最新記事

宇宙

宇宙からのメッセージ!? 11光年先の惑星から謎の信号

2017年7月20日(木)12時30分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

forplayday-iStock

<プエルトリコで観測されたパルス信号の送り主は宇宙か、それとも......>

11光年離れた赤色矮星から謎の信号が発信されている――。発見した科学者によると「きわめて特異」なパルス信号で、近辺の星から同様の信号は観察されていない。

発見したのは、アメリカのアレシボ天文台(プエルトリコ)の研究チーム。今年4、5月に7つの星を観測したところ、おとめ座の方向にある小型の恒星「ロス128」だけ不思議な電波信号を発していた。プエルトリコ大学アレシボ校の惑星居住可能性研究所に所属する研究者のアベル・メンデスは、「非常に独特な信号が存在しているのを認識した」と説明した。

考えられるのは3つの説

この信号についてNewsweek英語版は、現時点で考えられる3つの説を紹介している。1.太陽フレアが引き起こすⅡ型電波バーストに似た放射電磁波 2.「ロス128」付近にある別の天体が発する放射電磁波 3.高軌道衛星から発せられるもの、という可能性がある。

しかしながら、メンデスは3つの説を「それぞれ問題がある」と指摘。そのうえでこう言っている。「発信元が宇宙人ではないか、というよくある仮説は、可能性リストの下のほうにある」。

通常は、データ分析をすれば宇宙からのものか、人工物から発生する微弱な電波等に起因する「ローカル干渉」かは、わかるという。メンデスも「簡単に見分けがつくから、大抵は謎にならない。でも今回はどちらとも捉えられるもので、判断できない」と述べている。

【参考記事】宇宙国家「アスガルディア」構想が始動:軌道上から地球を防衛、国民も募集中
【参考記事】人類共通の目標に大きな一歩、NASAが地球と似た惑星を7つ発見

単なるメッセージ騒動か

宇宙からのメッセ―ジを巡る騒動はこれまでもあった。1998年、オーストラリアのパークス天文台が捉えた謎の異常信号の発信元はなかなか特定できず、宇宙人の存在に期待を膨らませるような報道もあった。そして17年後、ついに明らかになった送り主の正体は、遠く離れた星ではなく、施設内の台所にある電子レンジだったというエピソードを英テレグラフが伝えている。

かたや最近では、英デイリーメール紙が4月3日付けの記事で、シドニー大学所有のモロングロ天文台の合成望遠鏡が捉えた謎の電波を解析した結果、ローカル干渉によるものではないと報じた。

来週、謎は深まる?

今回の謎の信号の発信元についてメンデスは、週内か来週はじめにも回答を出す考えを示している。「できるだけ早く発表したい」と本誌に述べており、何らかの答えが出ることに注目が集まる。

そして、その先の可能性についても言及している。「発信元が天文学的事象とローカル干渉のどちらか見分けがつけば、2つ目の謎が浮かんでくる。発信元は、なぜそのような信号を出しているのか、という謎だ」

天文学的事象だったとしても、「その答えを見つけることは難しい。これまでにないケースだからだ」と、メンデスは言う。

【参考記事】多剤耐性菌「MRSA」をロケットで打ち上げへ:宇宙で突然変異を実験
【参考記事】NASA火星の大発見にも「陰謀」を疑うアメリカ人

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガリニューアル!
ご登録(無料)はこちらから=>>

MAGAZINE

特集:残念なリベラルの処方箋

2019-7・ 2号(6/25発売)

日本でもアメリカでも存在感を示せない「リベラル」 対抗軸として政権担当能力を示す方法は?

人気ランキング

  • 1

    未婚女性が結婚相手の男性に求める年収とは......理想と現実の大きなギャップ

  • 2

    生涯未婚率は職業によってこんなに違う

  • 3

    フェイスブックのコンテンツ監視員の職場は「搾取工場」――元監視員が激白

  • 4

    貧困家庭の女子が人生を見限る「自己選抜」......「…

  • 5

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

  • 6

    性的欲望をかきたてるものは人によってこんなに違う

  • 7

    少女の乳房を焼き潰す慣習「胸アイロン」──カメルー…

  • 8

    米富裕層から大統領候補へ「私たちに課税して下さい」

  • 9

    家庭料理に求めるレベルが高すぎて、夫の家事分担が…

  • 10

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 1

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 2

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......その理由は?

  • 3

    テスラの半自動運転システムで居眠りしたまま高速を50キロメートル走行

  • 4

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 5

    走る車の中から子猫を投げ捨て!相次ぐ蛮行に怒りの…

  • 6

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 7

    アメリカ心理学会「体罰反対決議」の本気度──親の体…

  • 8

    イランの無人機撃墜がアメリカにとって重大な理由

  • 9

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 10

    「何か来るにゃ...」 大阪地震の瞬間の猫動画に海外…

  • 1

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 2

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 3

    台湾のビキニ・ハイカー、山で凍死

  • 4

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 5

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 6

    プラスチック製「人工子宮」でヒツジの赤ちゃんが正…

  • 7

    脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

  • 8

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 9

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 10

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版編集部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月