最新記事

腸内細菌

腸内フローラをAIで解析して実年齢を推定──老化や病気の予測に活用できるかも

2019年2月8日(金)14時30分
島田祥輔

4歳以内の誤差で的中できた

今回、「腸内フローラから実年齢を予測できた」と発表したのは、AIを活用して創薬や老化研究に取り組む米国企業「InSilico Medicine社」を中心とするグループだ(Science / News)。

グループは、健常者と何らかの病気の人の腸内フローラを比べた過去の研究データ10個を利用した。これらのデータベースは、他の研究グループが過去に別の研究で作成したものであり、個人が匿名化された上で自由に再利用できる。「オープンデータ」と呼ばれているものだ。

腸内フローラのデータはオーストリア、中国、デンマーク、フランス、ドイツ、カザフスタン、スペイン、スウェーデン、アメリカに住む20〜90歳の健常者1165名から集められた。

データのうち90%を、AIの一手法であるディープラーニングで解析したところ、最終的に39種類の細菌が年齢予測に重要であることがわかった。

そして、ここで得られたアルゴリズムを使って残り10%の腸内フローラデータから年齢を予測させたところ、4歳以内の誤差で的中できたという。

年齢ではなく地域を予測しているのでは、という指摘も

個人レベルでの予測としてはかなり高い精度だが、この発表は学術雑誌に掲載される前の段階のものなので、これから専門家によるチェック(査読)などを受ける中で何らかの指摘があるかもしれない。

すでにウェブサイトでは、専門家同士がコメントをしている。例えば、中国のデータベースには若年層の登録が多く、ヨーロッパのデータベースには高齢層の登録が多ければ、腸内フローラの予測は年齢ではなく地域の違いを反映しているのではないか、という指摘がある。これは、オープンデータを活用する研究では常につきまとう課題だ。

とはいえ、これを機に腸内フローラからの年齢予測、そして腸内フローラから見る老化の研究がさらに進むことを期待しよう。

ニュース速報

ワールド

新型肺炎、中国が「人から人」へ感染確認 世界で患者

ワールド

バンカメ、20年原油価格見通し上げ 需要増や協調減

ワールド

香港格付け「Aa3」に引き下げ、見通し「安定的」=

ワールド

イラン外相、国連で制裁議論なら「NPT脱退」 他の

MAGAZINE

特集:CIAが読み解くイラン危機

2020-1・28号(1/21発売)

40年にわたる対立の起源はどこにあるのか── 元CIA工作員が歴史と戦略の視点から分析

人気ランキング

  • 1

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 2

    英王室に爆弾を放り込んだスーパーセレブ活動家メーガン妃の野心

  • 3

    TWICEリーダー、ジヒョの発言で炎上した「웅앵웅」とは? 韓国に広がる男女間ヘイトの炎

  • 4

    世界の富裕層上位2100人が最貧困層46億人より多くの…

  • 5

    ヘンリー王子「王室引退」への不満と同情と

  • 6

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内…

  • 7

    ヘンリー王子夫妻「王室離脱」でエリザベス女王にい…

  • 8

    ヘンリー王子との結婚「考えが甘かった」と重圧を語…

  • 9

    ヒトの老化は、34歳、60歳、78歳で急激に進むことが…

  • 10

    ゴーン「逮捕翌日、フランス大使から日産の陰謀を知…

  • 1

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 2

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内実は

  • 3

    韓国・文在寅政権──モンスターになってしまったモンスターハンターたち

  • 4

    英王室に爆弾を放り込んだスーパーセレブ活動家メー…

  • 5

    年始から「不快感」の応酬......文在寅vsアメリカは…

  • 6

    野生のコヨーテ3匹を猫が撃退! 「クレイジーキャッ…

  • 7

    オーストラリア森林火災、「ウォンバットが野生動物…

  • 8

    日本も見習え──台湾はいかにポピュリズムを撃退したか

  • 9

    イラン、「アメリカに死を」が「独裁者に死を」へ 旅客機…

  • 10

    韓国でトゥレット障がい者のユーチューバー、「演技…

  • 1

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 2

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 3

    韓国、長引く不況を「ノージャパン運動」が覆い隠す

  • 4

    韓国の自動車が危ない?

  • 5

    複数の海外メディアが行くべき旅行先として日本をセ…

  • 6

    トランプが52カ所攻撃するなら、イランは300カ所攻撃…

  • 7

    イラン軍司令官を殺しておいて本当の理由を説明しよ…

  • 8

    ヒトの老化は、34歳、60歳、78歳で急激に進むことが…

  • 9

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内…

  • 10

    最恐テロリストのソレイマニを「イランの英雄」と報…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
「STAR WARS」ポスタープレゼント
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月