最新記事

サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

2018年1月22日(月)17時45分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

昨年、米疾対策センター(CDC)はアジア太平洋地域でサーモンに寄生したサナダムシが、アメリカ近海の魚にまで広がっていると警告を出していた。英デイリーメールによると、アラスカで水揚げされたサーモンにサナダムシが寄生する可能性が指摘されたという。医師らは、生食でサナダムシが体内に寄生する危険性は低いとしながらも、その可能性はゼロではないとしている。

また、危険なのはサナダムシだけじゃない。生の食材にはサルモネラ菌をはじめさまざまな細菌が存在し、病気を引き起こすこともある。専門家は、健康状態に応じて生鮮食品や生ものを購入するよう勧めている。家庭で魚を調理するときには、華氏145度(摂氏63度)で加熱調理するよう米食品医薬品局(FDA)が推奨している。また、冷凍することで寄生虫を殺すこともできるという。

【参考記事】朝は「コオロギパン」でタンパク質を補給

ニューヨークでは市の衛生局が飲食店の衛生状態を厳しく管理している。衛生状態が良い店からA、B、Cで格付けし、飲食店側はこれを掲示しなければならない。ニューヨーク大学ランゴンメディカルセンターで感染症を研究するダニエル・エイラス准教授はこのCランクに分類された飲食店にはほとんど足が向かないとしたうえで、寿司レストランではAランクを維持できないのは致命傷になるとCBSに語った。

今回のケースでは、男性は体内に残っている可能性のあるサナダムシを取り除くため投薬治療を受けた。今後は安全第一で愛する寿司との人生を歩んでいってほしい。

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
気になる北朝鮮問題の動向から英国ロイヤルファミリーの話題まで、世界の動きを
ウイークデーの朝にお届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

関連ワード

ニュース速報

ワールド

ジョンソン英首相が集中治療室入り、新型コロナの症状

ワールド

コロナ制限措置の解除慎重に、マスクは医療関係者優先

ワールド

イラン、新型コロナ巡る米国の支援受け入れず=外務省

ワールド

NY州、新型コロナ死者の増加横ばいに 危機安定期入

MAGAZINE

特集:ルポ五輪延期

2020-4・14号(4/ 7発売)

「1年延期」という美談の下に隠れた真実── IOC、日本政府、東京都の権謀術数と打算を追う

人気ランキング

  • 1

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 2

    マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

  • 3

    コロナで破局?ベビーブーム? 「自宅待機」で変わるパートナー関係

  • 4

    「コロナ後の世界」は来るか?

  • 5

    スペインのコロナウイルス流行に収束の兆し

  • 6

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロ…

  • 7

    新型コロナで都市封鎖しないスウェーデンに、感染爆…

  • 8

    「恐怖の未来が見えた」NYの医師「医療崩壊」前夜を…

  • 9

    イタリアを感染拡大の「震源地」にした懲りない個人…

  • 10

    コロナウイルスで露呈した中国の本性(一応、ジョー…

  • 1

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロナウイルス拡大防止に

  • 2

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけでなく、生命維持に必要なのだ」大規模支援

  • 3

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 4

    ブラジル大統領ロックダウンを拒否「どうせ誰もがい…

  • 5

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 6

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 7

    台湾人だけが知る、志村けんが台湾に愛された深い理由

  • 8

    新型コロナ、若者ばかりが責められて「中高年」の問…

  • 9

    コロナ禍のアメリカでひよこがバカ売れ

  • 10

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を…

  • 1

    一斉休校でわかった日本人のレベルの低さ

  • 2

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 3

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 4

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロ…

  • 5

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけで…

  • 6

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 7

    韓国はなぜ日本の入国制限に猛反発したのか

  • 8

    フランスから見ると驚愕の域、日本の鉄道のあり得な…

  • 9

    新型コロナショック対策:消費税減税も現金給付も100…

  • 10

    豪でトイレットペーパーめぐって乱闘 英・独のスー…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月