最新記事

日本の宇宙開発

日本の次世代ロケット「H3」の打ち上げを支える新型車両が公開された

2018年12月10日(月)19時30分
鳥嶋真也

報道公開された「H3ロケット用新型ML運搬台車」。H3ロケットを大型ロケット組立棟から射座へ運ぶために使う(筆者撮影)

三菱重工と宇宙航空研究開発機構(JAXA)、日本車輌製造は2018年12月5日、日本車輌製造の衣浦製作所(愛知県半田市)において、次期大型基幹ロケット「H3」を運ぶための運搬台車を報道公開した。

「ドーリー」という愛称でも呼ばれるこの台車は、ロケットを発射台ごと持ち上げ、ロケットを組み立てる建物から発射場所まで運ぶ"縁の下の力持ち"。台車はこのあと種子島宇宙センターへ送り、試験などを行ったのち、2020年度に予定しているH3の初打ち上げから運用を行う。

H3ロケット用新型ML運搬台車とは

「H3ロケット用新型ML運搬台車」と呼ばれるこの台車は、H3ロケットを載せた移動発射台(ML)を、種子島宇宙センターの大型ロケット組立棟(VAB、ロケットを組み立てる建物)から、射座(発射場所)まで運ぶ役割をもつ。

ロケットの発射台というと、地面にしっかり固定されたものというイメージがあるかもしれない。実際、他国ではそうした仕組みのもあるが、日本の主力大型ロケットであるH-IIA、H-IIB、そして開発中の次世代ロケットH3では、発射する場所が複数あることや、敷地の制約などの都合もあり、移動式の発射台を採用している。

また移動式の場合でも、他国では鉄道で運ぶものが多いが、日本では専用の台車を使って運ぶ方式が採られている。

現在運用中のH-IIAロケット、H-IIBロケットで使われている台車は、製造から20年が経過することなどから、H3ロケットの開発に合わせ、台車も新規開発を決定。JAXAの要求に基づき、三菱重工が詳細仕様を決め、日本車輌製造が設計や開発、製造を行った。

1台あたりの全長は約25m、高さ・幅は約3m。台車は2台が1組となって並走してH3ロケットを運び、積載能力は1460トンにもなる。最高速度は約2km/hで、VABから射座までの約500mの距離を、約30分かけて運ぶ。

space1210b.jpg

H3が打ち上げられる種子島宇宙センターの大型ロケット発射場。台車はH3ロケットが載った発射台を、左の大きな建物(VAB)から、中央やや右にある鉄塔の部分(第2射点)まで運ぶ(筆者撮影)

タイヤの数は合計56本にもなり、まるでムカデのような姿かたちをしている。タイヤは2台1組で、それぞれにステアリング機構があり、車体の前後でハの字にして旋回したり、さらにすべて同じ向きにして斜めに走行したり、カニのように横移動したりと、自由自在に走行することができる。

関連ワード

ニュース速報

ワールド

米ファイザー、米当局に新型コロナワクチン正式承認を

ビジネス

アマゾン、インドでプライムデー開催見合わせ 深刻な

ワールド

アストラゼネカ、米でコロナワクチンの全面的な承認申

ワールド

ワクチン特許権放棄、EUは効果に懐疑的 具体案議論

MAGAZINE

特集:韓国ドラマ&映画 50

2021年4月27日/2021年5月11日号(5/ 4発売)

韓国を飛び出し、世界で支持を広げ続ける「進撃の韓流」── いま見るべき映画&ドラマ50作を厳選して紹介

人気ランキング

  • 1

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 2

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇太子に賛否...「彼女に失礼」「ごく普通」

  • 3

    かわいい赤ちゃんの「怖すぎる」声に、両親もスタジオも爆笑

  • 4

    パリス・ヒルトン、ネットで有名なセクシー「パーテ…

  • 5

    話題の脂肪燃焼トレーニング「HIIT(ヒット)」は、心…

  • 6

    プロポーズを断っただけなのに...あまりに理不尽に殺…

  • 7

    はるな愛「私のとっておき韓国映画5本」 演技に引き…

  • 8

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 9

    「心をえぐられた」「人生で一番泣いた」...ハリー杉…

  • 10

    コロナとさえ戦わない絶望の国ニッポン

  • 1

    メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツッコミ 「赤ちゃん大丈夫?」「あり得ない」

  • 2

    「お金が貯まらない家庭の玄関先でよく見かける」1億円貯まる人は置かない『あるもの』とは

  • 3

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 4

    親日家女性の痛ましすぎる死──「日本は安全な国だと…

  • 5

    ヘンリー王子、イギリス帰国で心境に変化...メーガン…

  • 6

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇…

  • 7

    韓国、学生は原発処理水放出に断髪で抗議、専門機関…

  • 8

    ビットコインバブルは2021年ほぼ間違いなく崩壊する

  • 9

    知らない女が毎日家にやってくる──「介護される側」…

  • 10

    脳の2割を失い女王に昇格 インドクワガタアリの驚く…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
「韓国ドラマ&映画50」SNSキャンペーン 売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年5月
  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月