最新記事

宇宙

耐えられる? 「30日間、頭を下にして横たわる実験」をNASAが実施中

2017年10月24日(火)18時20分
松岡由希子

Credits: DLR

<NASAはドイツ航空宇宙センターとともに、傾斜角6度で頭を下向きにしたまま30日間過ごすという実験を開始した。食事や排泄などの際も一切起き上がることはできない>

宇宙飛行士が経験する視覚トラブルと似た状態に

NASA(アメリカ航空宇宙局)は、ドイツ航空宇宙センター(DLR)との提携のもと、宇宙飛行士の体液の圧力が目や視神経にもたらす影響を分析するべく、2017年10月、12名の被験者を対象にシミュレーション実験を開始した。

これは、NASAが15分野にわたって実施している研究ミッション「フライト・アナログス・プログラム」のひとつで、宇宙でヒトの身体が体感するものと似た作用をもたらす状況を地上の専門施設で人工的につくりだし、宇宙飛行士が安全かつ生産的に宇宙探査するための手法や技術の研究開発に役立てようというものだ。

この実験プロジェクトでは、ドイツ西部ケルンのドイツ航空宇宙センターにある宇宙医学研究施設「envihab」で、被験者がベッドに横たわったまま30日間過ごす。被験者は、食事や排泄、入浴などの際も一切起き上がることはできず、常時、ベッドの上で、傾斜角6度で頭を下向きにした体勢を保たなければならない。

これは、宇宙の無重力状態をシミュレーションしたもので、被験者の体液が頭の方へ流れるようにすることで、宇宙空間で宇宙飛行士が経験する視覚トラブルを引き起こす状況と似た状態にし、無重力状態に身体がどのように順応するのかを観察するのだという。

フランスでは、1万6000ユーロが支給

また、国際宇宙ステーション(ISS)をはじめ多くの宇宙船の内部では、地球の大気よりも二酸化炭素の濃度が高くなることをふまえ、被験者が過ごす室内の二酸化炭素濃度は0.5%と、大気中の二酸化炭素濃度0.04%よりも高く設定されている。

この実験プロジェクトの期間中、被験者は、家族や友人と電話で連絡をとることはできるものの、面会は認められておらず、食事のメニューや時刻も厳密に管理される。また、MRI検査で脳や目の構造の変化をチェックされるほか、血圧や心拍数、栄養吸収、エネルギー消費、骨量、被験者の気分までモニタリングされる。

なお、同様のシミュレーション実験は、これまでも実施されている。NASAのほか、フランス宇宙医学・生理学研究所(MEDES)でも、20歳から45歳までの男性を対象にボランティアを募り、60日間にわたる同様の実験プロジェクトを2017年1月から実施。被験者には報酬として1万6000ユーロ(約213万円)が支給されるそうだ。

さて、このような"ベッドに横たわるだけの仕事"、あなたなら、トライしてみたい?

関連ワード

ニュース速報

ワールド

中国本土、新型コロナ新規感染者は8人に増加

ワールド

中国、武器貿易条約に加盟 米を暗に批判

ビジネス

10月の世銀・IMF年次総会、オンラインで開催へ=

ワールド

世銀、今年のロシア成長率をマイナス6%と予想

MAGAZINE

特集:香港の挽歌

2020-7・14号(7/ 7発売)

国家安全法で香港の自由と繁栄は終わり? 中国の次の狙いと民主派を待つ運命

人気ランキング

  • 1

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 2

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで浮上する第2の道とは

  • 3

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

  • 4

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 5

    「県境をまたぐ移動自粛、一律要請の必要ない」 東京…

  • 6

    火星の移住に必要な人数は何人だろうか? 数学モデ…

  • 7

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪…

  • 8

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」…

  • 9

    「君たちのせいだよ」ベルリン地下鉄のマスク着用徹…

  • 10

    新型コロナ、血液型によって重症化に差が出るとの研究…

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪雨で大規模水害、そして...

  • 3

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 4

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 5

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 6

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 7

    英首相ジョンソン、香港市民の英市民権取得を確約 中…

  • 8

    スウェーデンの悪夢はパンデミック以前から始まって…

  • 9

    東京都、3日の新型コロナ新規感染は124人 小池知事「…

  • 10

    北京で6月にクラスター発生したコロナウイルス、東南…

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪雨で大規模水害、そして...

  • 3

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 4

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 5

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 6

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 7

    ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持…

  • 8

    自殺かリンチか、差別に怒るアメリカで木に吊るされ…

  • 9

    宇宙に関する「最も恐ろしいこと」は何? 米投稿サ…

  • 10

    「この貞淑な花嫁は......男だ」 イスラムの教え強い…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月