最新記事

制裁措置

北朝鮮の制裁逃れはこうして続く

2017年8月30日(水)11時40分
ダニエル・ソールズベリー、エンディ・マト(ジャーナリスト)

金正男の暗殺事件で友好関係が暗転した(マレーシアの北朝鮮大使館) Athit Perawongmetha-REUTERS

<北朝鮮の洗練された武器ビジネスを支えるマレーシアのフロント企業の知られざる実態>

7月4日に北朝鮮がICBM(大陸間弾道ミサイル)の発射実験に成功したことを受けて、ジョセフ・ユン米国務省北朝鮮政策担当特別代表が東南アジアを訪問した。関係国に北朝鮮への圧力を強めるよう働き掛けるためだ。

11日にはシンガポールで、北朝鮮の核問題をめぐる6カ国協議の外交当局者らが出席する国際会議「北東アジア協力対話」に参加。その後ミャンマー(ビルマ)も訪れた。

シンガポール、ミャンマーの両国では近年、北朝鮮の不法取引に絡んで重要な出来事が起きている。13年に、キューバで武器を積み込んだ北朝鮮籍の船がパナマ運河で拿捕された。これについてシンガポール政府は、資金調達などに関わった容疑で、自国の海運会社を起訴。有罪判決が下され、今年5月に10万ドルの罰金刑が科された。

07年に国交回復した後、ミャンマーは北朝鮮の武器ビジネスの得意先であり、軍事政権下で北朝鮮から核関連技術が移転されているという疑いもあった。しかし、11年の民政移管後は経済と政治の情勢が大きく変わり、北朝鮮への軍事的な依存を弱めている。

北朝鮮との黒いつながりで、最も注目すべき東南アジアの国はマレーシアだ。北朝鮮がマレーシア企業を隠れみのにして、制裁逃れの武器ビジネスを行う実態が明らかになってきた。

【参考記事】北朝鮮を止めるには、制裁以外の新たなアプローチが必要だ

マレーシアと北朝鮮は73年に国交を樹立し、通商関係を築いてきた。03~04年に双方が大使館を設置して、09年には互いに入国ビザを免除。北朝鮮からビザなしで渡航できる唯一の国として友好関係を続けてきた。

ただし、今年2月にクアラルンプール国際空港で、金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長の異母兄である金正男(キム・ジョンナム)が暗殺される事件が発生。殺害には北朝鮮当局が深く関与しているとされ、両国の外交関係は緊張が高まっている。

マレーシアは多くの東南アジア諸国と同様に、国際的な輸出規制が自国の発展を阻害することを警戒してきた。結果として、核技術の拡散などに利用されてきた事実がある。

04年に発覚した「カーン・ネットワーク」事件では、パキスタンの核開発の父と呼ばれる科学者のアブドル・カディル・カーンらが、北朝鮮やイラン、リビアに核関連物質や技術を売り渡していた。マレーシアのSCOPE社が調達した遠心分離機も、ドバイを経由してリビアの核関連施設に渡ったが、同社は当時のマレーシアの国内法に違反していなかった。

09年に当時のバラク・オバマ米政権は、特にイランとの関係を念頭に、「不法取引の世界で、マレーシアが『第2のドバイ』になりつつある」と懸念を示した。

ニュース速報

ワールド

バイデン政権、UAEへの武器売却計画を続行 230

ビジネス

米ソーラーウインズ、ハッカー攻撃で1800万ドル以

ビジネス

機械受注、2月は予想外の8.5%減 判断「持ち直し

ワールド

イラン、ウラン濃縮60%に引き上げへ 来週にも開始

MAGAZINE

特集:日本を置き去りにする デジタル先進国

2021年4月20日号(4/13発売)

コロナを抑え込んだ中国デジタル監視の実態。台湾・韓国にも遅れた日本が今すべきこと

人気ランキング

  • 1

    青色の天然着色料が発見される

  • 2

    ビットコインが、既に失敗した「賢くない」投資である理由

  • 3

    日本だけじゃない...「デジタル後進国」のお粗末過ぎるコロナ対策

  • 4

    ギネスが認めた「世界最高齢の総務部員」 勤続65年、9…

  • 5

    米フロリダ州に座礁したクジラは新種だった

  • 6

    中国製ワクチン、輸出量は既に1億1500万回分だが....…

  • 7

    ヘビ? トカゲ? 進化の過程で四肢をなくし、再び…

  • 8

    半月形の頭部を持つヘビ? 切断しても再生し、両方…

  • 9

    テスラに見る株式市場の先見性、知っておくべき歴史…

  • 10

    韓国ソウル、マンション平均価格が9億ウォン突破 全…

  • 1

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座も危うい

  • 2

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

  • 3

    緑豊かな森林が枯死する「ゴーストフォレスト」が米国で広がっている

  • 4

    北米からシカの狂牛病=狂鹿病が、世界に広がる......

  • 5

    青色の天然着色料が発見される

  • 6

    洪水でクモ大量出現、世界で最も危険な殺人グモも:…

  • 7

    太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測…

  • 8

    ビットコイン:規制は厳しくなる、クレジットカード…

  • 9

    あなたが仕事を始めないのは「やる気が出るのを待って…

  • 10

    「頭の切れる人」とそれほどでもない人の決定的な差 …

  • 1

    太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測される

  • 2

    観測されない「何か」が、太陽系に最も近いヒアデス星団を破壊した

  • 3

    国際宇宙ステーションで新種の微生物が発見される

  • 4

    「夜中に甘いものが食べたい!」 欲望に駆られたとき…

  • 5

    30代男性が急速に「オジサン化」するのはなぜ? やり…

  • 6

    EVはもうすぐ時代遅れに? 「エンジンのまま完全カー…

  • 7

    孤独を好み、孤独に強い......日本人は「孤独耐性」…

  • 8

    ブッダの言葉に学ぶ「攻撃的にディスってくる相手」…

  • 9

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座…

  • 10

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月