最新記事

ペット

犬種と性格をめぐるステレオタイプが犬の命を脅かす

2017年9月13日(水)17時40分
クライブ・ウィン(アリゾナ州立大学教授)、リサ・ガンター(同博士課程在籍)

犬種による性格の決め付けは完全に間違っていることもある David Leahy/Compassionate Eye Foundation-Digitalvision/GETTY IMAGES

<「ピットブルは凶暴」といった思い込みに惑わされて里親が見つからない悲劇が多発している>

ボリスとブレンダンは双子といってもおかしくない。どちらも背は低いほうで、毛は茶色、幅の広い顔に小さな目が輝いている。どちらも犬舎に誰か近づいてくると興奮した様子で尻尾を振り、その人が立ち去れば悲しそうにほえ立てる。

そして、どちらもフロリダ州のドッグシェルター(保護施設)で里親を探していた。だが、2匹の運命は大きく分かれた。ボリスは1週間で里親が見つかったが、ブレンダンは2カ月かかった。その直前にシェルター側が「殺さない」方針を採用していなければ、ブレンダンは殺処分されていたはずだ(アメリカでは毎年100万匹近い犬が殺処分されている)。

何が2匹の運命を分けたのか。全ては犬種というレッテルのせいだ。ボリスは「ラブラドールとジャーマン・ショートヘア・ポインターのミックス」、ブレンダンは「ピットブル」と表示されていた。

犬種による性格の違いは、自動車の車種や型番のように確実なものに思われがちだ。しかし最新の研究によれば、この犬種の犬はこんな性格に違いないというステレオタイプは誤解を招きやすかったり、完全に間違っていたりする。

そもそも、ピットブルは正式な犬種ですらない。小型でがっしりした体格で幅広顔の犬を一くくりにした通称だ。1980年代に都市部で番犬として飼われ、凶暴なイメージが定着した。

だが2000~09年にアメリカで犬が人を襲い死亡させたケースを分析した結果、凶暴な性格の背景には犬種以外の多くの要因があることが分かった。犬種は正確に報告されないことも多い一方、性別、避妊手術の有無、虐待・ネグレクト(飼育放棄)の形跡などのほうが性格形成に重要な役割を果たしていた。

それに人間と同じく、犬の性格にも遺伝と環境が複雑に絡んでいる。民族的背景だけで人を判断すべきでないのと同じように、犬種のイメージに惑わされるべきではない。だが現実には、アメリカの多くのシェルターでピットブルがあふれ返っている。ピットブルと思われる犬を里親探しにすら出さない施設もあるほどだ。

【参考記事】「もふもふ」OK! 米空港で旅行者を癒すセラピー犬増加中

信用できない「犬種」表示

里親候補から「どんな犬?」と尋ねられると、施設側は犬種を答えがちだ。しかし収容されている犬の大部分は、血統書があるわけでも遺伝子検査を受けたわけでもない。表示されている犬種はあくまでも外見から判断したものにすぎない。

公認の犬種だけでも300を超え、55兆に達する掛け合わせの可能性があるのだから、外見から推測した犬種がたいてい間違っているのも無理はない。シェルターにいる犬は、私たちが想像もつかないほど複雑な「混血」なのだ。

MAGAZINE

特集:ニュースを読み解く 哲学超入門

2019-5・28号(5/21発売)

トランプ現象、移民、監視社会、SNS...... AIも解答不能な難問にあの思想家ならこう答える

人気ランキング

  • 1

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

  • 2

    元TBSアナ久保田智子:不良だった私が東大に入るまで

  • 3

    アメリカがイランを攻撃できない理由──「イラク侵攻」以上の危険性とは

  • 4

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 5

    「イランは終わりだ!」バグダッドの米大使館付近へ…

  • 6

    「幸せな結婚生活」の科学 研究者夫妻が導き出した…

  • 7

    【特別寄稿】TBSアナ久保田智子「私の広島、私達のヒ…

  • 8

    学力格差より深刻な、低所得層の子どもの「自尊心格…

  • 9

    ファーウェイたたきはトランプの大博打

  • 10

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

  • 1

    徴用工問題で日韓が近づく危険な限界点

  • 2

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の容疑者が再犯 少年法見直しの議論は海外にも 

  • 3

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない「仲間」たち

  • 4

    トランプの言うことは正しい

  • 5

    アメリカがイランを攻撃できない理由──「イラク侵攻…

  • 6

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 7

    10%の食塩水1kg作るのに必要な塩と水は? 大学生が「%…

  • 8

    ジョンベネ殺害事件で、遂に真犯人が殺害を自供か?

  • 9

    「古代マヤの宇宙飛行士」説、アメリカで再浮上?

  • 10

    強気の米中、双方に死角あり「アメリカはまずい手を…

  • 1

    徴用工問題で日韓が近づく危険な限界点

  • 2

    「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    59歳の人気ランジェリーモデルは5年前まで普通のお母…

  • 5

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

  • 6

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 7

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 8

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 9

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 10

    金正恩の「最愛の妹」身辺に異変か......「米朝決裂…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月