注目のキーワード

MeToo

ニューズウィーク日本版『MeToo』に関する記事一覧

告発する国、韓国 MeTooから拡大、芸能人の「黒歴史」暴かれる
韓国社会

告発する国、韓国 MeTooから拡大、芸能人の「黒歴史」暴かれる

<性暴力の告発から始まったMeTooの動きは、日本そして韓国にも大きな影響を与えている> 1月7日...

2020.01.08
        
#MeTooムーブメントの火付け役が暴露した、巨大メディアNBCの驚きの陰謀
ベストセラーからアメリカを読む 渡辺由佳里

#MeTooムーブメントの火付け役が暴露した、巨大メディアNBCの驚きの陰謀

2017年10月は、男性が支配する業界で働いてきたアメリカ人女性にとって、歴史に残る大きな転機と...

2019.11.02
        
話題作『全裸監督』が黙して語らぬ、日本のミソジニー(女性憎悪)
日本再発見

話題作『全裸監督』が黙して語らぬ、日本のミソジニー(女性憎悪)

<ポルノ先進国の日本が放ったネットフリックス最新作――20世紀のジェンダー観は「世界の青春物語」にな...

2019.10.24
バイデン前副大統領「髪にキス」で窮地に
セクハラ疑惑

バイデン前副大統領「髪にキス」で窮地に

<2020年の大統領選挙でも民主党で最有力視されているオバマの右腕にセクハラ疑惑が浮上。たとえ親愛の...

2019.04.01
「ハウス・オブ・カード」の米俳優ケビン・スペイシー、7日に出廷へ──セクハラ、性的暴行疑惑とアーティストの関係とは
性的暴行疑惑

「ハウス・オブ・カード」の米俳優ケビン・スペイシー、7日に出廷へ──セクハラ、性的暴行疑惑とアーティストの関係とは

数々の映画やネット・ドラマで、名優として高い評価を受けてきた米俳優ケビン・スペイシー。2017年秋、...

2019.01.07
男性に対する憎悪攻撃がヘイトクライムとして認められる?
憎悪犯罪

男性に対する憎悪攻撃がヘイトクライムとして認められる?

<女性差別がダメなら男性差別もゴスもパンクもと、ヘイトクライムの対象は際限なく広がりかねない。どこで...

2018.10.17
今年のノーベル平和賞のテーマに性暴力が選ばれた訳
ノーベル賞

今年のノーベル平和賞のテーマに性暴力が選ばれた訳

<1年前に始まった #MeToo 運動が授賞の背景に――文学賞関係者のレイプ疑惑も影響した?> ノ...

2018.10.12
米国でミレニアル世代を中心に「魔女」が急増中、その理由とは
アメリカ社会

米国でミレニアル世代を中心に「魔女」が急増中、その理由とは

<米国では最近、魔女の数が驚異的に増加しているという。トランプ大統領やフェミニズムも関わるというその...

2018.10.10
「性的暴行ホットライン」への相談電話急増...全米が注目した公聴会を観て
セクハラ

「性的暴行ホットライン」への相談電話急増...全米が注目した公聴会を観て

<連邦最高裁判事候補から性的暴行を受けたと告発した心理学教授と、判事候補本人がそれぞれ、上院司法委員...

2018.10.01
米最高裁判事候補、公聴会で暴行疑惑を否定 告発女性は「100%確信」
米司法

米最高裁判事候補、公聴会で暴行疑惑を否定 告発女性は「100%確信」

米連邦最高裁判事に指名されているブレット・カバノー氏は27日、上院司法委員会の公聴会で証言し、自身に...

2018.09.28

人気ランキング

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら