最新記事

キャリア

オーダースーツを作る前に、体臭・口臭をなんとかしてください

2017年7月27日(木)18時38分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

 真におしゃれな人を見たとき、人は「洗練されたおしゃれな人だ」とただ感心するだけです。一方、おしゃれ(笑)な人を見たとき、人は「俺っておしゃれだろ? って思ってんだろうなあ、はは」と半笑いです。「俺っておしゃれだろ?」という意図が透けて見えるのはおしゃれをするにあたって一番してはいけない大失敗であり、モテません。何も考えてないほうがまだマシです。成人式ならそういう突っ張りも「色気づいちゃって、初々しくて可愛いね」と世間は寛容ですが、社会に出てもその調子では「ナルシストで空気が読めず、人の話もろくに聞けないんだろう」と、コミュニケーション能力や、知性すら疑われてしまうのです。

 じゃあどうすればいいのか。簡単です。たいていの男性がビジネスシーンでつけていないアイテムには絶対手を出さないでください。香水以外に、時計と結婚指輪以外のアクセサリーもそうですね。一部の人には残念なお知らせですが、男性のシルバーアクセは女性から陰で半笑いされています。ビジネスファッションは当然ですが、私服のファッションでもモテたいのなら手を出してはいけません。自分の服装や化粧は派手なわりに、男性に対しては保守的なファッションを望む女性は多いですよ。

「モテたいとか、仕事上で評価を得たいとか、初対面の人に感じがいいと思ってもらいたいとか、そういう雑事は心底どうでもよく、ただただ自己満足でシルバーアクセサリーをつけたいのだ!」ならば止めませんが。

 香水をつけないから関係ない、と思っている方も、最近は柔軟剤も香りが過剰なものが多いので気を付けましょう。度を越した香りは、周囲への迷惑のかけ具合において度を越した体臭といい勝負です。「毎日風呂に入り、歯を磨く」ことこそが低コストで時間もかからず健康にもよく、かつ最高のビジネスファッションのにおい対策です。

※第3回:1900円のシャツと8900円のシャツは何が違うのか?


『できる男になりたいなら、鏡を見ることから始めなさい。
 ――会話術を磨く前に知っておきたい、ビジネスマンのスーツ術』
 石徹白未亜 著
CCCメディアハウス

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガリニューアル!
 ご登録(無料)はこちらから=>>

ニュース速報

ビジネス

中国人民銀次期総裁、劉鶴政治局委員が最有力=関係筋

ビジネス

米政権、北朝鮮に大規模な制裁 船舶・海運会社など対

ビジネス

アングル:欧州企業の業績上振れ鮮明、通期2桁増益予

ビジネス

日産とDeNAが実証実験、「技術革新の先」の移動サ

MAGAZINE

特集:韓国人の本音 ピョンチャン五輪と南北融和

2018-2・27号(2/20発売)

平昌五輪での北朝鮮の融和外交が世界を驚かせたが、当の韓国人は南北和解と統一をどう考えている?

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    北朝鮮スケート選手の妨害に、日本人選手「故意ではない」

  • 2

    【動画】ショートプログラム歴代最低の3点!──羽生結弦と真逆の演技はこれだ

  • 3

    思わず二度見してしまう、米スピードスケート代表ユニフォームの秘密

  • 4

    仮想通貨バブルの崩壊で、腐ったリンゴを取り除け

  • 5

    オランダのスケート選手「犬を大切にして」に韓国ネ…

  • 6

    銃乱射を生き残った高校生たちに全米から誹謗中傷な…

  • 7

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 8

    韓国人が「嫌いな国」、中国が日本を抜いて第2位に浮上

  • 9

    仮想通貨クライシス、それでも成長は止まらない

  • 10

    銃乱射の被害者を訪問したトランプ、ご機嫌で大顰蹙…

  • 1

    北朝鮮スケート選手の妨害に、日本人選手「故意ではない」

  • 2

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 3

    【動画】ショートプログラム歴代最低の3点!──羽生結弦と真逆の演技はこれだ

  • 4

    思わず二度見してしまう、米スピードスケート代表ユ…

  • 5

    仮想通貨バブルの崩壊で、腐ったリンゴを取り除け

  • 6

    北朝鮮「スリーパーセル」論争に隠された虚しい現実

  • 7

    ベネズエラ版ビットコイン「ペトロ」は新手の仮想通…

  • 8

    韓国人が「嫌いな国」、中国が日本を抜いて第2位に浮上

  • 9

    オランダのスケート選手「犬を大切にして」に韓国ネ…

  • 10

    食べつくされる「自撮りザル」、肉に飢えた地元民の…

  • 1

    北朝鮮スケート選手の妨害に、日本人選手「故意ではない」

  • 2

    265年に1度? 31日夜、「スーパー・ブルー・ブラッドムーン」が空を彩る

  • 3

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 4

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 5

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 6

    北朝鮮と戦う米軍兵士は地獄を見る

  • 7

    「逆にいやらしい」忖度しすぎなインドネシアの放送…

  • 8

    北朝鮮に帰る美女楽団を待ち伏せしていた「二重脱北…

  • 9

    50歳以上の「節操のないセックス」でHIV感染が拡大

  • 10

    北朝鮮を戦争に駆り立てるトランプに怯え始めたロシア

日本再発見 シーズン2
デジタル/プリントメディア広告セールス部員募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

丸ごと1冊金正恩

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年2月
  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月