最新記事

セクハラ

アラバマ州上院補選、暴行疑惑の共和ムーア候補が遊説再開 疑惑は否定

2017年11月28日(火)16時01分

11月27日、米アラバマ州で来月行われる上院補欠選挙の共和党候補で同州の最高裁判事だったロイ・ムーア氏は、過去に少女らにわいせつ行為を行ったとの疑惑を報じられたことについて、あらためて疑惑を否定した。11日、アラバマ州で保険津選挙の候補者イベントに参加する同氏(2017年 ロイター/Marvin Gentry)

米アラバマ州で来月行われる上院補欠選挙の共和党候補で同州の最高裁判事だったロイ・ムーア氏は27日、過去に少女らにわいせつ行為を行ったとの疑惑を報じられたことについて、あらためて疑惑を否定した。

ムーア氏はこの日、約2週間ぶりに遊説を再開。今月初めに米紙ワシントン・ポストが最初に疑惑を報じて以来、ムーア氏は選挙活動を控え、質問を受けることを避けてきた。

ムーア氏は集まった支持者ら120人余りを前に、疑惑は誤りかつ悪意に基づく主張であり、民主・共和両党の政治家は自身を落選させようと必死になっていると指摘。「まさに汚い政治の表れだ。現代の不道徳を示している」と述べた。

また、一連の疑惑は「本当の問題」から国民の気をそらすのが狙いだとし、「政治家は選挙に勝つために手段を選ばない」と語った。

ロイターはムーア氏に関する疑惑について、独自に確認できていない。

トランプ大統領はムーア氏を擁護する立場を示したが、ホワイトハウス当局者は大統領が補欠選のためにムーア氏の応援に回ることはないと述べた。

セッションズ司法長官の上院議員辞任に伴うアラバマ州の補欠選は12月12日に行われる。上院(定数100)における共和党の議席は52と、過半数をかろうじて上回る状況にあり、共和党は重要法案を可決させるために議席を維持する必要に迫られている。

[ヘナガー(米アラバマ州) 27日 ロイター]


120x28 Reuters.gif

Copyright (C) 2017トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます



1205-thumb-240xauto.jpg【本誌12/5号】特集:セクハラは#MeTooで滅ぶのか

ハリウッド発のセクハラ告発が世界に拡大中── なぜ男性は女性に対する性的虐待をやめられない?

米社会 「男の妄想」への大反撃が始まった
日本社会 #MeTooは日本にも広がるか
リスト 告発された男たち...
波紋 世界ではどんな#MeTooが?
インタビュー 男が女を辱めて満足感を得る理由
調査 若者の意識も改善の余地あり
メディア GQの表紙では女性だけがおへそを出す
詳しくはこちら=>>

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

パレスチナ国連加盟、「2国家解決」につながらず=米

ワールド

中国、米会合で貿易制限に懸念表明 生産能力問題も協

ビジネス

ベトナム中銀、サイゴン商銀に前代未聞の240億ドル

ビジネス

モルガンS、アジア投資銀行部門で少なくとも50人削
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:老人極貧社会 韓国
特集:老人極貧社会 韓国
2024年4月23日号(4/16発売)

地下鉄宅配に古紙回収......繁栄から取り残され、韓国のシニア層は貧困にあえいでいる

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    攻撃と迎撃の区別もつかない?──イランの数百の無人機やミサイルとイスラエルの「アイアンドーム」が乱れ飛んだ中東の夜間映像

  • 2

    大半がクリミアから撤退か...衛星写真が示す、ロシア黒海艦隊「主力不在」の実態

  • 3

    天才・大谷翔平の足を引っ張った、ダメダメ過ぎる「無能の専門家」の面々

  • 4

    韓国の春に思うこと、セウォル号事故から10年

  • 5

    人類史上最速の人口減少国・韓国...状況を好転させる…

  • 6

    アメリカ製ドローンはウクライナで役に立たなかった

  • 7

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 8

    中国もトルコもUAEも......米経済制裁の効果で世界が…

  • 9

    【画像・動画】ウクライナ人の叡智を詰め込んだ国産…

  • 10

    訪中のショルツ独首相が語った「中国車への注文」

  • 1

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 2

    NASAが月面を横切るUFOのような写真を公開、その正体は

  • 3

    犬に覚せい剤を打って捨てた飼い主に怒りが広がる...当局が撮影していた、犬の「尋常ではない」様子

  • 4

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 5

    ロシアの隣りの強権国家までがロシア離れ、「ウクラ…

  • 6

    NewJeans、ILLIT、LE SSERAFIM...... K-POPガールズグ…

  • 7

    ドネツク州でロシアが過去最大の「戦車攻撃」を実施…

  • 8

    「もしカップメンだけで生活したら...」生物学者と料…

  • 9

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 10

    攻撃と迎撃の区別もつかない?──イランの数百の無人…

  • 1

    人から褒められた時、どう返事してますか? ブッダが説いた「どんどん伸びる人の返し文句」

  • 2

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 3

    88歳の現役医師が健康のために「絶対にしない3つのこと」目からうろこの健康法

  • 4

    ロシアの迫撃砲RBU6000「スメルチ2」、爆発・炎上の…

  • 5

    バルチック艦隊、自国の船をミサイル「誤爆」で撃沈…

  • 6

    ロシアが前線に投入した地上戦闘ロボットをウクライ…

  • 7

    巨匠コンビによる「戦争観が古すぎる」ドラマ『マス…

  • 8

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 9

    1500年前の中国の皇帝・武帝の「顔」、DNAから復元に…

  • 10

    浴室で虫を発見、よく見てみると...男性が思わず悲鳴…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中