最新記事

医療

金ががん治療に有効? キモセラピーの副作用低減か

2017年8月22日(火)19時00分
松丸さとみ

Korovin-istock

<英エジンバラ大学の研究チームが行なった実験によると、金の成分が、肺がん治療に使用される薬物の効果を上げ、副作用を低減させる可能性があることが分かった>

薬を活性化する金ナノ粒子

小さな金片が、将来、人の命を救うかもしれない。金の成分が、肺がん治療に使用される薬物の効果を上げ、副作用を低減させる可能性があることが分かったのだ。英紙インディペンデントなどが報じた。

英エジンバラ大学の研究チームが行なった実験で分かったもので、同研究チームのプレスリリースによると、実験で使われたのは金ナノ粒子と呼ばれる極小の成分。実験では、がん細胞に使用された抗がん剤を金ナノ粒子が活性化したことが示された。

また別の実験では、金ナノ粒子を化学装置の中に入れ、ゼブラフィッシュの脳に移植して検証した。この方法の場合、健康的な組織を損傷することなく異常細胞だけをより正確にターゲットにできるため、化学療法(キモセラピー)治療に伴う副作用を低減できることになる、と研究チームは述べているという。ゼブラフィッシュに使えたことから、この方法が生物にも使用できる可能性があるため、将来的には人間に適用できるだろうと研究チームは期待している。

キモセラピーの副作用低減か

実験を行なったエジンバラ大学のアシエル・ウンシティ=ブロセタ博士は、「我々は、これまで知られていなかった金の特性を発見した。今回の研究結果で、金を使えば、腫瘍内に非常に安全に薬物を放出できる可能性があることが示唆された」と話した。

さらに、「患者に使えるようになるまでにはまだまだやるべきことはあるが、今回の研究はその一歩。将来的には、似たような装置を人間に移植し、腫瘍内で化学療法(キモセラピー)を直接作用させ、健康的な臓器に有害な副作用が起こるのを減らすことができるようになるかもしれない、と期待している」と話した。

英国がん研究所で広報を担当するアンニャ・マッカーシー博士は、今回の研究が、がん治療を向上したり副作用を低減させたりする可能性を秘めている、と指摘。特に、脳腫瘍など処置が難しいがんの治療を向上させるのに役立つのではないか、と述べている。

今後は、人間に対して安全に使用できるのか、長期的・短期的な副作用は何か、特定のがんに特に効果を発揮するのか、などを検証していくことになる、と説明している。

【参考記事】欧州初、ドイツで寄生虫の卵のサプリメントが合法的に販売開始か?
【参考記事】「癌は細胞の先祖返り」新説は癌治療の常識を変えるか

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガリニューアル!
 ご登録(無料)はこちらから=>>

ニュース速報

ビジネス

IR法案が衆院通過、延長国会で成立へ

ビジネス

ドル109円半ば、米中貿易戦争懸念で円急伸

ワールド

駐豪中国大使、二国間関係の改善へ「冷戦の精神」抑制

ビジネス

米テスラCEO、社員が「妨害工作」と主張 従業員宛

MAGAZINE

特集:米朝会談の勝者

2018-6・26号(6/19発売)

トランプ、金正恩、日本、中国......世紀の対面で得したのは? 会談結果から見えてくる米朝交渉と非核化の行方

人気ランキング

  • 1

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 2

    大阪北部地震、被害状況しだいに判明 企業活動にも影響が

  • 3

    頭は鳥、体は魚!? 釣り針にかかった奇妙な生き物の正体は...

  • 4

    生まれつき膣のない女性に魚の皮で「新しい膣」 人…

  • 5

    女児型セックスロボットは社会の敵

  • 6

    大阪北部で震度6弱、3人死亡 JR・私鉄が運休、工…

  • 7

    イスラエルとイラン、戦争で勝つのはどっちだ

  • 8

    北朝鮮の脅威が去れば、日本の次の「敵国」探しが始…

  • 9

    新しい音楽を楽しめるのは30歳まで?

  • 10

    タツノオトシゴの丸焼きがタイで炎上、一転保護へ

  • 1

    頭は鳥、体は魚!? 釣り針にかかった奇妙な生き物の正体は...

  • 2

    女児型セックスロボットは社会の敵

  • 3

    生まれつき膣のない女性に魚の皮で「新しい膣」 人生初のセックスは「上手くいった」!

  • 4

    大阪北部地震、被害状況しだいに判明 企業活動にも…

  • 5

    北朝鮮の脅威が去れば、日本の次の「敵国」探しが始…

  • 6

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 7

    「魚や貝を通じてプラスチックを食べている」という…

  • 8

    新しい音楽を楽しめるのは30歳まで?

  • 9

    キモかわいい! 「人間」すぎる人面犬にネットが大…

  • 10

    サンスクリット語でマントラを暗唱すると、脳灰白質…

  • 1

    頭は鳥、体は魚!? 釣り針にかかった奇妙な生き物の正体は...

  • 2

    会談中止で言ってることが支離滅裂......金正恩のメンタルは大丈夫か

  • 3

    トランプみごと!──金正恩がんじがらめ、習近平タジタジ

  • 4

    中国激怒──米朝首脳会談中止

  • 5

    北朝鮮から軍将校と住民が「脱北」 19日未明に黄海上…

  • 6

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 7

    生まれつき膣のない女性に魚の皮で「新しい膣」 人…

  • 8

    クルド女性戦闘員「遺体侮辱」映像の衝撃──「殉教者…

  • 9

    女児型セックスロボットは社会の敵

  • 10

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク・デジタル編集部アルバイト募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

SPECIAL ISSUE 丸ごと1冊 プーチン

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年6月
  • 2018年5月
  • 2018年4月
  • 2018年3月
  • 2018年2月
  • 2018年1月