールド

米政府、新型ウイルス対策で25億ドルの予算要請

MAGAZINE

特集:上級国民論

2020-2・25号(2/18発売)

特権階級が不当に罪を逃れている── 日本を席巻する疑念と怒りの正体

※次号は2/26(水)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    「部外者」には分かりにくい、日本の見えないマナー違反

  • 2

    国民の命は二の次か? 武漢パンデミックを後追いする日本

  • 3

    感染者2200万人・死者1万人以上 アメリカ、爆発的「インフル猛威」のなぜ

  • 4

    new-style(新型)coronavirus, stay reki(渡航歴)…

  • 5

    新型コロナウイルス、世界各国で感染急拡大 状況ま…

  • 6

    「マスクは今週1億枚を供給、来月には月産6億枚体制へ…

  • 7

    クルーズ船対応に見る日本の組織の問題点──権限とス…

  • 8

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 9

    トランプが韓国映画『パラサイト』アカデミー受賞に…

  • 10

    新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

  • 1

    夜間に発電できる「反ソーラーパネル」が考案される

  • 2

    文在寅を見限った金正恩......「新型コロナ」でも問答無用

  • 3

    「部外者」には分かりにくい、日本の見えないマナー違反

  • 4

    ロイヤルウェディングの招待状がほのめかしていたメ…

  • 5

    スキー・スノボに行かなくなった(行けなくなった)…

  • 6

    感染者2200万人・死者1万人以上 アメリカ、爆発的「イ…

  • 7

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 8

    クルーズ船内「悲惨な状態」 神戸大・岩田健太郎教授、…

  • 9

    新型コロナウイルス、人口2.6億のインドネシアで感染…

  • 10

    新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

  • 1

    「歯肉から毛が生えた」という女性の症例が世界で初めて報告される

  • 2

    一党支配揺るがすか? 「武漢市長の会見」に中国庶民の怒り沸騰

  • 3

    ヒヒにさらわれ子どもにされた子ライオンの悲劇

  • 4

    マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

  • 5

    新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

  • 6

    夜間に発電できる「反ソーラーパネル」が考案される

  • 7

    「武漢はこの世の終末」 チャーター機乗れなかった米…

  • 8

    BTSと共演した韓国人気子役がYouTubeで炎上 虐待さ…

  • 9

    「拷問死したアメリカ人学生」がはばむ文在寅の五輪…

  • 10

    文在寅を見限った金正恩......「新型コロナ」でも問…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月