最新記事

制裁措置

北朝鮮の制裁逃れはこうして続く

2017年8月30日(水)11時40分
ダニエル・ソールズベリー、エンディ・マト(ジャーナリスト)

金正男の暗殺事件で友好関係が暗転した(マレーシアの北朝鮮大使館) Athit Perawongmetha-REUTERS

<北朝鮮の洗練された武器ビジネスを支えるマレーシアのフロント企業の知られざる実態>

7月4日に北朝鮮がICBM(大陸間弾道ミサイル)の発射実験に成功したことを受けて、ジョセフ・ユン米国務省北朝鮮政策担当特別代表が東南アジアを訪問した。関係国に北朝鮮への圧力を強めるよう働き掛けるためだ。

11日にはシンガポールで、北朝鮮の核問題をめぐる6カ国協議の外交当局者らが出席する国際会議「北東アジア協力対話」に参加。その後ミャンマー(ビルマ)も訪れた。

シンガポール、ミャンマーの両国では近年、北朝鮮の不法取引に絡んで重要な出来事が起きている。13年に、キューバで武器を積み込んだ北朝鮮籍の船がパナマ運河で拿捕された。これについてシンガポール政府は、資金調達などに関わった容疑で、自国の海運会社を起訴。有罪判決が下され、今年5月に10万ドルの罰金刑が科された。

07年に国交回復した後、ミャンマーは北朝鮮の武器ビジネスの得意先であり、軍事政権下で北朝鮮から核関連技術が移転されているという疑いもあった。しかし、11年の民政移管後は経済と政治の情勢が大きく変わり、北朝鮮への軍事的な依存を弱めている。

北朝鮮との黒いつながりで、最も注目すべき東南アジアの国はマレーシアだ。北朝鮮がマレーシア企業を隠れみのにして、制裁逃れの武器ビジネスを行う実態が明らかになってきた。

【参考記事】北朝鮮を止めるには、制裁以外の新たなアプローチが必要だ

マレーシアと北朝鮮は73年に国交を樹立し、通商関係を築いてきた。03~04年に双方が大使館を設置して、09年には互いに入国ビザを免除。北朝鮮からビザなしで渡航できる唯一の国として友好関係を続けてきた。

ただし、今年2月にクアラルンプール国際空港で、金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長の異母兄である金正男(キム・ジョンナム)が暗殺される事件が発生。殺害には北朝鮮当局が深く関与しているとされ、両国の外交関係は緊張が高まっている。

マレーシアは多くの東南アジア諸国と同様に、国際的な輸出規制が自国の発展を阻害することを警戒してきた。結果として、核技術の拡散などに利用されてきた事実がある。

04年に発覚した「カーン・ネットワーク」事件では、パキスタンの核開発の父と呼ばれる科学者のアブドル・カディル・カーンらが、北朝鮮やイラン、リビアに核関連物質や技術を売り渡していた。マレーシアのSCOPE社が調達した遠心分離機も、ドバイを経由してリビアの核関連施設に渡ったが、同社は当時のマレーシアの国内法に違反していなかった。

09年に当時のバラク・オバマ米政権は、特にイランとの関係を念頭に、「不法取引の世界で、マレーシアが『第2のドバイ』になりつつある」と懸念を示した。

MAGAZINE

特集:香港の出口

2019-8・27号(8/20発売)

拡大する香港デモは第2の天安門事件に? 中国「軍事介入」の可能性とリスク

人気ランキング

  • 1

    日本の重要性を見失った韓国

  • 2

    日韓対立の影響は?韓国経済に打撃大きく、日本経済にもマイナス 日韓関係の回復を強く望む

  • 3

    韓国・8月15日、文在寅大統領の退陣要求集会には、安倍政権批判集会以上が参加か

  • 4

    韓国人はなぜデモがそんなに好きなのか

  • 5

    乳がん細胞を脂肪細胞に変えることに成功:バーゼル…

  • 6

    「香港鎮圧」を警告する中国を困惑させる男

  • 7

    日本政府、韓国サムスン向け半導体材料の輸出を再び…

  • 8

    香港デモで資産価値の5分の1が吹き飛び、キャセイ航…

  • 9

    韓国航空業界に再編の荒波 アシアナは投資ファンド…

  • 10

    韓国金融当局、独10年債利回り連動デリバティブを調査…

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 3

    日本の重要性を見失った韓国

  • 4

    世界が発想に驚いた日本の「ロボット尻尾」、使い道…

  • 5

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 6

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 7

    世界が知る「香港」は終わった

  • 8

    日韓対立の影響は?韓国経済に打撃大きく、日本経済…

  • 9

    未成年性的虐待の被告の大富豪が拘置所で怪死、米メ…

  • 10

    韓国人はなぜデモがそんなに好きなのか

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    日本の重要性を見失った韓国

  • 3

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 4

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 5

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

  • 6

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

  • 7

    「韓国の反論は誤解だらけ」

  • 8

    デーブ・スペクター「吉本」「日本の芸能事務所」「…

  • 9

    「韓国に致命的な結果もたらす」日韓の安保対立でア…

  • 10

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月