最新記事

土星探査機

土星探査機カッシーニ、最終任務は衛星タイタンへの「最後のキス」

Cassini’s Grand Finale: NASA Spacecraft’s ‘Final Kiss’ Around Saturn

2017年9月1日(金)15時00分
メーガン・バーテルズ

土星に突入したカッシーニは地表面に到達する前に大気中で消滅する NASA/JPL-CALTECH

<13年にわたって土星探査を行ったNASAの探査機カッシーニが、今月15日にその使命を終え、土星の大気に突入して燃え尽きる>

NASA(米航空宇宙局)の土星探査機カッシーニは、2週間後に燃料を使い切り、13年に及んだ土星周回のミッションを終えて、土星の大気に突入してその生涯を閉じる。

カッシーニのプロジェクトを担当してきた科学者たちには、いずれこの時が来ることはわかっていた。29日に行われた会見でNASAのリンダ・スパイカーは、「予定通りの最後だ」と語った。「土星の夏至にあたる時期までしか燃料は搭載していない。その最期の時が来た」と言う。

「自殺」するのは悲しい運命のようでもあるが、生物が生息できる可能性のある衛星エンケラドスなどに、地球からカッシーニが持っていった微生物が侵入する事態は回避しなければならない。

【参考記事】人類共通の目標に大きな一歩、NASAが地球と似た惑星を7つ発見

しかしその前に、カッシーニには重要な任務が残っている。NASAは早期の段階で探査機を壊すのを避けるため、最も危険な任務は最後に回しているのだ。

捨て身のジャンプ

カッシーニはこれまでに22回土星を周回し、その間に土星とリングの間にも「ジャンプ」している。そして今月9日、最後のリングへの接近を試みる。

これまでのジャンプでは、リングの内側からの光景を送信してきただけでなく、リングの成り立ちについて学ぶ機会を提供している。まだ解明されていないのは、リングがどれだけのどんな物質でできているかという点だ。

リングを形成する物質が大きければ、リングも土星と同じ時期に形成されたと考えられる。しかし、もし小さければ(現状ではこちらの可能性が高いが)、リングは土星より新しく、おそらく土星に接近し過ぎた彗星や衛星が巨大な重力で破壊されてできたと考えられる。

【参考記事】「地球の気温は250度まで上昇し硫酸の雨が降る」ホーキング博士

cassini02.jpg

4月以降のカッシーニの軌跡。オレンジのラインが土星突入への最後の経路 NASA/JPL-CALTECH

また土星の大気とリングの間にどんな化学反応があるのかもわかるだろう。土星の大気は、カッシーニがこれまで危険を冒して大気に進入してくれたおかげで、想像以上に複雑な組成だったことがわかっている。

そしてリングに近づく最後の任務がうまくいけば、リングの局地的な物質の密度の濃さや縞模様など、いまだに科学者が解明できていない謎に迫ることができる。

カッシーニはリングのそばを通り過ぎるといったん土星から遠ざかり、最大の衛星タイタンに接近する。タイタンの巨大な重力にカッシーニは推進力を奪われ、次に土星に戻る時にはもうその重力から逃れられなくなる。そのためNASAはタイタンへの接近を「最後のキス」と呼んでいる。

【参考記事】宇宙からのメッセージ!? 11光年先の惑星から謎の信号

ニュース速報

ビジネス

インタビュー:成長事業は健康領域、必要に応じてM&

ビジネス

インタビュー:ドル105円割れは買い、株は上値で売

ワールド

米伝道師ビリー・グラハム氏が死去、歴代大統領にも助

ワールド

北朝鮮、五輪閉会式に金英哲・労働党副委員長を派遣=

MAGAZINE

特集:韓国人の本音 ピョンチャン五輪と南北融和

2018-2・27号(2/20発売)

平昌五輪での北朝鮮の融和外交が世界を驚かせたが、当の韓国人は南北和解と統一をどう考えている?

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    【動画】北朝鮮スケート選手の妨害に、日本人選手「故意ではない」

  • 2

    ベネズエラ版ビットコイン「ペトロ」は新手の仮想通貨詐欺

  • 3

    韓国人が「嫌いな国」、中国が日本を抜いて第2位に浮上

  • 4

    裁量労働制のどこがウソなのか?

  • 5

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 6

    50歳以上の「節操のないセックス」でHIV感染が拡大

  • 7

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 8

    春節の中国 ハンドバッグとX線検査機の中へ入る女…

  • 9

    食べつくされる「自撮りザル」、肉に飢えた地元民の…

  • 10

    韓国の一般市民はどう思ってる? 平昌五輪「南北和…

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    【動画】北朝鮮スケート選手の妨害に、日本人選手「故意ではない」

  • 3

    「愛してると伝えて」米フロリダの銃乱射の教室で何が起こったのか

  • 4

    岐阜県の盗撮疑惑事件で垣間見えた、外国人技能実習…

  • 5

    北朝鮮「スリーパーセル」論争に隠された虚しい現実

  • 6

    広がる「工作員妄想」~三浦瑠麗氏発言の背景~

  • 7

    金正恩のお菓子セットが「不味すぎて」発展する北朝…

  • 8

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 9

    食べつくされる「自撮りザル」、肉に飢えた地元民の…

  • 10

    50歳以上の「節操のないセックス」でHIV感染が拡大

  • 1

    265年に1度? 31日夜、「スーパー・ブルー・ブラッドムーン」が空を彩る

  • 2

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 3

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 4

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 5

    北朝鮮と戦う米軍兵士は地獄を見る

  • 6

    「逆にいやらしい」忖度しすぎなインドネシアの放送…

  • 7

    【動画】北朝鮮スケート選手の妨害に、日本人選手「…

  • 8

    ビットコイン暴落でネット上に自殺防止ホットライン

  • 9

    北朝鮮に帰る美女楽団を待ち伏せしていた「二重脱北…

  • 10

    北朝鮮を戦争に駆り立てるトランプに怯え始めたロシア

日本再発見 シーズン2
デジタル/プリントメディア広告セールス部員募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

丸ごと1冊金正恩

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年2月
  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月