最新記事

サイエンス

プレー中の「うなり声」には効果あり

Grunt Work

2018年10月6日(土)15時40分
メリッサ・マシューズ

試合中の奇声で批判されることも多いテニスのセリーナ・ウィリアムズ USA TODAY Sports-REUTERS

<ジムでのトレーニング中や試合中の奇声は周りには迷惑だが、パワーを増やし相手の集中力もそぐことが実験で判明>

トレーニング中にそんな声を出す必要がある?――スポーツジムで隣の人にそう言いたくなった経験がある人は多いだろう。ところが最近の研究によると、うなり声は本人の役に立っている可能性がありそうだ。

プロテニス選手は特に、プレー中に大きな声を出す人が多い。マリア・シャラポワ、モニカ・セレシュ、セリーナ・ウィリアムズといった選手たちは、ボールを打つときに奇声を発して相手の集中力をそいでいると、たびたび批判されてきた。

09年、元トップ選手のマルチナ・ナブラチロワは、試合中に奇声を発することを「ズル以外の何物でもない」と切って捨てた。ボールがラケットに当たる音をかき消し、相手の選手が球速などを判断する材料を奪うというのだ。

他人のうなり声に不満を抱くのは、プロ選手だけではない。アメリカの大手スポーツジムチェーン、プラネット・フィットネスは、利用者が大きな声を出すことを禁止している。度重なる警告に従わなければ、退会させる場合もあるという。

奇声を発することには本人がパワーを出したり、相手の集中力を奪ったりといった効果があるのか。ハワイ大学マノア校とブリティッシュ・コロンビア大学(カナダ)の研究者たちはそれを確かめる実験を行い、今年2月にオンライン科学雑誌 PLOS ONE に結果を発表した。

血圧が上昇するリスクも

1つの実験では、総合格闘技を習う20人にサンドバッグを思い切り蹴らせ、キックの強さを測定。蹴るときにうなり声を出した場合と、出さなかった場合を比較したところ、蹴る強さは声を出したときのほうが9%強かった。これは、過去の研究結果とも合致する。

シラキュース大学のケビン・ヘファーナン准教授(エクササイズ理論)によると、人は意識してうなり声を発するというより、思わず出てしまうらしい。「激しいエクササイズをするとき、人はどうしても息を止める」と、ヘファーナンは言う。「そうすると、(息を吐くときに)少し声が出る」

ニュース速報

ビジネス

中国新規融資、11月は1.39兆元 予想上回る

ビジネス

英経済、10月は7年ぶり低成長 ブレグジット不安が

ビジネス

11月のアジア株、海外投資家は売り越し 米中通商協

ビジネス

中国民間企業、デフォルト率が過去最高に=フィッチ

MAGAZINE

特集:進撃のYahoo!

2019-12・17号(12/10発売)

メディアから記事を集めて配信する「巨人」プラットフォーマーとニュースの未来

人気ランキング

  • 1

    東京五輪、マラソンスイミングも会場変更して! お台場に懸念の米水泳チームが訴え

  • 2

    熱帯魚ベタの「虐待映像」を公開、動物愛護団体がボイコット呼び掛ける

  • 3

    「生理ちゃんバッジ」に中国人が賛成だった理由

  • 4

    米下院のウイグル人権法案、中国が香港問題以上に反…

  • 5

    筋肉だけでなく、スピード・反射神経も高める「囚人…

  • 6

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 7

    日本の格差社会が「お客様」をクレーマーにし、店員…

  • 8

    対中感情が欧米で悪化──米加は過去最悪(米調査)

  • 9

    「働き方」を変えている場合か! 日本がこのまま「…

  • 10

    トランプのウクライナ疑惑より切実な「ウクライナ問…

  • 1

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を流し込み...

  • 2

    文在寅の経済政策失敗で格差拡大 韓国「泥スプーン」組の絶望

  • 3

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 4

    日米から孤立する文在寅に中国が突き付ける「脅迫状」

  • 5

    ウイグル人権法案可決に激怒、「アメリカも先住民を…

  • 6

    『鬼滅の刃』のイスラム教「音声使用」が完全アウト…

  • 7

    人肉食の被害者になる寸前に脱出した少年、14年ぶり…

  • 8

    5G通信が気象衛星に干渉し、天気予報の精度を40年前…

  • 9

    韓国保守派のホープを直撃した娘の不祥事

  • 10

    サムスン電子で初の労組結成──韓国経済全体に影響す…

  • 1

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を流し込み...

  • 2

    「愚かな決定」「偏狭なミス」米専門家らが韓国批判の大合唱

  • 3

    「日本の空軍力に追いつけない」アメリカとの亀裂で韓国から悲鳴が

  • 4

    元「KARA」のク・ハラ死去でリベンジポルノ疑惑の元…

  • 5

    「韓国は腹立ちまぎれに自害した」アメリカから見たG…

  • 6

    文在寅の経済政策失敗で格差拡大 韓国「泥スプーン」…

  • 7

    GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

  • 8

    GSOMIA継続しても日韓早くも軋轢 韓国「日本謝罪」発…

  • 9

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 10

    日米から孤立する文在寅に中国が突き付ける「脅迫状」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
ニューズウィーク試写会ご招待
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月