最新記事

米大統領

トランプのツイッター、フォロワーの半分は偽物(フェイク)?

2017年6月1日(木)19時09分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

@realDonaldTrumpより

<謎の単語「covfefe」をツイートして世間を騒がせたトランプだが、その3000万フォロワーの約半数が偽アカウント(ボット)ではないかとの指摘が挙がっている>

ドナルド・トランプ米大統領は、世界で最もツイッターをうまく使っている政治指導者だ。この点はトランプ支持者も反対派も意見が一致するだろう。

5月31日未明には、この世に存在しない謎の単語をツイートし、ネットが騒然となった。ツイートの文面は「Despite the constant negative press covfef」(絶え間ない否定的なメディアのcovfefeにもかかわらず)。この「covfefe」は何かの略語なのか、意味のある暗号なのか、それとも単なるタイプミスか――。世界中で憶測やジョーク、辛辣な皮肉が飛び交う羽目になった。

nc170601-1.png

このツイートは既に削除されている。その後トランプは「Who can figure out the true meaning of "covfefe" ??? Enjoy!」(誰がcovfefeの本当の意味を突きとめられるかな。楽しんで!)とツイートした

これだけ話題になる理由の一端は、やはりそのフォロワー数にある。トランプにはプライベートな @realDonaldTrump というアカウントと、米大統領としての @POTUS というアカントがあるが、前者はフォロワー数3106万強、後者は 1821万強と驚異的な数だ(日本時間2017年6月1日15時現在)。

主要メディアを「フェイクニュース」と敵視するトランプにとって、ツイッターは大きな武器となってきた(ニューズウィーク日本版は1月31日号でトランプの「ツイッター政治」を取り上げた特集を組んでいる)。しかし、そのフォロワー数がもしも、フェイク(偽物)で水増しされているとしたら?

脚本家のジョン・ニーブンが30日、トランプのツイッター(@realDonaldTrump)フォロワーが週末の間に突然「300万人」増えており、不自然だと指摘した。フォロワーの一覧を見てみると、確かにツイート数0回で、写真もプロフィールもないアカウントが5月に急増していることがわかる。

急増したのは偽アカウント、生身の人間でない「ボット」ではないか、というわけだ。米ニューズウィークの30日の記事によれば、ツイッターフォロワーの信憑性を調べるTwitter Auditで調査したところ、トランプのフォロワーのうち本物は51%だけだったという(ただし、日本時間6月1日15時に改めて調べると、本物の比率はなぜか62%に上がっていた)。

トランプのフォロワーに偽アカウントが多数含まれているのではないかという指摘は、今回が初めてではない。1月にジャーナリストのヤシャル・アリが調べた際、約2000万(当時)のフォロワーのうち本物は68%だった。

共和党の主要大統領候補に目され始めていた2016年4月、著名なデータサイエンティストのネイト・シルバーはブログFiveThirtyEightで、トランプの約800万(当時)のフォロワーのうち偽アカウントは8%だと書いている。その頃と比べて偽アカウントの比率が格段に高まっているが、実はシルバーの記事の趣旨は「誰もがフェイクのフォロワーを持っているが、トランプが一番多い」というものだった。

さて問題は、なぜトランプのフォロワーにこれほど「フェイク(偽物)」が多いのかということだ。

【参考記事】トランプの「嘘」まとめ(就任式、対日要求ほか)

ニュース速報

ワールド

米最高裁判事の増員検討へ、バイデン氏が大統領令で委

ワールド

中国、アリババに27.5億ドルの罰金 独禁法違反で

ワールド

アングル:女性の経済政策リーダー続々、コロナ禍克服

ビジネス

アングル:メキシコ対ブラジル、投資家振り回した大統

MAGAZINE

特集:岐路のビットコイン

2021年4月13日号(4/ 6発売)

大企業や金融大手が次々と参入を開始。膨らみ続けるバブルははじけるのか、それとも?

人気ランキング

  • 1

    緑豊かな森林が枯死する「ゴーストフォレスト」が米国で広がっている

  • 2

    北米からシカの狂牛病=狂鹿病が、世界に広がる......

  • 3

    洪水でクモ大量出現、世界で最も危険な殺人グモも:シドニー

  • 4

    「よい誤解」だから許される? 日本の「ハーフ観」…

  • 5

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座…

  • 6

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

  • 7

    あなたが仕事を始めないのは「やる気が出るのを待って…

  • 8

    「日本のお金で人殺しをさせないで!」ミャンマー国…

  • 9

    今年のアカデミー賞候補はハズレなし! 一方で過去…

  • 10

    障がいを持ち、産みの親に捨てられた少女を偉大なア…

  • 1

    太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測される

  • 2

    観測されない「何か」が、太陽系に最も近いヒアデス星団を破壊した

  • 3

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座も危うい

  • 4

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

  • 5

    アマゾンに慣れきった私たちに、スエズ運河の座礁事…

  • 6

    マスクなしでスーパーを埋め尽くす「買い物テロ」に…

  • 7

    北米からシカの狂牛病=狂鹿病が、世界に広がる......

  • 8

    緑豊かな森林が枯死する「ゴーストフォレスト」が米…

  • 9

    洪水でクモ大量出現、世界で最も危険な殺人グモも:…

  • 10

    こんなに動いていた! 10億年のプレートの移動が40秒…

  • 1

    太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測される

  • 2

    誤って1日に2度ワクチンを打たれた男性が危篤状態に

  • 3

    観測されない「何か」が、太陽系に最も近いヒアデス星団を破壊した

  • 4

    国際宇宙ステーションで新種の微生物が発見される

  • 5

    「夜中に甘いものが食べたい!」 欲望に駆られたとき…

  • 6

    30代男性が急速に「オジサン化」するのはなぜ? やり…

  • 7

    親指の爪ほどの貝がインフラを破壊する 侵略的外来…

  • 8

    EVはもうすぐ時代遅れに? 「エンジンのまま完全カー…

  • 9

    孤独を好み、孤独に強い......日本人は「孤独耐性」…

  • 10

    ブッダの言葉に学ぶ「攻撃的にディスってくる相手」…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月