最新記事

監督インタビュー

『ダンシング・ベートーヴェン』の舞台裏

2017年12月26日(火)10時20分
大橋 希(本誌記者)

(C)Fondation Maurice Bejart, 2015

<ベジャールのバレエ「第九」の舞台製作プロジェクトを追いかけたドキュメンタリー『ダンシング・ベートーヴェン』の監督アランチャ・アギーレが語る舞台の深淵なテーマ>

日本で年末になるとよく演奏されるのが、ベートーヴェンの「第九」こと「交響曲第九番」。この曲にバレエを融合させる大胆なアイデアを実現したのが、今は亡き振付家のモーリス・ベジャールだ。その「交響曲第九番」は総勢80人あまりのダンサーとオーケストラ、合唱団による圧巻の舞台。14年には東京バレエ団とモーリス・ベジャール・バレエ団の共同制作で上演がされたが、そのプロジェクトを追いかけたドキュメンタリーが『ダンシング・ベートーヴェン』だ(日本公開中)。

舞台が完成するまでのダンサーや関係者の努力だけでなく、生と死や人生といった幅広いテーマをみせてくれる。アランチャ・アギーレ監督に話を聞いた。

***


――まず、ベジャールのバレエはどこが特別なのだろうか。

ダンスに知性を持ち込んだのがベジャール。彼は思想や感情というものをダンスによって伝えようとした。ダンスのスピリチュアリティを回復させた人でもある。ダンスはもともと宗教に関係し、精神的なものを持っていたが、歴史を経るなかで形式的、装飾的なものが重視されるようになっていった。その中でベジャールはもう一度スピリチュアルなものに回帰しようとした。

――「第九」の舞台ではさまざまな国のダンサーが踊るが、そもそも人種の多様性はベジャールのバレエ団の特徴でもある? 

その通り。例えばパリのオペラ座バレエ団などではダンサーの90%はフランス人だが、ベジャールのバレエ団は設立当初からあえてさまざまな国籍、人種の人を集めている。彼は世界中の文化に興味を持っていた。今はそうしたバレエ団は他にもあるが、ベジャールがパイオニアの1人だった。

まさにそうしたバレエ団だからこそ、「第九」と完璧に合っている。第4楽章の「歓喜の歌」はシラーの詩が歌詞に使われているが、そこでは「人類は兄弟だ」と歌われている。

――12世紀の修道士の話と、ベジャールの舞台で表現される「円」について触れたプロローグが印象的だった。

ベジャールはいつも宗教的なモチーフを取り入れていたし、「円」は彼のお気に入りのモチーフだ。ダンスは円である、と考えていた。

原始の踊りは円を基本としていたが、それが変わったのがフランスのルイ14世(太陽王)の時代。ルイ14世は今日のクラシックバレエを確立したが、その頃には円を2つに割って現在のような舞台の形、つまり正面だけを向いて踊るスタイルになった。

それをベジャールがもう一度、「ダンスは円である」という原点に回帰させた。ある意味でけがを治したというか、損なわれていたものを回復させた。

ニュース速報

ワールド

焦点:中国依存のドイツが味わう「ゆでガエル」の恐怖

ワールド

日米で通商巡り違いあるのは事実=G20で麻生財務相

ワールド

北朝鮮、ICBM実験停止と核実験施設の廃棄を表明

ビジネス

富士フィルムと米ゼロックス、経営統合計画の再交渉目

MAGAZINE

特集:技能実習生残酷物語

2018-4・24号(4/17発売)

アジアの若者に技術を伝え、労働力不足を解消する制度がなぜ「ブラック現場」を生むようになったのか

人気ランキング

  • 1

    「何かがおかしい...」国のやり方を疑い始めた北朝鮮の人々

  • 2

    空自F2後継機、米ローキードがF22・35ベースの開発打診 日本の仕事激減が再び?

  • 3

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた53歳上の女性とは

  • 4

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 5

    「ヒトラーが南米逃亡に使った」はずのナチス高性能…

  • 6

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 7

    こんなエコノミーは嫌だ! 合理的すぎる座席で、機…

  • 8

    対北朝鮮融和に一直線、韓国文政権の「検閲」が始ま…

  • 9

    アマゾン・エコーが、英会話の練習相手になってくれた

  • 10

    地球外生命が存在しにくい理由が明らかに――やはり、…

  • 1

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた53歳上の女性とは

  • 2

    こんなエコノミーは嫌だ! 合理的すぎる座席で、機内はまるで満員電車?

  • 3

    「何かがおかしい...」国のやり方を疑い始めた北朝鮮の人々

  • 4

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 5

    「ヒトラーが南米逃亡に使った」はずのナチス高性能…

  • 6

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 7

    地球外生命が存在しにくい理由が明らかに――やはり、…

  • 8

    金正恩は「裏切り」にあったか......脱北者をめぐる…

  • 9

    ジェット旅客機の死亡事故ゼロ:空の旅を安全にした…

  • 10

    アマゾン・エコーが、英会話の練習相手になってくれた

  • 1

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 2

    ユーチューブ銃撃事件の犯人の奇妙な素顔 「ビーガン、ボディビルダー、動物の権利活動家」 

  • 3

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 4

    「金正恩を倒せ!」落書き事件続発に北朝鮮が大慌て

  • 5

    金正恩が習近平の前で大人しくなった...「必死のメモ…

  • 6

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた5…

  • 7

    ヒトの器官で最大の器官が新たに発見される

  • 8

    「パスタは食べても太らない」──カナダ研究

  • 9

    2度見するしかない ハマってしまった動物たちの異様…

  • 10

    整形で「デザイナー・ヴァギナ」を求める女性が急増

グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ 日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

SPECIAL ISSUE 丸ごと1冊 プーチン

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年4月
  • 2018年3月
  • 2018年2月
  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年11月