最新記事

セクハラ

韓国に吹き荒れる「Me Too」 私も危なかった

2018年3月2日(金)19時43分
杉本あずみ(映画配給コーディネーター)

韓国の#MeToo運動で今、一番世間を騒がせている俳優オ・ダルス(左)とセクハラを実名で告発した女性オム・ジヨン(右) JTBC ニュースルームより

<平昌五輪の話題で盛り上がった韓国。だがその影で大きな社会問題として韓国の#MeToo運動が巻き起こっている>

ハリウッドの大物プロデューサー、ワインスタインのセクハラ告発から端を発した「#MeToo」運動は、韓国の映画・演劇界にも飛び火し、広がりを見せている。

まず、2月中旬に演劇界の大御所演出家イ・ユンテクによるセクハラ事件が発覚。被害者女性がフェイスブックに載せた書き込みが発端となった。これに伴い、イ・ユンテクは公式謝罪会見を開き罪の一部を認める形となったが、28日には16人の被害者が101人の弁護士団を引き連れて集団訴訟の申し立て、今後に注目が集まっている。

一方映画界では、日本でも公開された『弁護人』にも出演していた俳優チョ・ミンギが、教え子であった匿名Aさんにセクハラをしたと訴えられ、こちらも認めて謝罪している。Aさんは2015年にチョ・ミンギから送られてきたカカオトークのメッセージも公開され、その過激な内容が話題を呼んだ。こちらも被害者は一人ではなく数人からセクハラ被害が報告されている。その他にも、人間国宝の民族舞踊家ハ・ヨンブや教科書にも作品が載っている詩人のコ・ウンなど、著名文化人のセクハラ行為が次々と明るみに出ている。

その中でも、今一番注目されているのが韓国の名バイプレーヤーとして有名なオ・ダルスの一件だ。特徴的な顔立ちと人間味あふれるキャラクターで、数多くの映画やドラマに出演しているため、韓国のドラマや映画を見たことがある人なら写真を見ただけで「あぁ、あの人ね」とすぐに思い出せるかもしれない。

被害者がニュース番組に実名・顔出しで登場して告発

オ・ダルスのセクハラ疑惑が発覚したのも、SNSからの書き込みが発端だった。冒頭にも書いたイ・ユンテクの事件を報じたネットニュースのコメント欄に、オ・ダルスの被害女性が書き込みをしたことがきっかけだった。当初オ・ダルスは事務所を通じて全面否定した。これに対し書き込んだ女性はケーブルテレビ局JTBCの番組「ニュースルーム」にインタビュー出演し、セクハラ行為について証言。しかし、オ・ダルス側はこれに対しても事実無根を主張、女性に対し告訴するとも言いだした。ところが翌日、同番組に別のオム・ジヨンという女優が実名で登場し自らのが受けたセクハラを告白し、状況が一変した。

オム・ジヨンは、オ・ダルスが事実を認めると思っていたのに、彼が否定する様子を黙って見ていられなかったという。彼女は、今は演技を指導する立場でもあり、自身の若い教え子たちが同じ被害に遭わないように実名・顔出しの証言を決めたと訴えた。そして28日、オ・ダルスは一連の告発を認め書面で2人の女性に謝罪し、全ての罪を受け入れると公表した。

数多くの作品に出演している人気俳優だけに、製作側にも影響を与えている。今現在すでに4本の映画を撮影し終えていて、そのうちの1本『隣人』は主演作品ということで、別の俳優での差し替えなどが難しく、公開方法を検討している状態だ。昨年末公開されて1400万人動員の大ヒットとなった『神と共に』の続編は、オ・ダルスの出演シーンを再編集、一部を再撮影して予定通り夏の公開を目指すという。また今春放送開始予定のtvNドラマ『私のおじさん』の降板も決まった。


オ・ダルスを告発するインタビューを放送したJTBCニュースルーム JTBC / YouTube

MAGAZINE

特集:世界が尊敬する日本人100

2019-4・30号(4/23発売)

お笑い芸人からノーベル賞学者まで文化の壁を越えて輝くいま注目すべき100人

人気ランキング

  • 1

    人を襲う「生きた恐竜」の島閉鎖 インドネシア、ドラゴンとともに観光収入も絶滅回避へ

  • 2

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕上げに八つ裂き」

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 5

    ホンダ英国工場撤退で大騒ぎの不思議

  • 6

    英王妃の生首は本当に喋ろうとしたのか

  • 7

    93歳の英女王、免許自主返納の殿下に続き「運転やめ…

  • 8

    文在寅肝いりの現代自動車「低賃金」工場は、韓国の…

  • 9

    観光先進国(G7)を標榜した韓国の宿泊施設がぞくぞ…

  • 10

    ロンドンのインフラ老朽化がもたらした思わぬ発見

  • 1

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 2

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 3

    謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

  • 4

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 5

    [動画]クジラがサメの襲撃から人間を救った

  • 6

    「美人銭湯絵師」の盗作疑惑に見る「虚像」による文…

  • 7

    5年前、太陽系外の恒星間天体が地球に衝突していた

  • 8

    「心の専門家」に、ピエール瀧氏を「分析」させるメ…

  • 9

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 10

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

  • 1

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 2

    無残、少女の足の裏に無数の寄生虫!

  • 3

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕上げに八つ裂き」

  • 4

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 5

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

  • 6

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 7

    謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

  • 8

    「令和」に関して炎上する中国ネット

  • 9

    大坂なおみ選手の二重国籍が認められた!

  • 10

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月