最新記事

セクハラ

クオモNY州知事がセクハラ、で広がる衝撃

2021年3月5日(金)18時00分
猿渡由紀

「今すぐ、辞任を!」とのメッセージが...... REUTERS/Mike Segar

<新型コロナ感染対策で、人気と尊敬を集めたニューヨーク・クオモ州知事が、複数の女性にセクハラをしていたことが発覚し、衝撃が広がっている......>

著名人のセクハラが、またアメリカを騒がせている。2017年秋に大物映画プロデューサー、ハーベイ・ワインスタインのセクハラが暴露されて以来、数えきれないほどの有力者の名前が浮上し、いい加減この手のニュースには慣れてきたが、今度の件は特に衝撃が広がっている。加害者がニューヨーク州知事アンドリュー・クオモ(63)で、セクハラ行為がなされたのがつい最近だったからだ。

今からちょうど1年前に、ニューヨークが新型コロナ感染者を急増させてから、クオモ州知事は、決断力と行動力で、人々の尊敬を集めてきた。毎日行われたクオモのブリーフィングを見て、「大統領になるべき」という反応もあった。

3月から閉鎖を強いられてきた映画館チェーンのオーナーらが、「そろそろ開けさせてくれ」と、クオモを名指しして強烈なプレッシャーをかけてきても揺らがない。目先のことにまどわされず、どれだけ文句を言われても正しいことを貫く。クオモは、そんなリーダーだった......。

しかし、その同じ頃に、彼は若い女性にセクハラをしていたことが明らかになったのである。

女性3人が次々に告発した

先月末、クオモからセクハラを受けたと名乗り出たシャーロット・ベネット(25)は、彼のもとで働いていた昨年6月5日、職場でふたりきりになった時、クオモから個人的なことを聞かれ、「恋愛で年齢差は気になるか」「自分は20代の女性と関係をもつことにオープンだ」などと言われたと明かしている。「私と寝たがっているというのが伝わってきて、私はとても怖い気持ちになりました」と、彼女は「ニューヨーク・タイムズ」に語った。

ベネットの告発から数日後には、やはりクオモのもとで働いていた別の女性が自分の体験をウェブサイトに投稿。リンジー・ボイランというその女性によると、2016年から2018年の間に、クオモから体を触れたり、無理やり唇にキスをされそうになったりすることがあった。公務でプライベートジェットに同乗した時に、「ストリップポーカー(脱衣を含む宴会ゲーム)をやろう」と誘われたとも述べている。

その後、さらにもうひとりの女性が名乗り出た。今度の女性アナ・ルッチ(33)はクオモの職場の人間ではなく、2019年9月に行われたルッチの友人の結婚式で出会った関係。クオモが新郎新婦に乾杯をしてくれたことに対してルッチがお礼を言うと、クオモは、背中の開いたドレスを着ているルックの腰を触ったという。ルックがその手を払い除けると、今度は両手でルッチの頬を触り、「キスしていいか」と聞いてきた。ルッチはその証拠写真を「ニューヨーク・タイムズ」に提供している。


被害者の女性たちへの誠意のない発言

ベネットが被害に遭ったのは、クオモのブリーフィングが評判になっていた頃だ。コロナ対策で「100日間、ほとんど寝ていない」と言っていたクオモだが、セクハラをする余裕はあったということである。何より呆れるのは、「#MeToo」運動が起こってからもう3年以上が経つのに、クオモが何も学んでいなかったとわかったことだ。これが、20年も前の出来事を持ち出されたというのなら、あの頃の自分は無知でした、今の自分は違いますと、言い訳ができなくもないだろう。

ニュース速報

ビジネス

米、「為替操作国」指定ゼロ 日中韓など11カ国を監

ワールド

中国、日米共同声明に断固反対 台湾や香港は国内問題

ワールド

お知らせ=重複記事を削除します

ワールド

ラウル氏、キューバ共産党トップ退任表明 カストロ時

MAGAZINE

特集:日本を置き去りにする デジタル先進国

2021年4月20日号(4/13発売)

コロナを抑え込んだ中国デジタル監視の実態。台湾・韓国にも遅れた日本が今すべきこと

人気ランキング

  • 1

    女子中学生がバスの扉に足を挟まれ、30秒間も道路を引きずられる──中国

  • 2

    世界の銃の半分を所有するアメリカ人、お気に入りの小型ナイフも持ち歩けない日本に思うこと

  • 3

    ビットコインが定着するか崩壊するか、運命が決まる時は間もなく来る

  • 4

    東芝 車谷社長の何が悪いのか?

  • 5

    日米を代表する2大怪獣が激突 『ゴジラvsコング』勝…

  • 6

    ブロックチェーン技術の新展開「NFT」が、これほど盛…

  • 7

    原発処理水の海洋放出「トリチウム水だから安全」の…

  • 8

    仮想通貨で7億円稼いだ「億り人」の意外な素顔と「成…

  • 9

    新型コロナが重症化してしまう人に不足していた「ビタ…

  • 10

    ふるさと納税は2年で750%増、熊本の人口4000人の町…

  • 1

    青色の天然着色料が発見される

  • 2

    緑豊かな森林が枯死する「ゴーストフォレスト」が米国で広がっている

  • 3

    ビットコインが定着するか崩壊するか、運命が決まる時は間もなく来る

  • 4

    ミャンマー市民が頼るのは、迫害してきたはずの少数…

  • 5

    世界の銃の半分を所有するアメリカ人、お気に入りの…

  • 6

    ビットコインが、既に失敗した「賢くない」投資であ…

  • 7

    日本だけじゃない...「デジタル後進国」のお粗末過ぎ…

  • 8

    「頭の切れる人」とそれほどでもない人の決定的な差 …

  • 9

    女子中学生がバスの扉に足を挟まれ、30秒間も道路を…

  • 10

    「日本人なら中国人の3分の1で使える」 クールジャパ…

  • 1

    太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測される

  • 2

    観測されない「何か」が、太陽系に最も近いヒアデス星団を破壊した

  • 3

    国際宇宙ステーションで新種の微生物が発見される

  • 4

    「夜中に甘いものが食べたい!」 欲望に駆られたとき…

  • 5

    EVはもうすぐ時代遅れに? 「エンジンのまま完全カー…

  • 6

    30代男性が急速に「オジサン化」するのはなぜ? やり…

  • 7

    孤独を好み、孤独に強い......日本人は「孤独耐性」…

  • 8

    ブッダの言葉に学ぶ「攻撃的にディスってくる相手」…

  • 9

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座…

  • 10

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月