最新記事

米大統領

トランプのツイッター、フォロワーの半分は偽物(フェイク)?

2017年6月1日(木)19時09分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

@realDonaldTrumpより

<謎の単語「covfefe」をツイートして世間を騒がせたトランプだが、その3000万フォロワーの約半数が偽アカウント(ボット)ではないかとの指摘が挙がっている>

ドナルド・トランプ米大統領は、世界で最もツイッターをうまく使っている政治指導者だ。この点はトランプ支持者も反対派も意見が一致するだろう。

5月31日未明には、この世に存在しない謎の単語をツイートし、ネットが騒然となった。ツイートの文面は「Despite the constant negative press covfef」(絶え間ない否定的なメディアのcovfefeにもかかわらず)。この「covfefe」は何かの略語なのか、意味のある暗号なのか、それとも単なるタイプミスか――。世界中で憶測やジョーク、辛辣な皮肉が飛び交う羽目になった。

nc170601-1.png

このツイートは既に削除されている。その後トランプは「Who can figure out the true meaning of "covfefe" ??? Enjoy!」(誰がcovfefeの本当の意味を突きとめられるかな。楽しんで!)とツイートした

これだけ話題になる理由の一端は、やはりそのフォロワー数にある。トランプにはプライベートな @realDonaldTrump というアカウントと、米大統領としての @POTUS というアカントがあるが、前者はフォロワー数3106万強、後者は 1821万強と驚異的な数だ(日本時間2017年6月1日15時現在)。

主要メディアを「フェイクニュース」と敵視するトランプにとって、ツイッターは大きな武器となってきた(ニューズウィーク日本版は1月31日号でトランプの「ツイッター政治」を取り上げた特集を組んでいる)。しかし、そのフォロワー数がもしも、フェイク(偽物)で水増しされているとしたら?

脚本家のジョン・ニーブンが30日、トランプのツイッター(@realDonaldTrump)フォロワーが週末の間に突然「300万人」増えており、不自然だと指摘した。フォロワーの一覧を見てみると、確かにツイート数0回で、写真もプロフィールもないアカウントが5月に急増していることがわかる。

急増したのは偽アカウント、生身の人間でない「ボット」ではないか、というわけだ。米ニューズウィークの30日の記事によれば、ツイッターフォロワーの信憑性を調べるTwitter Auditで調査したところ、トランプのフォロワーのうち本物は51%だけだったという(ただし、日本時間6月1日15時に改めて調べると、本物の比率はなぜか62%に上がっていた)。

トランプのフォロワーに偽アカウントが多数含まれているのではないかという指摘は、今回が初めてではない。1月にジャーナリストのヤシャル・アリが調べた際、約2000万(当時)のフォロワーのうち本物は68%だった。

共和党の主要大統領候補に目され始めていた2016年4月、著名なデータサイエンティストのネイト・シルバーはブログFiveThirtyEightで、トランプの約800万(当時)のフォロワーのうち偽アカウントは8%だと書いている。その頃と比べて偽アカウントの比率が格段に高まっているが、実はシルバーの記事の趣旨は「誰もがフェイクのフォロワーを持っているが、トランプが一番多い」というものだった。

さて問題は、なぜトランプのフォロワーにこれほど「フェイク(偽物)」が多いのかということだ。

【参考記事】トランプの「嘘」まとめ(就任式、対日要求ほか)

ニュース速報

ワールド

離脱協定は95%完了、EUの「安全策」には反対=メ

ワールド

イタリア、ユーロ圏加盟維持にコミット=副首相

ビジネス

正午のドルは112円後半、アジア株高を好感

ワールド

メルケル独首相、ディーゼル車走行禁止回避に向けた法

MAGAZINE

特集:日本人がまだ知らないウイグル弾圧

2018-10・23号(10/16発売)

中国共産党によって続くウイグル人の苛酷な強制収容── 世界はこの人権侵害からいつまで目を背けるのか

人気ランキング

  • 1

    子どもの時に、自宅に紙の本が何冊あったかが一生を左右する:大規模調査

  • 2

    ドイツで潰えたグリーン電力の夢

  • 3

    ムスリム世界が「同胞」ウイグルの悲劇を無視する訳

  • 4

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 5

    トランプ貿易戦争の皮肉 ブラジル農家に豊かにし米…

  • 6

    真っ裸の水遊びに学校公認の火遊び......アメリカ人…

  • 7

    中国で2020年までに「人工の月」を打ち上げる計画が…

  • 8

    新世代の独裁者が跋扈する「アラブの冬」がやって来た

  • 9

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 10

    故ホーキング博士、遺伝子操作による「超人間」の誕…

  • 1

    子どもの時に、自宅に紙の本が何冊あったかが一生を左右する:大規模調査

  • 2

    「ありえないほどかわいい」羊に世界中から引き合い殺到

  • 3

    ムスリム世界が「同胞」ウイグルの悲劇を無視する訳

  • 4

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 5

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 6

    ノーベル平和賞のヤジディ教徒の女性が、ISISの「性…

  • 7

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度…

  • 8

    金利上昇で住宅ローンが危ない! 収支ギリギリの人…

  • 9

    心肺停止後、5分は意識がある!? 最新の脳神経学で…

  • 10

    この虫を見たら要注意!大量発生で農作物や木を枯ら…

  • 1

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

  • 2

    「まぶた失い眠れない」 イギリスで急増する硫酸襲撃の恐怖

  • 3

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 4

    子どもの時に、自宅に紙の本が何冊あったかが一生を…

  • 5

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 6

    ペンギンの同性カップル、両親からひなを誘拐

  • 7

    SNSのイタイ「セクシー自撮り」に隠された本音 他に…

  • 8

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度…

  • 9

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 10

    発見した研究者が我を忘れるほど美しい、新種の魚「…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
「♯レゴのすべて」投稿キャンペーン
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月
  • 2018年6月
  • 2018年5月