最新記事

食品

ひき肉の偽装表示も99%の精度で暴く

2017年12月16日(土)14時00分
デーナ・ダビー

大量に製造されるひき肉には何が混じっているか分からない Justin Sullivan/GETTY IMAGES

<この肉は本当にラベルどおりで混ぜ物なし? そんな不安を打ち消すための研究が進んでいる>

肉を食べる人は、たいていある種の「賭け」をしている。自分の食べている肉が、ラベルに書かれているとおりのものかどうかを知る手だてはほとんどないからだ。

そこでカナダのブリティッシュ・コロンビア大学(UBC)のチームは、肉製品の内容を識別する方法を研究中。肉製品が汚染されていたり、腸など嫌な臭いのする部位や、ネズミや馬など他の動物の肉が混入されていたりするのを正確に識別できる装置を開発した。

この技術はとてもシンプルだ。肉の分子が発するスペクトルというエネルギー信号を捕捉するレーザー分光器を使っている。スペクトルは肉の内部の物質の「イメージ」を正確に反映する。

動物の肉は部位によって化学組成が異なるため、体の各部位の肉は別々のスペクトルを作り出し、レーザーに異なった反応を示す。研究者はこれらのスペクトルを今まで蓄えたスペクトルのデータベースと照合して、その肉が動物のどの部分かを特定。どの動物のどの部位の肉が、どれだけの割合で含まれているかが99%の精度で分かる。

「研究に使ったレーザー分光器は、市販されている装置。この研究では、データベースの作成に重点を置いた」と、プロジェクトの主任研究者で、UBC土地・食料システム学科の博士課程に在籍する胡雅西(フー・ヤーシー)は言う。

今のところ胡らが作成したデータベースには、6つの異なる種類の臓器が含まれている。「牛肉の中に何十種類もの混ぜ物が含まれている可能性を考えれば、もっとデータベースを充実させ、販売されている製品を確実に分析できるようにしなくてはいけない」と、彼女は語る。

MAGAZINE

特集:日本と韓国 悪いのはどちらか

2019-9・24号(9/18発売)

終わりなき争いを続ける日本と韓国── 泥沼の関係に陥った本当の原因と「出口」を考える

人気ランキング

  • 1

    数千億円かけたサウジ防空システムに欠陥 わずか数万円のドローン攻撃に無防備

  • 2

    繁殖を止めるために遺伝子組み換えされた蚊、自然界に放たれ裏目の結果に

  • 3

    「日本のハイジ」を通しスイスという国が受容されている──スイス国立博物館のハイジ展の本気度

  • 4

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

  • 5

    嘘だらけの製薬会社が引き起こした米オピオイド危機…

  • 6

    フリーランスの収入で「普通」の生活ができる人はど…

  • 7

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 8

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 9

    北朝鮮船がロシアの国境警備艇を攻撃、日本海で多発…

  • 10

    男たちの女性差別がでっち上げた蔡英文の学歴詐称疑惑

  • 1

    コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があることが発見される

  • 2

    サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

  • 3

    繁殖を止めるために遺伝子組み換えされた蚊、自然界に放たれ裏目の結果に

  • 4

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

  • 5

    韓国航空会社の受難......ウォン安、原油高騰に「ボ…

  • 6

    「日本のハイジ」を通しスイスという国が受容されて…

  • 7

    サウジのムハンマド皇太子、韓国に防空システム構築…

  • 8

    【速報】韓国の文在寅大統領、支持率が過去最低を記録

  • 9

    米軍戦闘機が撮ったUFO映像「本物」と米海軍が認める

  • 10

    嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

  • 1

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 2

    嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

  • 3

    日本はもはや後進国であると認める勇気を持とう

  • 4

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 5

    ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さ…

  • 6

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 7

    コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があること…

  • 8

    サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

  • 9

    繁殖を止めるために遺伝子組み換えされた蚊、自然界…

  • 10

    「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月