最新記事

化学兵器

元スパイ暗殺未遂に使われた神経剤「ノビチョク」はロシア製化学兵器

2018年3月14日(水)17時30分
キャサリン・ハイネット

VXは2017年、北朝鮮の最高指導者、金正恩の異母兄にあたる金正男がマレーシアの空港で暗殺された際に用いられ、一躍メディアの注目を集めた。

アメリカ政府は、金正男殺害の際に北朝鮮が化学兵器を使用したと認定し、これを受けて3月5日には国務省が北朝鮮に追加制裁措置を科している。

神経剤ノビチョク

ソールズベリーで娘と一緒に発見されたスクリパリ用いられた神経剤「ノビチョク」は
第3世代にあたる神経剤で、1970年代から80年代にかけて旧ソビエト連邦で開発された。これ以前の世代のようにガスや液体ではなく、粉末状の状態で保存できる。

ノビチョクの特徴は、北大西洋条約機構(NATO)軍から検知されにくく、NATOの防護服でも歯が立たないこと、さらには2剤を混ぜて使うバイナリー兵器なので、バラバラなら比較的安全に取り扱えることだ。使うときに混ぜると、きわめて高い殺傷性を持つ。

3月11日にはBBCが、ロシアの元スパイであるスクリパリとその娘が食事をしたレストランから神経剤の痕跡が発見されたと報じた。ノビチョクはサリンのような神経剤と比べると効き目がずっと長く続くので、毒殺にはうってつけだと、化学兵器についての著書があるケント大学のウルフ・シュミット教授は説明する。

「事件から数日経っても、微量ながら痕跡が残っていたことからみると、かなり残留性が高い神経剤だろう」

ノビチョクの出所は?

ノビチョクの取り扱いには専門知識や特別な手段を要するため、今回使われた神経剤がイギリス国内で製造された可能性は低いと、シュミットは言う。「こうした物質を実際に製造するには、広範な知識やリソース、設備、機器が必要になる。化学兵器の扱いに関する高度なノウハウが必要だ」

それよりは、ノビチョクがどこかの時点でイギリスに持ち込まれたと考える方が理にかなっている、とシュミットは言う。

ノビチョクがソールズベリーの街に持ち込まれた経緯は、いまだに不明のままだ。

(翻訳:ガリレオ)

ニュース速報

ワールド

NY州、新型コロナの1日死者数が最多に 全米感染者

ビジネス

米雇用3月は70.1万人減、9年半ぶり減少 失業率

ワールド

OPECプラス、過去最大の減産協議 世界供給量の約

ワールド

欧州当局、米ギリアドの抗ウイルス薬を推奨 新型コロ

MAGAZINE

特集:コロナ危機後の世界経済

2020-4・ 7号(3/31発売)

感染拡大で経済先進国の序列と秩序はこう変わる── コロナ後の「ニュー・エコノミー」を識者が徹底解説

人気ランキング

  • 1

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 2

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロナウイルス拡大防止に

  • 3

    台湾人だけが知る、志村けんが台湾に愛された深い理由

  • 4

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 5

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 6

    新型コロナウイルス経済対策、現金給付は生活困窮者…

  • 7

    新型コロナに「脳が壊死」する合併症の可能性

  • 8

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけで…

  • 9

    コロナで破局?ベビーブーム? 「自宅待機」で変わ…

  • 10

    新型コロナ対策「日本式」を継続するべきか?

  • 1

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけでなく、生命維持に必要なのだ」大規模支援

  • 2

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロナウイルス拡大防止に

  • 3

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 4

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 5

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を…

  • 6

    「緊急事態宣言、4月1日に出すという事実ない」 菅官…

  • 7

    ブラジル大統領ロックダウンを拒否「どうせ誰もがい…

  • 8

    新型コロナ、若者ばかりが責められて「中高年」の問…

  • 9

    コロナ禍のアメリカでひよこがバカ売れ

  • 10

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 1

    一斉休校でわかった日本人のレベルの低さ

  • 2

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 3

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけでなく、生命維持に必要なのだ」大規模支援

  • 4

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロ…

  • 5

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 6

    韓国はなぜ日本の入国制限に猛反発したのか

  • 7

    フランスから見ると驚愕の域、日本の鉄道のあり得な…

  • 8

    新型コロナショック対策:消費税減税も現金給付も100…

  • 9

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 10

    やっぱり日本は終わりだ

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月