最新記事

認知症

「血糖値が高い人ほど認知機能が低下しやすい」との研究結果

2018年2月2日(金)18時20分
松岡由希子

血糖値が高い人ほど認知機能が低下しやすい DebbiSmirnoff-iStock

<英インペリアル・カレッジ・ロンドンの研究によると、血糖値が高い人ほど、認知機能が低下しやすいことがわかった>

認知症と糖尿病との関連については、長年、様々な研究がすすめられてきた。2011年には、九州大学の清原裕博士の研究チームが「糖尿病の人は、血糖値が正常な人に比べて1.74倍も認知症にかかりやすい」との研究結果を明らかにしている。

糖尿病でなくても血糖値が高い人ほど認知機能が低下しやすい

英インペリアル・カレッジ・ロンドンの研究プロジェクトは、2018年1月、欧州糖尿病学会(EASD)の学会誌「ダイアベートロジア」において、英国人の高齢者5,189人を対象とする研究結果を発表した。

これによると、糖尿病と診断されているかどうかにかかわらず、過去1ヶ月から2ヶ月の平均血糖値を表わす「HbA1c(ヘモグロビン・エイワンシー)」のレベルが高い人ほど、認知機能が低下しやすいことがわかったという。

認知機能の低下の進行を緩和させる可能性

この研究プロジェクトでは、50歳以上の英国人の健康・社会・福祉・経済にまつわる状況を2002年から2年ごとに調査した高齢者パネルデータ「ELSA」から5189人を抽出し、2004年から2014年までの合計5回の調査データを分析。対象者の平均年齢は65.6歳で、全体の55.1%が女性であった。

その結果、どの対象者も加齢とともに認知機能が低下していたものの、血糖値が正常な人に比べて、糖尿病または前糖尿病(糖尿病予備軍)の人のほうが、認知機能が低下しやすいことが明らかとなった。とりわけ、認知機能の低下は、「HbA1c」の数値と直接的な関連が認められたという。

これらの研究結果は、「HbA1c」を用いて糖尿病と認知機能の低下とを関連づける世界初の成果として評価されている。

また、糖尿病かどうかにかかわらず、「HbA1c」の数値と認知機能の低下との相関関係を示したことは、糖尿病の発症を遅らせたり、血糖コントロールすることによって、認知機能の低下の進行を緩和させる可能性を示唆するものともいえるだろう。

研究プロジェクトでは、今後、糖尿病患者の血糖コントロールが認知機能の低下にもたらす長期的な効果について、さらに研究をすすめていく方針だ。

MAGAZINE

特集:世界を変えるブロックチェーン起業

2019-4・23号(4/16発売)

難民にデジタルIDを与え、医療情報や物流を正しく管理── 分散型台帳を使う新事業・新ビジネスが各国で始まった

人気ランキング

  • 1

    「心の専門家」に、ピエール瀧氏を「分析」させるメディアの罪

  • 2

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て帰宅

  • 3

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 4

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 5

    「美人銭湯絵師」の盗作疑惑に見る「虚像」による文…

  • 6

    謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

  • 7

    5G界、一夜にして一変! 「トランプ勝利、Huawei片…

  • 8

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう…

  • 9

    海外の富裕層は財布代わりに「ジップロック」 風水で…

  • 10

    男のあごひげには犬の体毛より多くの細菌が存在する…

  • 1

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 2

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 3

    謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

  • 4

    「美人銭湯絵師」の盗作疑惑に見る「虚像」による文…

  • 5

    [動画]クジラがサメの襲撃から人間を救った

  • 6

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

  • 7

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 8

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう…

  • 9

    墜落したF35、1機分のお金で何ができたか―「欠陥商品…

  • 10

    家庭料理に求めるレベルが高すぎて、夫の家事分担が…

  • 1

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 2

    無残、少女の足の裏に無数の寄生虫!

  • 3

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 4

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

  • 5

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

  • 6

    「令和」に関して炎上する中国ネット

  • 7

    謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

  • 8

    映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレ…

  • 9

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 10

    大坂なおみ選手の二重国籍が認められた!

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月