最新記事

ペット

犬種と性格をめぐるステレオタイプが犬の命を脅かす

2017年9月13日(水)17時40分
クライブ・ウィン(アリゾナ州立大学教授)、リサ・ガンター(同博士課程在籍)

犬種による性格の決め付けは完全に間違っていることもある David Leahy/Compassionate Eye Foundation-Digitalvision/GETTY IMAGES

<「ピットブルは凶暴」といった思い込みに惑わされて里親が見つからない悲劇が多発している>

ボリスとブレンダンは双子といってもおかしくない。どちらも背は低いほうで、毛は茶色、幅の広い顔に小さな目が輝いている。どちらも犬舎に誰か近づいてくると興奮した様子で尻尾を振り、その人が立ち去れば悲しそうにほえ立てる。

そして、どちらもフロリダ州のドッグシェルター(保護施設)で里親を探していた。だが、2匹の運命は大きく分かれた。ボリスは1週間で里親が見つかったが、ブレンダンは2カ月かかった。その直前にシェルター側が「殺さない」方針を採用していなければ、ブレンダンは殺処分されていたはずだ(アメリカでは毎年100万匹近い犬が殺処分されている)。

何が2匹の運命を分けたのか。全ては犬種というレッテルのせいだ。ボリスは「ラブラドールとジャーマン・ショートヘア・ポインターのミックス」、ブレンダンは「ピットブル」と表示されていた。

犬種による性格の違いは、自動車の車種や型番のように確実なものに思われがちだ。しかし最新の研究によれば、この犬種の犬はこんな性格に違いないというステレオタイプは誤解を招きやすかったり、完全に間違っていたりする。

そもそも、ピットブルは正式な犬種ですらない。小型でがっしりした体格で幅広顔の犬を一くくりにした通称だ。1980年代に都市部で番犬として飼われ、凶暴なイメージが定着した。

だが2000~09年にアメリカで犬が人を襲い死亡させたケースを分析した結果、凶暴な性格の背景には犬種以外の多くの要因があることが分かった。犬種は正確に報告されないことも多い一方、性別、避妊手術の有無、虐待・ネグレクト(飼育放棄)の形跡などのほうが性格形成に重要な役割を果たしていた。

それに人間と同じく、犬の性格にも遺伝と環境が複雑に絡んでいる。民族的背景だけで人を判断すべきでないのと同じように、犬種のイメージに惑わされるべきではない。だが現実には、アメリカの多くのシェルターでピットブルがあふれ返っている。ピットブルと思われる犬を里親探しにすら出さない施設もあるほどだ。

【参考記事】「もふもふ」OK! 米空港で旅行者を癒すセラピー犬増加中

信用できない「犬種」表示

里親候補から「どんな犬?」と尋ねられると、施設側は犬種を答えがちだ。しかし収容されている犬の大部分は、血統書があるわけでも遺伝子検査を受けたわけでもない。表示されている犬種はあくまでも外見から判断したものにすぎない。

公認の犬種だけでも300を超え、55兆に達する掛け合わせの可能性があるのだから、外見から推測した犬種がたいてい間違っているのも無理はない。シェルターにいる犬は、私たちが想像もつかないほど複雑な「混血」なのだ。

関連ワード

ニュース速報

ワールド

インフルエンザワクチン、北半球の一部で追加入手が困

ワールド

留学や長期滞在の外国人の入国を10月から再開=菅首

ビジネス

日立の送配電網子会社、2025年までに利益が目標上

ビジネス

ANAHD、「検討の事実ない」 2000億円規模の

MAGAZINE

特集:コロナで世界に貢献した グッドカンパニー50

2020-9・29号(9/23発売)

新型コロナで企業フィランソロピーが本格化──利益も上げ、世界を救うグッドカンパニー50社を紹介

人気ランキング

  • 1

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮想「東シナ海戦争」の結末

  • 2

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

  • 3

    美貌の女性解説員を破滅させた、金正恩「拷問部隊」の卑劣な手口

  • 4

    台湾有事を想定した動画を中国軍が公開

  • 5

    ロックダウンに耐え忍んだ末のイギリスの規制強化は…

  • 6

    「習vs.李の権力闘争という夢物語」の夢物語

  • 7

    韓国の新法相、秋美愛氏にも不正疑惑で、文在寅不信…

  • 8

    日本人はたぶん知らない、日本の定期券がちょっと残…

  • 9

    インドネシア、コロナ死者1万人突破 政府は打つ手な…

  • 10

    Siriが「テロリストは警官」と返答、アップルに怒り…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

  • 4

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 5

    権威なき少数民族にはここまで残酷になれる、中国の…

  • 6

    拡張主義・中国の「武力」を4カ国連携で封じ込めよ

  • 7

    どこが人権国家? オーストラリア政府がコロナ禍で…

  • 8

    美貌の女性解説員を破滅させた、金正恩「拷問部隊」…

  • 9

    2020年ドイツ人が最も恐れるのは......コロナではな…

  • 10

    なぜ日本は「昭和」のままなのか 遅すぎた菅義偉首…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国・三峡ダムに過去最大の水量流入、いまダムはどうなっている?

  • 3

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 4

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像と…

  • 5

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

  • 6

    1件40円、すべて「自己責任」のメーター検針員をク…

  • 7

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 8

    米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

  • 9

    アラスカ漁船がロシア艦隊と鉢合わせ、米軍機がロシ…

  • 10

    太陽の黒点のクローズアップ 最新高解像度画像が公…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月