最新記事

セクハラ

韓国に吹き荒れる「Me Too」 私も危なかった

2018年3月2日(金)19時43分
杉本あずみ(映画配給コーディネーター)

韓国の#MeToo運動で今、一番世間を騒がせている俳優オ・ダルス(左)とセクハラを実名で告発した女性オム・ジヨン(右) JTBC ニュースルームより

<平昌五輪の話題で盛り上がった韓国。だがその影で大きな社会問題として韓国の#MeToo運動が巻き起こっている>

ハリウッドの大物プロデューサー、ワインスタインのセクハラ告発から端を発した「#MeToo」運動は、韓国の映画・演劇界にも飛び火し、広がりを見せている。

まず、2月中旬に演劇界の大御所演出家イ・ユンテクによるセクハラ事件が発覚。被害者女性がフェイスブックに載せた書き込みが発端となった。これに伴い、イ・ユンテクは公式謝罪会見を開き罪の一部を認める形となったが、28日には16人の被害者が101人の弁護士団を引き連れて集団訴訟の申し立て、今後に注目が集まっている。

一方映画界では、日本でも公開された『弁護人』にも出演していた俳優チョ・ミンギが、教え子であった匿名Aさんにセクハラをしたと訴えられ、こちらも認めて謝罪している。Aさんは2015年にチョ・ミンギから送られてきたカカオトークのメッセージも公開され、その過激な内容が話題を呼んだ。こちらも被害者は一人ではなく数人からセクハラ被害が報告されている。その他にも、人間国宝の民族舞踊家ハ・ヨンブや教科書にも作品が載っている詩人のコ・ウンなど、著名文化人のセクハラ行為が次々と明るみに出ている。

その中でも、今一番注目されているのが韓国の名バイプレーヤーとして有名なオ・ダルスの一件だ。特徴的な顔立ちと人間味あふれるキャラクターで、数多くの映画やドラマに出演しているため、韓国のドラマや映画を見たことがある人なら写真を見ただけで「あぁ、あの人ね」とすぐに思い出せるかもしれない。

被害者がニュース番組に実名・顔出しで登場して告発

オ・ダルスのセクハラ疑惑が発覚したのも、SNSからの書き込みが発端だった。冒頭にも書いたイ・ユンテクの事件を報じたネットニュースのコメント欄に、オ・ダルスの被害女性が書き込みをしたことがきっかけだった。当初オ・ダルスは事務所を通じて全面否定した。これに対し書き込んだ女性はケーブルテレビ局JTBCの番組「ニュースルーム」にインタビュー出演し、セクハラ行為について証言。しかし、オ・ダルス側はこれに対しても事実無根を主張、女性に対し告訴するとも言いだした。ところが翌日、同番組に別のオム・ジヨンという女優が実名で登場し自らのが受けたセクハラを告白し、状況が一変した。

オム・ジヨンは、オ・ダルスが事実を認めると思っていたのに、彼が否定する様子を黙って見ていられなかったという。彼女は、今は演技を指導する立場でもあり、自身の若い教え子たちが同じ被害に遭わないように実名・顔出しの証言を決めたと訴えた。そして28日、オ・ダルスは一連の告発を認め書面で2人の女性に謝罪し、全ての罪を受け入れると公表した。

数多くの作品に出演している人気俳優だけに、製作側にも影響を与えている。今現在すでに4本の映画を撮影し終えていて、そのうちの1本『隣人』は主演作品ということで、別の俳優での差し替えなどが難しく、公開方法を検討している状態だ。昨年末公開されて1400万人動員の大ヒットとなった『神と共に』の続編は、オ・ダルスの出演シーンを再編集、一部を再撮影して予定通り夏の公開を目指すという。また今春放送開始予定のtvNドラマ『私のおじさん』の降板も決まった。


オ・ダルスを告発するインタビューを放送したJTBCニュースルーム JTBC / YouTube

ニュース速報

ワールド

独研究所、国内コロナ抗体検査を開始 感染の実情把握

ワールド

香港、国安法違反で初の起訴 「光復・革命」の旗所持

ワールド

欧州委、レムデシビルを初のコロナ治療薬として承認 

ワールド

仏新首相にカステックス氏、マクロン大統領再選見据え

MAGAZINE

特集:Black Lives Matter

2020-7・ 7号(6/30発売)

今回の黒人差別反対運動はいつもとは違う──「人権軽視大国」アメリカが変わる日

人気ランキング

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小池知事が緊急会見「現在は感染拡大要警戒」

  • 3

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようやくプロセスが明らかに

  • 4

    英首相ジョンソン、香港市民の英市民権取得を確約 中…

  • 5

    ブラックホール爆弾から無限のエネルギーを取り出す…

  • 6

    新型コロナが細胞に生やす不気味な触手の正体は

  • 7

    東京都、3日の新型コロナ新規感染は124人 小池知事「…

  • 8

    スウェーデンの悪夢はパンデミック以前から始まって…

  • 9

    亡き娘にもう一度会いたい──死者にVRで再会する番組…

  • 10

    【香港危機】台湾の蔡英文がアジアの民主主義を救う

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪雨で大規模水害、そして...

  • 3

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小池知事が緊急会見「現在は感染拡大要警戒」

  • 4

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 5

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 6

    スウェーデンの悪夢はパンデミック以前から始まって…

  • 7

    英首相ジョンソン、香港市民の英市民権取得を確約 中…

  • 8

    韓国「炭酸カリウム」を不当廉売? 経産省が調査開…

  • 9

    北京で6月にクラスター発生したコロナウイルス、東南…

  • 10

    BLMの指導者「アメリカが我々の要求に応じないなら現…

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪雨で大規模水害、そして...

  • 3

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食べたら...

  • 4

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 5

    ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持…

  • 6

    自殺かリンチか、差別に怒るアメリカで木に吊るされ…

  • 7

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 8

    宇宙に関する「最も恐ろしいこと」は何? 米投稿サ…

  • 9

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 10

    「この貞淑な花嫁は......男だ」 イスラムの教え強い…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月