最新記事

生物

絶滅危惧種が英国の食卓に──国民食フィッシュ&チップスのDNA調査で明らかに

2019年2月4日(月)17時20分
松丸さとみ

絶滅危惧種に指定されているアブラツノザメもフィッシュ&チップス店でみつかった wikipedia-Public Domain

<イギリスで、フィッシュ&チップスなどの小売店で売られていたサメの肉のDNA調査を行なったところ、絶滅危惧種に指定されている種のものが売られていたことが明らかになった>

小売店や卸売店のサメ肉を分析

英国の国民食とも言えるフィッシュ&チップスは、タラなどの白身魚が一般的だ。しかしサメが使用されていることも少なくなく、その際は「Huss」、「Rock Salmon」、「Rock Eel」といった名称が使用されるという。

エクセター大学はこのほど、フィッシュ&チップスなどの小売店で上記の名称で売られていたサメの肉のDNA調査を行なったところ、絶滅危惧種に指定されている種のものが売られていたことが明らかになった。調査結果は、英科学誌「サイエンティフィック・リポーツ」に掲載されている。

エクセター大学の科学者たちは、複数のフィッシュ&チップス店と鮮魚店からサメ肉のサンプル(フィッシュ&チップス店から78点、鮮魚店から39点)を入手し分析した。また、英国内のアジア系レストランやスーパーマーケットに卸している卸業者1軒で扱っていたサメのヒレ10点と、モザンビークからアジアへ輸出される途中で英国の国境管理当局に押収されたサメのヒレ30点についてもそれぞれ分析した。

分析には、種が特定できるDNAバーコーディングという方法を採用したという。

フィッシュ&チップス店のサメはほぼ絶滅危惧種

卸売業者で購入したサメのヒレのDNAを分析したところ、国際自然保護連合(IUCN)から世界的な絶滅危惧種に指定されており、国際取引が規制されているアカシュモクザメ(スカラップド・ハンマーヘッド)が含まれていた。

調査を行なった科学者の1人、グリフィス博士によると、アカシュモクザメの英国への輸入は、厳しい条件があるものの許可はされている。しかしヒレはすぐに体から外され、乾燥され、皮を剥いで漂白した状態で市場に出るため、今回博士らがヒレを入手した卸業者は、それがどの種類のサメのものかは知らずに売っていたという。

一方でフィッシュ&チップス店から収集したサメ肉のDNAを分析した結果、最も多かったのはアブラツノザメだった。IUCNによりヨーロッパで絶滅危惧種、世界的には危急種に指定されているものだ。鮮魚店で売られていたサメ肉の中にもアブラツノザメは含まれていた。

matumaru0204a.jpg

アブラツノザメ wikipedia-Public Domain

ガーディアン紙によると、2011年までは欧州連合(EU)でアブラツノザメの捕獲は禁止されていたが、現在は他の種類の魚を捕獲しようとした際にネットに引っかかってしまったものに関しては、販売が許可されているという。

また米CNNによると、米国やカナダではアブラツノザメの捕獲は許されているため、そこから英国へ入ってくる分もある。

MAGAZINE

特集:世界が尊敬する日本人100

2019-4・30号(4/23発売)

お笑い芸人からノーベル賞学者まで文化の壁を越えて輝くいま注目すべき100人

人気ランキング

  • 1

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が公開される

  • 2

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA論文

  • 3

    5年前、太陽系外の恒星間天体が地球に衝突していた

  • 4

    土星最大の衛星タイタンで深さ100メートル超の湖が発…

  • 5

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 6

    羽生結弦が「最も偉大な男子フィギュア選手」である…

  • 7

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 8

    地球外生命が存在しにくい理由が明らかに――やはり、…

  • 9

    南極の氷河の下に巨大な空洞が発見される

  • 10

    連続爆発テロ:スリランカはなぜ狙われたのか

  • 1

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 2

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 3

    謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

  • 4

    「美人銭湯絵師」の盗作疑惑に見る「虚像」による文…

  • 5

    [動画]クジラがサメの襲撃から人間を救った

  • 6

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 7

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

  • 8

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 9

    「心の専門家」に、ピエール瀧氏を「分析」させるメ…

  • 10

    5年前、太陽系外の恒星間天体が地球に衝突していた

  • 1

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 2

    無残、少女の足の裏に無数の寄生虫!

  • 3

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 4

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

  • 5

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

  • 6

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 7

    謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

  • 8

    「令和」に関して炎上する中国ネット

  • 9

    大坂なおみ選手の二重国籍が認められた!

  • 10

    映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月