最新記事

インドネシア

邦人4人に禁固刑判決のインドネシア 金採掘場を視察だけで実刑の特殊事情とは?

2018年12月16日(日)19時35分
大塚智彦(PanAsiaNews)

世界最大級の金鉱山を抱えるパプアの採掘現場 KOMPAS TV / YouTube

<違法に金採掘現場を視察していただけで実刑判決を受けた日本人。そこにはパプアという土地の抱える問題があった──>

インドネシアの東端、ニューギニア島の西半分に位置するパプア州のナビレ県にあるナビレ地裁は12月12日、金の採掘現場を違法に視察したとして出入国管理法違反(資格外活動)の罪で6月以来身柄を拘束していた日本人男性4人に対し、禁固5カ月15日と罰金1000万ルピア(約7万7000円)の実刑判決を言い渡した。

4人は東京の会社社長などいずれも50歳代で6月11日にナビレ県ラガリにある金の採掘現場を視察していたところ、入管職員に身柄を拘束された。4人の日本人のうち2人はインドネシアでの就労許可と暫定滞在許可を取得していたが、他の2人は就労が禁止されている到着ビザだけだった。

到着ビザだけの2人に加えて就労、暫定滞在の許可を得ていた2人についても入管当局は「就労許可」にパプア州が明記されていないとしていずれも同州での労働は「資格外活動」に当たるとして、身柄を拘束し、起訴していた。

4人はいずれも「指摘されるような就労はしていない」として一貫して無罪を主張してきたものの、主張は退けられ有罪判決となった。判決にこれまでの未決拘留期間が含まれるのかどうか現時点では判然としていないとされ、この点などを確認して12月28日までに4人は控訴するかどうかを判断するという。

外国人の摘発相次ぐパプア州

現地移民局関係者などによると、パプア州ナビレ県などに点在する金の採掘現場や鉱山に外国人が多く視察に訪問しているとか、労働者として働いているとの情報が寄せられ、集中的に取り締まり捜査をしていたところ、視察に訪れた日本人をみつけ、拘束したという。

このほかに同様の容疑でこの日本人4人を含む外国人37人が拘束され、この中には中国人16人、韓国人1人が含まれているという。

中国人、韓国人の拘留者も同じ12日に裁判でほぼ同様の実刑判決を受けたとされ、外国人には「強制退去」ではなく、起訴して正式裁判に持ち込み、有罪判決にするという厳しい対応でインドネシア側が臨んでいることが裏付けられた。

パプア州は1998年に崩壊したスハルト長期独裁政権下では西端のアチェ州、2002年に独立を果たした東ティモールと並んで国軍による「軍事作戦地域(DOM)」に指定されていた。理由は独立を求める武装組織による治安部隊との戦闘、衝突が頻発していたためで、海外のマスコミも立ち入りが厳しく制限されていた。

民主化が実現してDOMが解除されたものの、パプア州では依然として独立組織「自由パプア運動(OPM)」の活動が続いている。

12月2日にはパプア州ンドゥガ県の橋梁工事で働く労働者がOPMの一派とみられる武装集団の襲撃を受けて19人が殺害される事件も起きている(「インドネシア、独立目指す武装集団が労働者19人殺害 国軍と銃撃戦も」参照)。

MAGAZINE

特集:日本と韓国 悪いのはどちらか

2019-9・24号(9/18発売)

終わりなき争いを続ける日本と韓国── 泥沼の関係に陥った本当の原因と「出口」を考える

人気ランキング

  • 1

    コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があることが発見される

  • 2

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 3

    サウジのムハンマド皇太子、韓国に防空システム構築支援を要請

  • 4

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを…

  • 5

    【速報】韓国の文在寅大統領、支持率が過去最低を記録

  • 6

    米軍戦闘機が撮ったUFO映像「本物」と米海軍が認める

  • 7

    北朝鮮船がロシアの国境警備艇を攻撃、日本海で多発…

  • 8

    【韓国政治データ】文在寅大統領の支持率推移(2019…

  • 9

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 10

    ドイツはプライバシー保護を徹底 京アニ犠牲者の実…

  • 1

    コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があることが発見される

  • 2

    サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

  • 3

    韓国航空会社の受難......ウォン安、原油高騰に「ボイコットジャパン」が追い打ち

  • 4

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

  • 5

    【韓国政治データ】文在寅大統領の職業別支持率(201…

  • 6

    嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

  • 7

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを…

  • 8

    韓国のインスタントラーメン消費は世界一、その日本…

  • 9

    サウジのムハンマド皇太子、韓国に防空システム構築…

  • 10

    9.11救助犬の英雄たちを忘れない

  • 1

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 2

    嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

  • 3

    日本はもはや後進国であると認める勇気を持とう

  • 4

    ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さ…

  • 5

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 6

    コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があること…

  • 7

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 8

    サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

  • 9

    「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる…

  • 10

    韓国で脱北者母子が餓死、文在寅政権に厳しい批判が

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月