最新記事

宇宙探査

NASAの探査機「インサイト」が火星着陸:火星の内部はどうなっているのか

2018年11月30日(金)16時30分
鳥嶋真也

インサイトの想像図 (C) NASA/JPL-Caltech

<NASAの探査機「インサイト」が火星への着陸に成功した。インサイトは火星の内部を探査し、人類を火星に送り込むために必要な、重要な科学的成果をもたらすと期待されている>

米国航空宇宙局(NASA)の火星探査機「インサイト」が、2018年11月27日、火星への着陸に成功した(参考)。インサイトは火星の内部を探査し、火星が、また地球や月のような岩石をもつ天体の、誕生と進化の歴史を解明することを目指している。

火星の内部構造に重点を置いた探査を行う初のミッション「インサイト」

インサイト(InSight)は、NASAがフランスやドイツの宇宙機関などと共同開発した探査機である。

今年5月に打ち上げられ、約7か月間、約4億8000万kmの旅を経て、火星の赤道付近にある「エリシウム平原(Elysium Planitia)」と呼ばれる広大な平原に着陸した。活動期間は約1年の予定で、これは火星の時間では約2年に相当する。

着陸成功に際して、NASAのジム・ブライデンスタイン長官は「今日、私たちは人類の歴史の中で、8回目の火星着陸に成功しました。インサイトは火星の内部を探査し、人類を火星に送り込むために必要な、重要な科学的成果をもたらしてくれるでしょう」と関係者を讃えた。

インサイトは、火星の内部構造に重点を置いた探査を行う初のミッションである。

火星がどのように誕生し、これまで進化してきたかはまだわかっていない。それを調べるには、火星の地下について知る必要があるが、じつは火星の地下がどうなっているかもまだはっきりとはわかっていない。

そこでインサイトは、地震計や温度計、そして火星が自転軸に対してわずかにふらつく「極運動」と呼ばれる現象を検知できる装置が搭載されている。

たとえば地震計は、火星でも地震が起きているかどうかといったことから、その頻度や規模、分布などを調べることができる。さらに地震の波が内部でどう変化するかを見ることで、火星内部の地殻やコア(核)などがどのような物質でできているかがわかる。

温度計は、火星の内部で熱がどのような具合いになっているのか、深さなどによってどのように変化しているのかといったことがわかる。そこに地震計のデータを組み合わせると、内部のどの物質から、どのくらい熱が生成されているかということもわかる。

そして極運動を調べることは、極運動そのものの動きを知るだけでなく、そこからコアの大きさや密度を推定することができる。

その成果は、火星のみならず、地球や月といった、火星と同じように岩石でできた惑星と比較することで、似ている点や違う点、あるいは違いがなぜ生まれたのかといった研究にも役立つ。さらに、太陽系の外にある系外惑星の研究にもつながる。

NASAの科学ミッションの責任者を務めるThomas Zurbuchen氏は「インサイトは火星だけでなく、地球と月のような他の岩石惑星や、他の恒星のまわりを回る何千もの系外惑星の形成についての理解も深めることになるでしょう」と期待を語る。

torishima1130a.jpg火星に着陸した「インサイト」から見た風景 (C) NASA/JPL-Caltech

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

米雇用喪失、新型コロナ対策に起因=SF連銀総裁

ビジネス

米ISM非製造業指数、3月は3年7カ月ぶり低水準 

ワールド

コロナ感染抑制にマスク着用推奨、対人距離も必要=米

ワールド

米政府、国内企業に石油政策指示できず 協調減産巡り

MAGAZINE

特集:コロナ危機後の世界経済

2020-4・ 7号(3/31発売)

感染拡大で経済先進国の序列と秩序はこう変わる── コロナ後の「ニュー・エコノミー」を識者が徹底解説

人気ランキング

  • 1

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけでなく、生命維持に必要なのだ」大規模支援

  • 2

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロナウイルス拡大防止に

  • 3

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 4

    「緊急事態宣言、4月1日に出すという事実ない」 菅官…

  • 5

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を…

  • 6

    ブラジル大統領ロックダウンを拒否「どうせ誰もがい…

  • 7

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 8

    新型コロナ、若者ばかりが責められて「中高年」の問…

  • 9

    コロナ禍のアメリカでひよこがバカ売れ

  • 10

    韓国激震 常軌を逸した極悪わいせつ動画SNS「N番ル…

  • 1

    一斉休校でわかった日本人のレベルの低さ

  • 2

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 3

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけでなく、生命維持に必要なのだ」大規模支援

  • 4

    韓国はなぜ日本の入国制限に猛反発したのか

  • 5

    フランスから見ると驚愕の域、日本の鉄道のあり得な…

  • 6

    新型コロナショック対策:消費税減税も現金給付も100…

  • 7

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロ…

  • 8

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 9

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 10

    やっぱり日本は終わりだ

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月