最新記事

生物

絶滅危惧種が英国の食卓に──国民食フィッシュ&チップスのDNA調査で明らかに

2019年2月4日(月)17時20分
松丸さとみ

絶滅危惧種に指定されているアブラツノザメもフィッシュ&チップス店でみつかった wikipedia-Public Domain

<イギリスで、フィッシュ&チップスなどの小売店で売られていたサメの肉のDNA調査を行なったところ、絶滅危惧種に指定されている種のものが売られていたことが明らかになった>

小売店や卸売店のサメ肉を分析

英国の国民食とも言えるフィッシュ&チップスは、タラなどの白身魚が一般的だ。しかしサメが使用されていることも少なくなく、その際は「Huss」、「Rock Salmon」、「Rock Eel」といった名称が使用されるという。

エクセター大学はこのほど、フィッシュ&チップスなどの小売店で上記の名称で売られていたサメの肉のDNA調査を行なったところ、絶滅危惧種に指定されている種のものが売られていたことが明らかになった。調査結果は、英科学誌「サイエンティフィック・リポーツ」に掲載されている。

エクセター大学の科学者たちは、複数のフィッシュ&チップス店と鮮魚店からサメ肉のサンプル(フィッシュ&チップス店から78点、鮮魚店から39点)を入手し分析した。また、英国内のアジア系レストランやスーパーマーケットに卸している卸業者1軒で扱っていたサメのヒレ10点と、モザンビークからアジアへ輸出される途中で英国の国境管理当局に押収されたサメのヒレ30点についてもそれぞれ分析した。

分析には、種が特定できるDNAバーコーディングという方法を採用したという。

フィッシュ&チップス店のサメはほぼ絶滅危惧種

卸売業者で購入したサメのヒレのDNAを分析したところ、国際自然保護連合(IUCN)から世界的な絶滅危惧種に指定されており、国際取引が規制されているアカシュモクザメ(スカラップド・ハンマーヘッド)が含まれていた。

調査を行なった科学者の1人、グリフィス博士によると、アカシュモクザメの英国への輸入は、厳しい条件があるものの許可はされている。しかしヒレはすぐに体から外され、乾燥され、皮を剥いで漂白した状態で市場に出るため、今回博士らがヒレを入手した卸業者は、それがどの種類のサメのものかは知らずに売っていたという。

一方でフィッシュ&チップス店から収集したサメ肉のDNAを分析した結果、最も多かったのはアブラツノザメだった。IUCNによりヨーロッパで絶滅危惧種、世界的には危急種に指定されているものだ。鮮魚店で売られていたサメ肉の中にもアブラツノザメは含まれていた。

matumaru0204a.jpg

アブラツノザメ wikipedia-Public Domain

ガーディアン紙によると、2011年までは欧州連合(EU)でアブラツノザメの捕獲は禁止されていたが、現在は他の種類の魚を捕獲しようとした際にネットに引っかかってしまったものに関しては、販売が許可されているという。

また米CNNによると、米国やカナダではアブラツノザメの捕獲は許されているため、そこから英国へ入ってくる分もある。

MAGAZINE

特集:沖縄ラプソディ

2019-2・26号(2/19発売)

報道が過熱するほど見えなくなる沖縄のリアル 迫る県民投票を前にこの島を生きる人々の息遣いを聞く

人気ランキング

  • 1

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 2

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

  • 3

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになったおぞましい新事実

  • 4

    数百万人の「中年フリーター」が生活保護制度を破綻…

  • 5

    JKビジネスを天国と呼ぶ「売春」女子高生たちの生の声

  • 6

    アマゾン、2年連続税金ゼロのからくり

  • 7

    体重600キロ、体長4.4mの巨大ワニが女性殺害 イン…

  • 8

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してし…

  • 9

    悪臭で飛行機を降ろされた男性、体組織が壊死する感…

  • 10

    アップルの税逃れ拠点、アイルランドの奇妙な二重生活

  • 1

    13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」驚異の運動神経をNFL選手も絶賛

  • 2

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してしまった女性にネットが炎上

  • 3

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーンの妻たち

  • 4

    ホッキョクグマ50頭が村を襲撃、非常事態を発令

  • 5

    シロクマに包囲され逃げられないロシア観測隊、番犬…

  • 6

    「制服」少女たちが受ける不快すぎる性的嫌がらせ

  • 7

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 8

    炎上はボヘミアン・ラプソディからダンボまで 韓国…

  • 9

    女性に挨拶もできやしない!? でもやっぱり「職場で…

  • 10

    貧困家庭の女子が人生を見限る「自己選抜」......「…

  • 1

    13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」驚異の運動神経をNFL選手も絶賛

  • 2

    ホッキョクグマ50頭が村を襲撃、非常事態を発令

  • 3

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してしまった女性にネットが炎上

  • 4

    インドネシアの老呪術師が少女を15年間監禁 性的虐…

  • 5

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 6

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

  • 7

    エロチックなR&Bの女神が降臨 ドーン・リチャードの…

  • 8

    口に入れたおしゃぶりをテープで固定された赤ちゃん

  • 9

    恋人たちのハグ厳禁! インドネシア・アチェ州、公…

  • 10

    シロクマに包囲され逃げられないロシア観測隊、番犬…

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月