最新記事

北朝鮮情勢

南北首脳会談に動き出した朝鮮半島、米朝対話は実現するか

2018年3月6日(火)16時17分
シェーン・クロウチャー

韓国からの特使団を笑顔で歓迎する金正恩朝鮮労働党委員長(3月5日) KCNA/Reuters

<平昌オリンピックから始まった南北対話ムードを、トランプ政権はじゃませず概ね静かに見守ってきた。大統領より下位レベルで対話に応じるなど突破口は開けるか>

朝鮮半島の危機を不安な気持ちで見守ってきた人々にも、少しはホッとできる展開と言えるだろうか。この数週間、アメリカも北朝鮮も、相手を壊滅させるという脅しを口にしていない。それどころか、3月5日には韓国の特使団が北朝鮮の首都・平壌を訪問。世界を破滅的な戦争に巻き込みかねない危機的な状況を打開するために、北朝鮮の最高指導者である金正恩朝鮮労働党委員長と会談を行った。北朝鮮の朝鮮中央通信は6日、金正恩は南北首脳会談に向けて「満足のいく合意」を得らた、と報じた。

会談に先立って韓国・平昌で開催された冬季オリンピックは、スポーツイベントとしてだけでなく、政治的なイベントとしても大きな成功をおさめた。南北朝鮮はこの大会に、統一旗の下、合同チームとして出場。大会期間中に両国の当局者たちが生産的な協議を行い、それが今回の韓国特使団による平壌訪問につながった。

「今回の会談は2011年以来はじめての直接交渉だ」と、シンクタンク王立国際問題研究所(ロンドン)アジア太平洋プログラムのジョン・ニルソンライト上級研究員は言う。彼はこれについて「大きな前進だ」とし、評価すべきだと続けた。「韓国側が実際に会談に踏み切り、アメリカがそれを阻止しようとしていないことは、いい兆候だ」

「舌戦」はやや沈静化

韓国の文在寅大統領にとって、一連の会談は戦争回避へ確かな道を開くものになる可能性がある。戦争となれば韓国が最も打撃を受けることになる可能性があり、それを回避するには対話しかないというのが彼の考えだ。

韓国は核兵器を保有しておらず、防衛面では同盟国アメリカの圧倒的な軍事力に依存している。一方の北朝鮮は核兵器を保有している。いざ戦争となってこれらの核兵器が使用されれば韓国は壊滅的な被害を受け、数分以内に数百万人の命が奪われかねない。

「今は韓国側に気運が向いている」とニルソンライトは言う。「介入を控え、交渉を進めさせるというアメリカの判断は賢明だ」

トランプ政権と金政権の間の非難の応酬も落ち着いてきたようだ。ドナルド・トランプ米大統領は「適切な条件下でなら」と条件付きながら、対話に応じる姿勢を示した。

韓国の(最も影響力の大きな)友好国である中国もまた、米朝が対話を始めることが朝鮮半島の安全保障にとって重要だと考えている。ロイター通信の報道によれば、北朝鮮外務省の報道官は国営メディアに対して「我々は対話を懇願することもないし、アメリカが騒いでいる軍事的な選択肢から逃げることもない」と言ったが、ミサイル発射実験を盛んに実施していた2017年の米朝両国の脅しの応酬に比べれば穏やかだ。

MAGAZINE

特集:とっておきの世界旅50選

2019-7・16号(7/ 9発売)

イタリアの秘めた名所から沈船ダイビング、ゾウ保護区まで、ひと味違う体験を楽しみたい人向けの旅行先50

※次号は7/17(水)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    女性、独身、子なしを責められた台湾総統、FBで反撃

  • 2

    韓国・文在寅大統領「対北朝鮮制裁違反という日本の指摘は重大な挑戦」

  • 3

    歴史問題に根ざす日本と韓国「半導体輸出規制」対立の行方

  • 4

    なぜ米国の一流経済学者が日本に二流のアドバイスを…

  • 5

    2019年上半期グーグル人気検索キーワード発表 韓国…

  • 6

    家庭料理に求めるレベルが高すぎて、夫の家事分担が…

  • 7

    「貧困の壁を越えたイノベーション」湯浅誠がこども…

  • 8

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 9

    同性愛を公言、ヌードも披露 女子サッカー米代表の…

  • 10

    日本の重要性を見失った韓国

  • 1

    日本の重要性を見失った韓国

  • 2

    輸出規制、韓国政府の無策を非難する韓国メディア

  • 3

    同性愛を公言、ヌードも披露 女子サッカー米代表のミーガン・ラピノー

  • 4

    国歌斉唱で胸に手を当てる、なでしこジャパンに違和感

  • 5

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 6

    トランプ亜流にも劣る、韓国への素材輸出規制

  • 7

    輸出規制への「期待」に垣間見る日韓関係の「現住所」

  • 8

    なぜ米国の一流経済学者が日本に二流のアドバイスを…

  • 9

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 10

    4万年前の線虫も......氷河や永久凍土に埋もれてい…

  • 1

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 2

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 3

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......その理由は?

  • 4

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 5

    日本の重要性を見失った韓国

  • 6

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 7

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 8

    テスラの半自動運転システムで居眠りしたまま高速を5…

  • 9

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 10

    輸出規制、韓国政府の無策を非難する韓国メディア

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版編集部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月