最新記事

東南アジア

全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

2018年6月18日(月)17時30分
大塚智彦(PanAsiaNews)


インドネシア南東スラウェシ州の女性が行方不明になり、全長7mの巨大ヘビに丸のみにされていたことが判明した。*衝撃的な画像があります News Today / YouTube

ニシキヘビは大きいもので体長が6~7メートルに達するが、人間を丸のみにすることは稀。通常は野生動物の山羊や野犬などを襲って、締め付けて窒息死させてからじっくりと飲み込み、体内で時間をかけて消化するという。

スラウェシ島の2件の事件はいずれも畑や農園で人間がヘビに襲われるという共通点がある。警察などによるとヘビが生息する自然環境が開発などで荒らされ、近年は猿、野犬、イノシシなどが集まる農園に餌を求めてヘビが現れはじめており、そこにたまたま居合わせた人間が襲われた可能性があるという。

舞台でヘビに噛まれ死亡した歌手も

2016年4月3日、ジャカルタ郊外のカラワンで行われたインドネシアの演歌ともいうべき「ダンドゥット」の女性歌手、イルマ・ブレさん(29)のコンサートは開始早々からノリノリだった。そして2曲目を歌っていたイルマさんが舞台にあった演出用のキングコブラの尾を誤って踏んでしまった。

驚いたコブラは反射的にイルマさんの太腿に噛みついた。コブラの調教師が解毒剤をすぐ飲むようにイルマさんに勧めたものの、ステージを重視したイルマさんはこれを拒否し、コンサートを続けた。

ところが噛まれて約45分後、イルマさんはステージでおう吐と痙攣(けいれん)を起こして倒れてしまう。病院に慌てて運ばれたもののすでに手遅れ状態でイルマさんは死亡してしまった。その様子は聴衆の携帯に記録されており、悲劇がまたたくまにインドネシアのダンドゥットファンに広がり、深い悲しみに包まれた。

イルマさんはヘビを使ったパフォーマンスをステージでよく行っており、今回も演出としてキングコブラがステージに置かれていたという。

2017年11月22日にはジャカルタ南郊のボゴールからジャカルタに向かう通勤電車の客車内の網棚に約1メートルのヘビがいるのが見つかり、乗客がパニックになる事件が発生した。

通報を受け最寄りの駅に緊急停車した車内では乗客、警備員らがしり込みする中、一人の若い男性が手づかみで尾をつかんでヘビを捕獲、頭を床に力いっぱい打ち付け、ホームに放り出し事なきを得た。その様子も乗客が携帯電話の動画で撮影し、ソーシャルネットワークにアップされた。


通勤電車の網棚にいたヘビを退治する青年 The Star Online / YouTube

警察では乗客が網棚に置いた荷物からペット用のヘビが逃げたし、網棚でとぐろを巻いていたものとみている。

その昔、ジャカルタ中心部のチキニにある日本人向けカラオケ店で従業員が持ってきたヘビが逃げて店内で行方不明になる事件が起きるなど、インドネシアでは大小問わず、ペット用ヘビから野生の猛毒ヘビ、巨大ヘビまであらゆるヘビが日常の生活とは無縁ではない。

MAGAZINE

特集:パックンのお笑い国際情勢入門

2019-8・20号(8/ 6発売)

世界のニュースと首脳たちをインテリ芸人が辛辣風刺──日本人が知らなかった政治の見方お届けします

※次号は8/20(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    世界が発想に驚いた日本の「ロボット尻尾」、使い道は?

  • 3

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 4

    世界で最も有名なオオカミ「OR-7」を知っているか?

  • 5

    「日本は代が変わっても過去を清算せよ」金正恩が安…

  • 6

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 7

    世界が知る「香港」は終わった

  • 8

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 9

    未成年性的虐待の被告の大富豪が拘置所で怪死、米メ…

  • 10

    9.11を経験したミレニアル世代の僕が原爆投下を正当…

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断国家の世論割れる

  • 3

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 4

    日本の重要性を見失った韓国

  • 5

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 6

    世界が発想に驚いた日本の「ロボット尻尾」、使い道…

  • 7

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 8

    犯人の容姿への嘲笑に警告 9万件のコメントを集めた…

  • 9

    世界が知る「香港」は終わった

  • 10

    未成年性的虐待の被告の大富豪が拘置所で怪死、米メ…

  • 1

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

  • 2

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 3

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 4

    日本の重要性を見失った韓国

  • 5

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 6

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 7

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 8

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

  • 9

    「韓国の反論は誤解だらけ」

  • 10

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月