最新記事

ペット

関節炎にかかるスコ猫、呼吸できないパグ......英国獣医師たちからのお願い

2018年10月30日(火)17時45分
松丸さとみ

愛らしさよりも健康で選んで! Leonhard Foeger-REUTERS

<スコティッシュフォールドやパグなど、かわいらしい外見が意図的に作り出された「デザイナー・ペット」の健康上の問題から、イギリスで規制が検討されている>

たれ耳や潰れた顔、意図的に作り出した「デザイナー・ペット」の悲劇

「ペットの極端な個性ばかり追いかけないで......」──英国獣医師会(BVA)はこのほど、こんな声明を発表した。

「極端な個性」というのは、例えば猫のスコティッシュフォールドのたれ耳や犬のパグのように潰れた顔などだ。こうしたかわいらしい外見は、意図的に作り出したものであることが多く、そのため「デザイナー・ペット」などと呼ばれている。

そしてかわいい外見には、健康上の問題が伴う。例えばスコティッシュフォールドは、骨軟骨異形成症を患うことが多い。動物福祉に向けた英国の学会「動物福祉大学連盟」(UFAW)は、耳が折れたすべての猫は骨軟骨異形成症を発症させるとしている。つまり、スコティッシュフォールドのあのかわいい折れた耳は、軟骨を正常に形成できないのが原因なのだが、これは後に関節炎を発症させることになるというのだ。

またパグも、短頭種気道閉塞症候群(BAOS)を始め複数の病気にかかりやすいことが指摘されている。BAOSは、パグのような潰れた顔をした犬によくみられる病気で、頭蓋骨が短いため呼吸が難しく、慢性的な呼吸困難や不快感に悩まされることになる。

セレブの影響でデザイナーペット人気に

BVAのサイモン・ドハーティ会長は声明の中で、ここ数年ほど、パグのような顔がつぶれた犬種が英国で爆発的な人気になっていると説明している。有名人のペットとして注目を浴びたり、ソーシャルメディアで話題になったりしているのがきっかけだ。

スコッツマン紙は一方、スコティッシュフォールドも、テイラー・スウィフトやエド・シーランなどの人気歌手が自分の飼い猫をインスタグラムによく投稿していることもあり、人気を集めているとしている。

◎テイラー・スウィフトのインスタグラム投稿
https://www.instagram.com/p/BphPK0qF7_a


View this post on Instagram

Happy National Cat Day to you and your highly sophisticated creatures. Boop.

Taylor Swiftさん(@taylorswift)がシェアした投稿 -


BVAのドハーティ会長はまた、ミニチュア・ホースやうさぎのイングリッシュ・ロップ、顔がつぶれたペルシャ猫といったタイプのペットがインターネット上で人気になっていることにも触れている。このようなペットは健康上の深刻な問題が伴うのだが、消費者がこうした問題を知らずに「かわいいから」という理由だけで買い求めてしまうのではないかとの懸念をドハーティ会長は示している。

例えば耳が大きく垂れたうさぎ、イングリッシュ・ロップは非常にかわいらしい外見をしているのだが、前述のUFAWによると、「異常に長い耳のせいで敏捷性や動きが制限される」上、耳を引きずることから外傷や汚れ、感染、凍傷を引き起こす可能性があり、そのためうさぎは著しい不快感や痛みを慢性的に感じてしまう可能性があるという。

関連ワード

ニュース速報

ワールド

訂正(16日配信記事)五輪提言、大きな方向性まとま

ビジネス

米国株式市場=下落、FRB当局者が23年利上げ想定

ワールド

米ロ首脳、戦略的安定に向けた対話で合意 人権・サイ

ビジネス

NY外為市場=ドル上昇し6週ぶり高値、FRBのタカ

MAGAZINE

特集:ルポ 武漢研究所のウソ

2021年6月22日号(6/15発売)

新型コロナウイルスの発生源と疑われる中国の研究機関は危険な感染実験を繰り返していた

人気ランキング

  • 1

    中国の原発で放射線漏れの疑い チェルノブイリを彷彿とさせる透明性の欠如

  • 2

    コロナ研究所流出説を裏付けるコウモリ動画

  • 3

    将来の理数系能力を左右する「幼児期に習得させたい」5つのスキル

  • 4

    カメラや望遠鏡が、紙のように薄くなる?光学素子が…

  • 5

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 6

    新型コロナが重症化してしまう人に不足していた「ビタ…

  • 7

    インド型変異株(デルタ株)は従来株と症状が違うの…

  • 8

    「研究所流出説」を甦らせた素人ネット調査団、新型…

  • 9

    病院がICUを放棄? 無人の部屋に死体のみ、訪ねた親…

  • 10

    無計画な植林が環境を破壊している 侵略種化や8割衰…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウンゴールで五輪に失敗した」

  • 3

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 4

    EVシフトの盲点とは? トヨタが「水素車」に固執す…

  • 5

    中国の原発で放射線漏れの疑い チェルノブイリを彷…

  • 6

    将来の理数系能力を左右する「幼児期に習得させたい…

  • 7

    病院がICUを放棄? 無人の部屋に死体のみ、訪ねた親…

  • 8

    ノーベル賞を受賞した科学者の私が、人生で後悔して…

  • 9

    歴史に置き去られた世界の廃墟たち...不気味で美しき…

  • 10

    コロナ研究所流出説を裏付けるコウモリ動画

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

  • 3

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 4

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 5

    東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

  • 6

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

  • 7

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 8

    【ファクトチェック】肛門PCR検査は中国で義務付けら…

  • 9

    ファイザーのワクチンで激しい副反応を経験した看護…

  • 10

    EVシフトの盲点とは? トヨタが「水素車」に固執す…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年6月
  • 2021年5月
  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月