最新記事

雇用

失業率とシンクロする自殺率の推移

2019年1月9日(水)16時40分
舞田敏彦(教育社会学者)

AIの台頭により人間の雇用が脅かされる事態も考えられる YingYang/iStock.

<戦後日本の失業率と自殺率の推移を見てみると、両方の数値には強い相関関係がある。失業率が1%上昇することで国民が受ける「痛み」は決して小さくない>

フランスの社会学者、オーギュスト・コントは「予見せんがために見る(voir pour prevoir)」と言った。過去のトレンドから未来を予測するのは、データ分析の重要な仕事だ。

歴史を振り返ると、社会の経済動向と自殺は強く相関している。不況期では自殺率は上がり、好況期はその反対だ。完全失業率と自殺率の時系列カーブを描くと、両者は恐ろしいほど同調している。失業率が上がれば自殺率も上がる。こうした共変関係がクリアーだ。

あらゆる財やサービスが貨幣を通じて交換される社会では、失業によって収入源は断たれることは大きな痛手となる。生活苦に陥り、最悪の場合、自らを殺めることにもつながりかねない。影響は当人にとどまらない。稼ぎ手が失業状態にあることは、当人に扶養されている家族の生活も脅かす。

失業率とは、働く意欲のある労働力人口のうち、職につけていない者(完全失業者)の割合をいう。総務省の『労働力調査』に計算済みの数値が出ている。自殺率は人口10万人あたりの自殺者数で、厚労省の『人口動態統計』から長期推移を知ることができる。<図1>は、両者の長期推移のグラフだ。データが得られる1953~2017年のカーブが描かれている。

maita190109-chart01.jpg

一見して分かるとおり、失業率と自殺率のカーブは形状がよく似ている。高度経済成長期に下がり、低成長期に上がり、バブル期に下がり、90年代以降の不況期に上がり、最近の好況期では下がっている。相関係数(+1に近ければ近いほど強い相関がある)は+0.7024にもなる。

この65年間の経験的事実(データ)をもとに、失業率(X)と自殺率(Y)の関連を定式化してみる。多項式にすれば精度はやや上がるが、話を分かりやすくするために単純な一次式を用いる。

■Y=1.949X+14.345

この式の係数から、失業率(X)が1%上がると、自殺率(Y)は1.949上がると推計できる。人口を1億2000万人と仮定すると、実数でみて年間の自殺者が2339人増える計算になる。2017年の労働力人口は約6720万人なので、このうちの1%、つまり67万人の雇用がなくなると2339人の自殺者が出る恐れがあるということになる。

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

加クシュタール、仏政府次第ではカルフール買収再提案

ワールド

ブラジル全土でワクチン接種開始、原料輸入遅延で見通

ビジネス

イエレン氏、追加経済対策で「大きな行動」と表明へ 

ビジネス

NY州知事、ファイザーCEOにコロナワクチン直接購

MAGAZINE

特集:バイデン vs 中国

2021年1月26日号(1/19発売)

トランプよりむしろ手ごわい相手? 新・米大統領が習近平の強敵になる可能性

人気ランキング

  • 1

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したきっかけは...

  • 2

    米大統領就任式を前に州兵の戦闘用車両「ハンビー」が盗難

  • 3

    州兵たちの仕事は「愛国」を叫ぶ同胞たちから議事堂を守ること

  • 4

    入院できないコロナ自宅療養者が急増 重症化を察知…

  • 5

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

  • 6

    議会突入の「戦犯」は誰なのか? トランプと一族、…

  • 7

    米司法省、議会襲撃めぐり地方政府当局者を逮捕 大統…

  • 8

    七五三にしか見えない日本の成人式を嘆く

  • 9

    菅首相、1分に1回以上口にする「ある口癖」 言葉が心に…

  • 10

    米国務長官「武漢研究所の複数の研究員がコロナとも…

  • 1

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 2

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器不全、血液中でキノコが育っていた

  • 3

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(英規制当局)

  • 4

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

  • 5

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

  • 6

    「生意気な青二才」「お前が言うな」批判も浴びた金…

  • 7

    七五三にしか見えない日本の成人式を嘆く

  • 8

    トランプのSNSアカウント停止に、アメリカ国内で異論…

  • 9

    「再選を阻止せよ」浜田宏一・安倍政権元内閣参与が…

  • 10

    議会乱入の暴徒が叫んでいた「ハング・ペンス(ペン…

  • 1

    「小さな幽霊」不法出稼ぎタイ人、韓国で数百人が死亡 

  • 2

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 3

    脳に侵入する「殺人アメーバ」が地球温暖化により北上しているおそれ

  • 4

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

  • 5

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 6

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 7

    北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

  • 8

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

  • 9

    米政権交代で「慰安婦合意」の再来を恐れる韓国

  • 10

    ジャック・マーは中国当局に「消された」のか? 中…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

2021年 最新 証券会社ランキング 投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月