最新記事

東南アジア

インドネシア、独立目指す武装集団が労働者19人殺害 国軍と銃撃戦も

2018年12月6日(木)17時47分
大塚智彦(PanAsiaNews)

武装集団の犠牲となった労働者たちのため棺が用意された Antara / REUTERS

<来年春に行われる大統領選を控えて、政治に関する動きが目立つインドネシア。パプア州では独立派によるテロが続いている>

インドネシア最東端、ニューギニア島の西半分を占めるインドネシア領パプア州の山間部で12月2日、橋梁の建設工事にたずさわっていた労働者が正体不明の武装集団に襲撃され、労働者19人が殺害される事件が起きた。

事態を重視したジョコ・ウィドド大統領は国軍・警察に治安回復を指示するとともに国軍部隊を現地に急派、ハディ国軍司令官も12月5日に現地に到着するなど治安回復と武装集団の捜査を本格化している。

事件を起こした武装集団についてインドネシアの報道機関はパプア州の独立を求める武装組織「自由パプア(OPM)」の犯行であるとの見方を強めていたが、12月6日に「西パプア解放軍」を名乗るグループが犯行声明を出した。OPMとこのグループの関係は現時点では明らかになっていない。

政府は襲撃事件を受けて犯行は「武装犯罪組織」によって行われ、使用された武器は国軍から盗まれたものとして「独立運動」や「独立運動組織」などという言葉を意識的に避けており、あくまで犯罪として対処する姿勢を強調していた。

12月2日、パプア州ンドゥガ県イギ郡にあるイギ川、アウラク川で行われていたパプア縦断道路の橋梁工事現場に突然武装集団が現れ、そこで働く労働者を差別発砲し、スラウェシ島マカッサル出身の労働者など19人が殺害された。負傷者や死んだふりをして難を逃れた生存者も数人いるという。

さらに12月3日午前には襲撃があった橋梁工事現場から約10キロ離れた国軍の警備所付近でやはり正体不明の武装集団による発砲があり、銃撃戦となった。この襲撃で兵士1人が死亡、1人が負傷したという。

武装集団はその後山間部などに逃走しており、国軍と警察は部隊を現地に急派して、行方を捜索するとともに付近の警戒を強化しているが、これまでのところ武装集団の発見、確保には至っていない。

MAGAZINE

特集:香港の出口

2019-8・27号(8/20発売)

拡大する香港デモは第2の天安門事件に? 中国「軍事介入」の可能性とリスク

人気ランキング

  • 1

    「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる韓国でベテラン俳優が問題提起

  • 2

    「この国は嘘つきの天国」韓国ベストセラー本の刺激的な中身

  • 3

    韓国金融当局、独10年債利回り連動デリバティブを調査 莫大な損失の恐れ

  • 4

    韓国で広がる東京五輪不参加を求める声、それを牽制…

  • 5

    韓国・8月15日、文在寅大統領の退陣要求集会には、安…

  • 6

    日本の重要性を見失った韓国

  • 7

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

  • 8

    過熱する韓国キッズ・ユーチューバー ベンツ運転から…

  • 9

    韓国、外貨準備に対する対外債務が高水準に 金融収支…

  • 10

    香港デモと中国の対立が台湾に飛び火、三つ巴の緊張…

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    韓国・8月15日、文在寅大統領の退陣要求集会には、安倍政権批判集会以上が参加か

  • 3

    「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる韓国でベテラン俳優が問題提起

  • 4

    日本の重要性を見失った韓国

  • 5

    世界が発想に驚いた日本の「ロボット尻尾」、使い道…

  • 6

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

  • 7

    韓国金融当局、独10年債利回り連動デリバティブを調査…

  • 8

    日韓対立の影響は?韓国経済に打撃大きく、日本経済…

  • 9

    韓国人はなぜデモがそんなに好きなのか

  • 10

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    日本の重要性を見失った韓国

  • 3

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 4

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 5

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

  • 6

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

  • 7

    「韓国の反論は誤解だらけ」

  • 8

    韓国・8月15日、文在寅大統領の退陣要求集会には、安…

  • 9

    デーブ・スペクター「吉本」「日本の芸能事務所」「…

  • 10

    「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月