注目のキーワード

高齢化

ニューズウィーク日本版『高齢化』に関する記事一覧

脱メーカー狙うトヨタ あらゆる移動サービス提供する「Maas」本格展開へ
自動車

脱メーカー狙うトヨタ あらゆる移動サービス提供する「Maas」本格展開へ

トヨタ自動車が28日、MaaS(モビリティ・アズ・ア・サービス)の実証実験として進めてきた「my r...

2019.11.29
膨れ上がる借金と人口減で「30年後、日本終了」のリアリティ
日本経済

膨れ上がる借金と人口減で「30年後、日本終了」のリアリティ

膨らむ借金と高齢化しながら減る人口という大きな問題に直面している日本。これから30年後の日本はどん...

2019.11.27
        
韓国では65歳、日本では70歳、定年延長の議論が本格化
韓国を読み解く 金 明中(ニッセイ基礎研究所)

韓国では65歳、日本では70歳、定年延長の議論が本格化

<今後10年間で高齢化が急速に進む韓国では、2度目の定年延長を検討し始めているが、60歳定年の義務化...

2019.07.18
        
なぜ米国の一流経済学者が日本に二流のアドバイスをするのか
転機の日本経済 小幡 績

なぜ米国の一流経済学者が日本に二流のアドバイスをするのか

<早朝のソウルを散歩し、行きかう人々の姿を観察していた筆者は、韓国経済への素晴らしい処方箋を思いつく...

2019.07.08
        
老後資金二千万円問題 100年あんしん年金の最大の問題点
転機の日本経済 小幡 績

老後資金二千万円問題 100年あんしん年金の最大の問題点

<年金「100年安心プラン」の最大の罪は、「これで年金問題は解決した」として、有識者が2004年以降...

2019.06.17
        
老後資金二千万円問題 政策的な論点はどこか
転機の日本経済 小幡 績

老後資金二千万円問題 政策的な論点はどこか

<老後二千万円問題で、「100年安心ねんきん」が国民に大きな誤解を与えていたことがわかった。これは1...

2019.06.17
        
老後資金二千万円問題 「悪いのは誰か」
転機の日本経済 小幡 績

老後資金二千万円問題 「悪いのは誰か」

<「誰でも知っていた当たり前の問題」が大事になったのは、国民とメディアにとって重要な問題だったから。...

2019.06.17
高齢ドライバー急増で灯る日本全国の危険信号
日本社会

高齢ドライバー急増で灯る日本全国の危険信号

<21世紀に入ってからの約20年で、75歳以上の運転免許の保有者数は3.4倍に急増> 高齢ドライバ...

2019.05.15
        
「ぶどう1粒で逮捕」のニュースは、もっと背景の報道を
プリンストン発 日本/アメリカ 新時代 冷泉彰彦

「ぶどう1粒で逮捕」のニュースは、もっと背景の報道を

<ぶどうを購入しないで1粒食べた高齢男性が逮捕された事件は、試食に関する日本の商慣習や急増する高齢者...

2018.10.04
歳をとったら暮らしやすい国はどこ? 高齢化対応ができている国ランキング
高齢化社会

歳をとったら暮らしやすい国はどこ? 高齢化対応ができている国ランキング

世界で一番「高齢化対応」ができた国は? 国連が2015年に発表した調査によると、日本は世界でもっと...

2018.09.27
英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
「STAR WARS」ポスタープレゼント
ニューズウィーク試写会ご招待
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら